Aggressive Style

不定期更新となりますがよろしくお願いいたします。

Canon(キヤノン)の単焦点レンズ「EF20mm F2.8 USM」を購入。思った以上に被写体に寄れ、大変満足なレビューをしてみた!

とあるコスプレ系カメラ小僧の苦悩

コミケの撮影に行って来た。今までEF35mm F2と EOS Mでコスプレを撮って来た。今回は大変皆さん?からの評判も良く、もっと皆さんに喜ばれたい!もっと褒められたい一心な自分。

お悩み

しかし女の子とどう距離をとるか?と言うのが毎回の悩みであった。どうにもこうにも女の子の手元足元がぶった切れる。ここで出来上がりは同じでも、より無難にこなせるようになる道具があればと思い、探す事にした。

距離の取り方がどう変わるかを計算(リクツ)で詰める

新しいレンズを買う事で、どれだけ被写体に近寄れるようになるか?を計算式より概算してみた。予め概算しておく事で、どれだけ離れれば良いかが数字で分かるようになり、買ってから失敗したと言うのを防ぐようにした。

レンズの焦点距離=35mmの場合

現状の焦点距離(35mm)の場合で2000[mm](2[m])の高さの物体を収める場合、被写体から、2,000[mm]×35[mm]/23.4[mm] = 2,991[mm] = 2.91[m]*1離れなくてはならない。

こんな訳で女の子を撮るのに3[m]近く離れればならず、通行人に横切られて危ないわ、道の動線が危ないわの連続だった。

レンズの焦点距離=20mmの場合

ここで今日話す「EF20mm F2.8 USM」ならばどうか?焦点距離20mmとなるため、被写体から2,000[mm]×20[mm]/23.4[mm] = 1,709[mm] = 1.79[m]まで近寄れる。

とすればコンパニオンを撮る際、通行人の邪魔にならない、狭いエリアでも女の子の上半身半分は確保できる。その上コスプレ撮影でも、女の子から2mの距離を確保して並べばよく、動線の問題も解決される事だろう。

試しに撮影してみた

そして先日新宿のマップカメラにてEF20mm F2.8 USM(中古)を32,000円程で購入。

後日、渋谷のGOLD RUSHのハンバーグをテスト撮影。被写体に近い距離での撮影について調べてみた。

回りを見渡すにiPhone用のレンズをくつける子がいたが、InstagramTwitterに命掛けてるのか気になった。そんな訳でiPhone5で撮った画像を比較して、色々評論してみたので読んで欲しい。

iPhone5で撮影した画像(iPhoto使用)

まずはiPhone5で撮影した「モッツァレラチェダーチーズハンバーグ(300g)」の画像だ。フォーカスを合わせて撮影してみた。色合いが何かぱっとしない。

f:id:RyuichiXP:20170823182458j:plain

Canon EOS M + EF20mm F2.8 USM で撮影した画像(iPhoto使用)

今度は筆者お気に入りの装備で撮った写真だ。大まかな雰囲気はiPhone5と同じだ。特に野菜の緑と肉の赤が階調滑らかに映っていて、こっちの方が美味しそうに映る。レンズ口径に余裕があるのか、ノイズも少ない。

f:id:RyuichiXP:20170823183038j:plain

以前この装備で炒飯屋のスープを撮ったら、中の脂まで丁寧に映っていた。映りの面では問題無いと言って良い。

比較結果

InstagramTwitterのように小さい画像を載せるサイトならばiPhoneで足りる。印刷する場合も、昨今タカラトミーが発表した「プリントス」のように、小さいポラ写真を、軽い感じで部屋に飾る場合なら良さそうだ。


スマホ画像をお手軽プリント!「プリントス」をリポート 「東京おもちゃショー2017」

一方「とにかくお姉ちゃん綺麗に撮りたいんだけど!」な立場の自分としては、やっぱり高い機材使った方が無難だと考える。高ければ高い程大きいサイズの写真を印刷しやすくなるし。以上から、flickrやブログ用の写真ならば一眼レフ系で撮った方が良いと言う感想を持った。

新レンズを使った感想

Pモードで撮ると、常時F2.8になってしまう

困った点はEOS MのPモードで撮ると、レンズに一杯光りを入れて明るく撮ろうとしてF2.8になってしまう事だ。結果的にピントが合う距離が短い=被写界深度*2が浅いという流れになり、遠くがぼけてしまったよと事があった。

無論Avモード(絞り優先モード)で回避することもできるが、コスプレの現場ではストロボで明るさ調整する局面も増えそうだ。東京ビックサイトならば日の当たりやすい、防災公園、エントランスならばなんとかストロボ無しで行けるかな?と予想している。幕張メッセなら空が見えない場所はアウトかも知れない。

無理して被写体から離れなくて良い

新レンズを使って一番良かった点は、無理して被写体から離れなくて良い事に尽きる。今まで35mm,50mmの単焦点レンズを使って来た身としては、楽に全体像を写真に収める事ができるのが嬉しい。

リクツの上で予め調べを入れてみたものの、リクツ以上に使い勝手が良かったので満足している。皆さんも被写体との距離にお困りならば、是非とも広角レンズや焦点距離の短い単焦点レンズを検討して欲しい。

*1:計算式についてはこちら参照

*2:被写界深度