Aggressive Style

2018年8月31日を持ちまして、一旦更新を控えて行こうと思います。今まで通り書きたいことを書いていきますのでよろしくお願いいたします。

風俗体験北海道編 通算14都道府県目 本編:触り心地よく、細かい気遣いの嬉しいXちゃん(祝!すすきの ソープランド ラ▲▲▲▲)

第1章:成田空港にて飛行機に乗り込む

いよいよ旅行の幕が切って落とされた。というより念願のすすきのに向かうことが出来て楽しい気持ちだ。Jetstarにて荷物検査を行い、無事に飛行機に乗り込む。

f:id:RyuichiXP:20180325075914j:plain

初めて飛行機に乗ったが、何とも不安定な乗りもんだ。TDLのスペースサンダーマウンテンみたいな離発着をする。風に何度も煽られ姿勢を崩す上、椅子の幅も狭いと来たもんだ。そして狭いスペースにものすごい人、人、人。どうも「安いんだから我慢しろ!」というのがLCCの基本姿勢らしい。

機体もまるで100万クラスの日本車なみにきゃしゃだ。Mercedes Benzのような配慮が感じられない。どうやら安い飛行機の機体らしい。会社からすりゃあ機体1年あたりの減価償却費を安く抑えることが出来き、当期純利益を高く持って行くことができる。

今回はフライト時間が1.5時間だからこれで良いが、こりゃあ台湾やマカオの3〜4時間前以上の場合、ビジネスクラスにした方が良いかもわからない。椅子にマッサージ機能があればもっといいんだけど・・・

第2章:新千歳空港(CTS)→小樽駅

そんなこんなで新千歳空港(CTS)に到着。すすきのまで時間が余流ので、どっか寄り道をしようと向かったのが小樽駅。長い長い海に見とれて進む。それにしても日本というのはこんなに狭い道があるのかというくらい狭いところに、住宅がぽつりぽつりと建っている。そんなこんなで約1時間30分、いよいよ小樽駅に到着する。

f:id:RyuichiXP:20180325082100j:plain

小樽の花街の写真を撮りまくる

駅前のロッカーに荷物を預け、早速小樽の花街に向かってみる。まずは入口というべき新地の写真を撮る。

f:id:RyuichiXP:20180325082632j:plain

何年振りの花街の写真になるものの、残雪余る季節に来たのが幸いし、北国に来た感じの絵になってよかった。

f:id:RyuichiXP:20180325082727j:plain

不景気なのかそれにしても空き家や貸し家が目立つ。電車に乗りながらクラウン、Mercedes Benz、Audi見ねえなと思っていたが、やっぱお金が回ってないのかな?を感じさせる。つくづく、観光にはいい場所だが住むには大変そうな場所である事を知る。

小樽の漁業区に移動する

漁業区

花街の撮影が終わったので、次は漁業区域に到着。千葉県の銚子、静岡県の沼津・下田のようにこういう漁業区域は魚が美味いという経験則を下に、昼飯に鮭のハラスのちゃんちゃん焼きを食う。これがまた本州より脂が乗っていて2割増しでうまい。

f:id:RyuichiXP:20180325083922j:plain

小樽運河

そしてお馴染みの小樽運河の写真を1枚。ふむ。「すすきのに行く為の旅行」を誤魔化すアリバイ作りのため、敢えて綺麗に写真を撮っておこう。そんなわけで、一脚を立て、アリバイ用の写真を完成させる。

恐らくパンフなどに乗っかてる写真の逆向きになっているが、これは敢えて人が映らない場所(橋)から撮っている為、雰囲気が違うことをご了承願いたい。

f:id:RyuichiXP:20180325084706j:plain

小樽の魚市場

業業区域とくればやっぱり魚市場もある。小樽の魚市場の特徴的なのは、緑の雑居ビルの1Fが魚市場になっていて、2Fからが住居となっている点だ。まさに六本木ヒルズ渋谷ヒカリエのように低層階が商業地域になっている点が目に止まった。ある意味時代の先を行っているのと、雰囲気のある魚市場だったので写真を一枚撮る。

f:id:RyuichiXP:20180325085724j:plain

第3章:話変わって札幌→すすきのまで

札幌駅に止まるJR北海道733系電車

そして札幌駅へ到着。JR北海道733系電車*1が2台止まる光景を撮影する。言われてみればこの方初めてのJR北海道JR東日本JR東海JR北海道とまだまだ旧国鉄のコンプリートには遠いものの、これで1個トロフィーを受賞した気持ちである。

f:id:RyuichiXP:20180325091640j:plain

疲れて来たので駅ナカスターバックスにて時間を潰し、すすきの駅までの身支度を始める。次は地下鉄南北線に乗り込み、すすきのまで移動する。次来た時に復習をすると、まず新千歳空港から札幌駅まで移動して、南北線に乗り込むと覚えておきたい。

f:id:RyuichiXP:20180325093124j:plain

最終章:すすきの到着!

さて現地に着いた時間は夕方であるが、写真は夜のものであることにご了承頂きたい。そんな訳でいよいよすすきのに到着。若いお兄ちゃんやお姉さん軍団が、週末って感じでめっちゃはっちゃけてるのがビックリだ。まるで「Week End. Week End.Week End I’m a my wits end」な連中が街に溢れる。

f:id:RyuichiXP:20180325094343j:plain

すすきのの面白いところは、普通の雑居ビルにソープランドやら飲み屋が点在することだ。これがまた独特すぎて面白い光景となっている。

そしていよいよ目的地の雑居ビルの前に行く訳なのだけど、客引きに違う店に誘導されてしまいそうになりあせる。

「あれ?前のお客さんが原因で出勤停止?ってこの子まだ出勤してなくね?」と気になって、お店の方に連絡。それ、客引きだよ。ビルの中までは入ってこないよと教えられ、舵を元に切り直す。最悪持ち金が消えてなくなる危険性もあるので警戒し、ビルの中に入り込む。

f:id:RyuichiXP:20180325094658j:plain

いよいよプレイ

まあ、途中から打ち筋を変えると大体失敗するため、予定通りの行動を決め込む。そんなこんなで待合室に通され、80分24,500円を支払いしばらく待つ。そしていよいよXちゃん本人登場し、プレイルームへ。雑居ビルを改築した割には随分広いプレイルームである。

まずは軽く話をする。適当な身の上話をすると、どうもすすきのは物価が安いから、給与も安い*2*3との事で、普通の仕事だと生活で一杯一杯らしい。こういう商売じゃないと稼げないんだよな〜。と言う話をきき、MercedesやAudiがあんま走っていない理由がこの一言に集約されているような気がした。やっぱみんな大変なんだな〜と思い、いよいよお風呂へ向かう。

成田空港で一泊したため風呂に入れなくて、汗だくだったのでこれがまたさっぱりして気持ち良い。「温泉代浮いたかも〜」なんて話をする。Xちゃんはネットゲームが好きなようで、某韓国発のリ▲ージュをやる模様。待機中にセットアップを行っておくとの事だ。「待機中やることない人は辛いよね」という話で進む。

「自分の世界に入れる」ってこの子かなり廃人だな〜と思いつつ、ゲーム機買うのとソフトに6,000円出すなら、課金かなあ?という話を聞き、時代の流れを感じさせた。huluやNetflix会員との事で、こう言うネットサービスは場所を選ばずだ。ガキ使も昔のきつめなのあるしね〜とBPO計り知れずである。

CHROME HEARTSのような刺青も健在で、「よくロック好きなの?」と聞かれるとか。

そんなこんなで早速気遣い溢れる”仕事"の時間。いつも通り下を舐めさせてもらう所は同じものの、いよいよ俺の火山の噴火する時期が到来。

途中までフェラしてもらい、いよいよ騎乗位が始まる。途中疲れて来たので正常位→バックと全て一周するも、どうも今日はあんま冴えない。色々原因を探ると小樽で日本酒煽ってて、「酒飲んで感覚鈍ってるんじゃ?」「あ!そうか」と原因を当ててもらう。

まあそんなこんなでこの日は手で終了。なんというか1日に数km歩いて疲れたのと、小樽から札幌に向かう電車でも寝てたし、今日はこれでいいや!って感じになり会話タイムへ。女の子も気を遣うと言うか切り替えるの大変なんだよなあ。と言う感じで。

お互いゆっくりするぞ〜って流れになったようで、まあいいかな感じで時間が進む。以後、ソープランド全国ネットワーク的な話になり、大宮のソープランドで火災があった話をして「建て替えられないから、潰されてもねえ」という流れになる。「客引きに引っかかりそうで」「いつもいるよね。連れて行くとできはするけどおばちゃんが出てきたとか」「こう言う店って大体ネットに載ってないよな」「ぼったくりに近くて怖いですね〜」と、昨今のインターネットに依る防御力は計り知れず

ちなみにここのお店は各ブースに有線とテレビ完備。有線はR&Bで、日本語の歌だと会話とダブるし、突然しんみりした曲を流されても」「確かにEDM流されてもどっち?ってなるだろうし(笑)」

女の子に配慮したもので、きちんと配慮してくれる点がここお気に入りとか。「吉原とかジュースとか自腹らしいじゃない?」「マジですか!?」とビックリ仰天。「後NS店多いしねえ。外国人もOKって言うし」と言う話の流れになる。

と、話す事数十分。Xちゃんがノリよく話してくれるのが大変嬉しく、いよいよお別れの時間に。amazonカードを手渡す。「ゆっくりさせてもらっちゃって・・・」「いえいえここに来るのが目的でしたから」「お仕事頑張って!」的な話をしつつ、おXちゃんと別れる事に。そんなこんなで俺はすすきのの夜の街に消えた。

後書き

ご挨拶

ついに念願のすすきのに来る事が出来ました。数ヶ月ぶりの風俗体験記事になるため、書き方を忘れました。疲れていて歩く気しないので、すすきのカプセルホテルの天然温泉スパ・サブロの朝風呂後にてこれを書いています。いやあ、書き忘れるのは防ぎたい。

夜の街が大好きな方は是非一度すすきのに足を運んでみて下さい。きっといつもでは出来ない体験が出来る事間違いなしです!

最後にXちゃんを始めとし、すすきのに心より感謝し、本記事を〆させて頂きます。

総費用

最後に総費用の話をします。飛行機代含め8万円かかってしまいましたが、多分飲み屋はしごしたら1泊2日、12万円〜15万円位はかかるんじゃないでしょうか?ポールダンスのお店とかあって、女の子も綺麗なんですが如何せん費用や準備が...と思ったので、いきなりリベンジを決め込みました(笑)

メシ代はA5ランクの牛肉を食らっちまったからこの価格帯に。北海道産かは定かではないですが、今日の朝飯要らずです(笑)。海鮮料理で上手いのを食おうとすると、1泊2日で2万円はあったほうが良いんじゃないかな?とやってみて思います。多分現金、現金、現金なので旅行の積立計画が重要な気がします。

勘定科目 費用
飛行機チケット 24,920
Suica 7,690
宿泊費 4,500
必要経費合計 37,110
女遊び 24,500
外食費 12,846
nanaco 3,498
スタバ 600
買い物 6,648
遊び代合計 48,192
総合計 85,202

*1:https://ja.wikipedia.org/wiki/JR北海道721系電車

*2:通例:人口や商品の売上個数が同じ場合を仮定したとき、物価[商品の単価]が安い = 商店の売上が落ちる = 人件費[費用]に回せなくなり、結果的に従業員の給与が落ちることにつながる[デフレーション]。すすきのの夜のお店も、都内と同じ価格設定にしている点は、女の子確保の意味でもいい戦略のように思う。

*3:ROLEXのDAYTONAが1個しか置かれてない質屋があって、スゲー焦ったのはここだけの話