Aggressive Style

不定期更新となりますがよろしくお願いいたします。

株式会社フロムスクラッチ炎上騒動に乗っかって、面接で悪口言われた事を書く

f:id:RyuichiXP:20190608020645j:plain

おぎやはぎを起用した、マーケティングレポートツール(MA)「b->dash」のCMでおなじみ株式会社フールスクラッチ(foolscratch)。おっと失礼。株式会社フロムスクラッチ(fromscratch)。

そんなフロムスクラッチが、元従業員の関口氏が残業代未払があった事をブログにて告発。2019年5月26日から2019年5月27日において、ネットユーザーによる大炎上が行われた。

第一章:株式会社フロムスクラッチに対する恨み節

はじめに

やはりgoogle検索などでここにこられた方は、フロムスクラッチってどんな会社なの?と気になっているのだと思う。最初のコーナーは、そんな皆さんのためになればと新情報。もとい俺の恨み節について話す。遅れに遅れ、なんか一押しできればと思い文章を書いた。

尚、俺や面接官にイラついて、ディスプレイやキーボードを叩いたり、携帯電話やマウスを投げないように気をつけてほしい。本記事を読むことに付随して起こった資産の損壊について、私(RyuichiXP)は一切の責任を負いかねるのでご了承願う。

いよいよ迎えた面接当日

俺が就職を受けた年は、丁度リーマンショックの年であった。あまり面接の戦略を練っていないせいもあり、就職浪人になり、数ヶ月の短い期間何社も転々とする。

そしていよいよ迎えたフロムスクラッチの面接の日。新宿の住友不動産ビルに到着。新宿と言えば、東京の中でも公示地価価格が高い。新宿3丁目に至っては、約1,487万円/m^2と天文学的な数字だ。

こんなところのビルを借りれる、さぞかし立派な会社なのだろう。そう思い綺麗なエレベーターを使って面接会場へ到着。

歩いていると、偉そうな先輩が偉そうに上から見下ろす態度。そして横には、気の弱い今にも死にそうな新入社員風の男。ぱっと見るに、あんま新人をいびってやるなよ。長く会社にいるからってなんとも偉そうなやつだ。

面接官Tにボコボコにされ、重傷を負う

しばらくすると面接官Tが現れ、面接会場まで通される。最初は事前に行われた電話面談の話などまあまあ普通に進んだ。

毎度お馴染み経歴の説明。その中で退職理由を突っ込まれるのはすっかりお馴染みだ。要は「こいつ辞めねえかな」と探りを入れてくるわけである。元々大手企業や有名処に行けなくて仕方なく面接。それが態度に出まくるのはよくあること。しかしこの日は、それにしても随分ボコボコにされたものだ。

  • 俺:◯◯社に勤めてました
  • T:辞めた理由は...
  • 俺:いやー契約が切れたんで...

しかし退職理由って大体いい理由が無いよな...言えば言うほど自分が不利になる。早くおわんねーかなと適当に答えていた。面接官Tも俺が適当に答えるのにイライラ気味なのか、

  • T : まあ、答えたく無いならいいけど...
  • T:今の時代、一社に一生いる時代じゃないけど...少なくとも3年...
  • T:自分も会社をやっていたけど、技術を奪って会社を辞められると経営者としては、せっかくお金かけて育てたのに...
  • T:OSSのコミット歴とか何かないの?Go言語とか...

心の中でTに喧嘩を売り始める

その後、暫く俺が履歴書に書いた会社数分だけ、めんどくさそうな態度で「辞めた理由は?」からの文句の連続だ。ついに持ち駒が切れ、俺はすっかり背水の陣に追い込まれる。

しかし、今度は手のひらを返すように少し柔らかい声で、

  • T: 今の会社を辞めようとした理由はなんだ?
  • T:これは面接でないから、なんでもいい。給料か?人間関係か?
  • 俺: いや、月手取り20万円欲しいと思って転職を...
  • T: それだったら今の会社と交渉して...

やべ、口車に乗せられて本音言っちまった。一瞬目の前が真っ暗になったのと、それにしてもしてやったりの表情の面接官T

  • T : なんでこの会社に入ろうとしたの?
  • 俺 : SalesforceのようなBIツールに興味があり、それに近い仕事が出来ればと思い...
  • T : それだとSalesforce一社だけじゃないですか?他にないのか?
  • T : ほかにどんな会社あるんだ? (どんな会社を受けるんだ?)

(オタクの会社はSalesforceに切れろと言う、社員教育でも行っているのか。てめーの会社が一番に思われないからって、腐った女みたいな態度を取るな!)

Salesforceの名前を引き合いに、「クソな面接官Tと戦って勝ってやったんだぜ」と武勇伝で片づけたい。しかし実際Salesforceを盾にしなければ、かなりヤバい状況だった。

  • T : あ?お前、この会社に面接があるから来ただけだろ?
  • 俺 : ええ。そうですよ。(ふて腐った感じに言う)
  • T : 日本には66,000ものの会社がある。
  • 俺 : 御社はその66,000社をターゲットにし得るパワーを有していると?

そしていよいよ迎えて質問タイム。相手を攻撃する質問が瞬時に組めなくて困った。

少し綺麗に脚色すると、自信満々なお前らは全ての会社の全ての事業に対し、的確な予算計画組めるの?と言う攻撃らしき質問をした。すると、「フォームの問題でしょ?」と返される。

(お前らは日本企業全てをターゲットにし得るすごい奴らなんだろ?ま、お前ら如きには無理だろう)

Tとの口喧嘩に負けたので、腹いせにメールを送りつける

そして面接が終わった。なんか疲れたので新宿御苑でグーグー寝たが、暫くしてどうも頭に血がのぼる。新宿駅の工事中の壁を20発、帰り際の秋葉原の壁を20発殴る。

そして向かったのはスターバックスアトレ秋葉原店。いつもなら意気揚々とMacBook airを広げるのだが、この日は、口喧嘩に負けた腹いせのメールを必死に考えていた。

  • どうせ落とされるんだから、こっちから落とされてやる。
  • 月曜日にTがこれを見て携帯やPCを壊してやりたくなるように、推敲に推敲を重ねろ。
  • おい。面接の知らせを送って来たメールの女。絶対にTに見せろよ!見せねーとはっ倒しにいくからな!!!

怒りの結果、以下の文がうまれた。

(原文を一部脚色の上再現)
株式会社フールスクラッチ T様
おはようございます。

先日の面接ですが、私などでは務まらないと思い辞退させていただきます。最後にひとつ言わせていただきます。

確かに私は退職回数や人間性に問題も多く、辞めることで採用コストの回収のしにくい人材だと思います。なので、採用するに足りないことは重々承知です。

しかしながら退職理由を聞くときの「(何社も何社も)渡り鳥みたいに...」には本当に頭きましたね。人を動物扱いかと思うとともに、どう答えても俺の批判を言ってきただろと。

後、過去に会社をやっていたそうで。あなた自体、会社潰した負け犬として今の会社に居るだけの存在なのに、ずいぶん尊大な態度ですね。

ま、自分も新卒採用時に大手企業への就職に失敗し、しぶしぶ御社を受けている負け犬風情なので人のことは言えませんが。

人を見下すことしかできない、こんな低レベルで腹立たしいだけの会社など、俺の人生の通過点にすらならないので切らせていただきます。

以上、面接辞退の件、宜しくお願い致します。

第二章

第一章の総評

ここからは第一章の総評を書きたい。第1章をあとから見返すと、Twitter等で近いことを言われたという報告例が多い。どうりで、ボブサップをバカにするCMになるわけだな。

え?こんなカスな経営者の下で働いてるの?

以下の話の要点は「こんな会社に入社するな」という内容だ。以下財務面で調べた事を話す。

貸借対照表がボロボロ(利益剰余金:△17億円)だな。そもそも当期純損失を計上しているのに、流動資産の値が2倍以上に増えているのがおかしい。


[計算に使用したシート]
原典:株式会社フロムスクラッチの資本政策_20180831更新:noteより

これは(仕訳1)のように売上から収入を得ているというか、(仕訳2)のように株式を譲渡して現金預金を得ている。尚b->Dash自体はサブスクリプションモデルのはずで、収益の見越/繰延は発生するものの売掛金が増える事は少ないはずだ。

仕訳1

現金預金(B/S流動資産)x売上(P/L)x

仕訳2

現金預金(B/S 流動資産)x資本金(B/S 純資産)y
- -資本準備金(B/S 純資産)z

え?こんな2期連続で赤字垂れ流すだけの会社に客がついたり、入社したりする奴がいるんですか?広告費の削減とP/Lに関する仕事しているのに、二期連続で当期純損失(赤字)って、ジャパンディスプレイじゃあるまいし。まともなコンサルが居ないのかこの会社は。

経理のおばちゃんのが、よっぽどまともだよな。みなさんも、こんなカスな経営者の下で働く事の無きよう気を付けたい。

後官報や上場のマザーズ上場の際、きちんと株主資本変動計算書(S/S)の提出を義務付けた方がいいと思う。

フールスクラッチ被害者は俺だけではなかったようだ

製品導入の企業さんも大変だ。

37非決定性名無しさん2019/06/02(日) 13:27:53.28
https://twitter.com/kaba013/status/1132990972759924736
フロムスクラッチの件、闇が深いなぁ。本日、上司からMA導入はどこからしようかな?と尋ねられたので「とりあえずフロムスクラッチ以外で整理します」と回答しておいた。

それがいいですよ!フロムスクラッチのカスタマーサポートが全くサポートしてくれませんから!
backlogに書いてくれたら対応するとか言ってたのに、ずっと無視されますし、メール送っても返ってこないし、返ってきても数日後の夜中3時とかなので。

現場の声、ありがとうございます。
オラクルかシャノンかに発注しようかと存じます。

フールスクラッチ、もとい口だけベンチャーに間違って入社しないようお互い気を付けたい。逆に多少のブラックを飲んで早い期間で管理職に就いて...と言う場合はベンチャーもありだが、余程の決意と覚悟が無ければお勧めしない。それはこの話自体大穴狙いだからであって、一時の判断で入社してしまわないよう注意だ。

33非決定性名無しさん2019/05/26(日) 21:29:11.47
新卒で入った人達は、なまじ素晴らしい企業から内定を蹴って入社を決めてしまっており、後々、後悔しても「この選択肢を正解にするしかないんだという精神で入社してからも悲壮な顔つきで過ごす方も見受けられます。

そんな時ら立ち止まって、ゼロベースで本当にプラスになる選択は何か良く考えて欲しい。過去の選択のサンクコストにとられて意固地になっている場合じゃない。
上司が退職の引き止めをしてくる動機は、もう中途採用市場では悪名が知れ渡っておりリソース追加が無理だから、そして人員計画どうするんだと社長に詰められるのが怖いからです。
偉い人達も、毎週の役員会議をどうやって怒られずにやり過ごせるか、が関心なのです。


面接での注意点

面接に受かりたいがためについ面接官にいい顔をしてしまうものだ。しかし今回のケースのように、こちらが下手に出るのをいいことに、付け入られる危険があるので気を付けたい。

この面接での反省点は、当落に関係なく()で書いた所をもっと面接官に言ってやればよかったねと言うこと。警察沙汰を防ぐためにも、時としてムカつく面接官にキレる事も必要である。

又、実践の場で批判や口喧嘩の一つもできるようにしておくと、度胸がついたり、色々言える幅も増える事だろう。悪い点というのは見つけやすいため、最初は批判から慣らしていくのもいいだろう。そこから煽て文句なりなんなりを思いつけばよいし、どんな面接の名文句を思いつこうと、実際に言う度胸が無いと意味はないので気を付けたい。