Aggressive Style 5

Aggressive Style 5

昨今はコミケ関係を中心に書いています。同人やニコニコ動画方面で活躍される方の相互リンクをお待ちしています。

スクフェス 第29回スコアマッチ 無課金で累計ポイント46,000ptを稼ぐまで【ラブライブ!】

f:id:RyuichiXP:20170115135806j:plain

今日はラブライブ!スクールアイドルフェスティバルスクフェス)第29回スコアマッチを、無課金にて累計46,000ptを稼ぎ、堕天するまでのデータを書いた。

お小遣いが足りなくてカードが買えない人、デレステ疲れでスクフェスやってる人など、他のゲームをやってる人の参考になれば幸いだ。

総合成績

概要

累計pt順位 84,370位
累計ポイント数[pt] 46,287pt
プレイ曲数[曲] 213曲
1曲あたり稼いだpt[pt] 217[pt/曲]
推定所要時間[時間] 10.65[時間]

各日のプレイ状況

上記は1曲3分*1と考えたときの所要時間を記した。欲しいカードを手にするのは、この10.65時間を会期の11日中どう割り振って行くかがポイントとなる。

塾や部活動で忙しく、又は仕事が忙しくてまとまった時間が取れない場合は休日にまとめてやる事をおすすめしたい。

今期は成人式の3日間、そして今週2日間と計5日間休みがあった。以下のグラフを見ての通り、週休2日のうちの1日犠牲にすれば問題ない

尚、3[分/曲] × 62[曲/日] = 186[分/日]と最大で1日3時間ゲームに張り付けば良い。普通のゲームを朝から晩までやる人間からすれば標準的な時間と言えよう。



LP消費状況

消費LP

まずは消費LPについて見て行こう。ゲームオーバーするとポイントが貰えないので、ゲームオーバーしない難易度まで落とし回数をこなすことで攻略。HARDに偏ったのはこの為だ。又LPが68であるため、68÷15=4あまり8となり、残りの8についてはNORMALで消費。このため回数が19回に及んだ。

名目 曲数[曲] 消費LP[LP/曲] 累計消費LP[LP]
難易度NORMAL 19 10 190
難易度HARD 194 15 2,910
213 3,100

回復LP

次に回復LPについて見て行こう。自然回復とは6分に1LP回復する事象を指す。まず理論上回復し得る最大のLPを計算していく。

(式1)
1日に回復する最大LP[LP/日] =24[時間/日] × 60[分/時間] ÷ 1LP回復するのにかかる時間[分/LP]
= 240[LP/日]

この計算法はゲームを1プレイすることにポイント消費するような全てのゲームに当てはまるので、是非覚えて帰って欲しい。

今度は1日に最低でどれくらいプレイすれば良いかを考えて行く。まず今回の稼働率 ≡ 145.8[LP/日] ÷ 240[LP/日] × 100 = 60.75(%)とかなりゲームに張り付いている様子が伺える。

自分はこの稼働率を上げるために、朝と夜の電車の空き時間をフル稼働していた。確かにこの稼働率だと145.8[LP/日] ÷ 15[LP/曲] = 9.72[曲/日]と言う計算となるため、肌感覚と合う。

但し状況に応じて稼働率が変わるので、次回は稼働率50%で見立てを取りたい。

名目 1回の回復[LP/回] 回復回数[回] 累計回復LP[LP]
自然回復分 145.8 11 1,604
レベルアップ回復分 68 8 544
ラブカストーン回復分 68 14 952
3,100

ラブカストーン消費状況

上記のポイントの内訳を見ても分かる通り、自然回復分では全体の51.7(%) = 1,604 ÷ 3,100 × 100 であり、どうしてもラブカストーンは必須となる。

そこで今度はラブカストーン消費状況について見て行く。今回お正月ボーナスによりラブカストーンが7個もらえたため、普段より多く貰えたように思う。

名目 増減
開始当初の個数 +6個
ログインボーナス +7個
ファーストライブボーナス +10個
その他 +4個
使用個数 -14個
残数 +13個

このような記録から無課金でこのスコアに達するには、少なくとも10個、多くとも15個は余裕を持っておかねばならない事が分かった。これは最大で約2週間ガチャを引いては行けない計算となる。

参考にしたサイト

最後に本記事を書く上で参考にしたサイトを紹介したい。下記サイトを見て何をかけば良いか整理した結果、このような構成となった。

下記サイトでは不足しがちな、実際のプレイデータに近い情報を詰め込んでみた。ある一人のデータになるが是非参考にして欲しい。本記事作成の上でExcelを多用した。やってみたいと言う方は是非使って欲しい。

*1:iPhoneのストップウオッチで所要時間を計算