Aggressive Style 5

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aggressive Style 5

昨今はコミケ関係を中心に書いています。同人やニコニコ動画方面で活躍される方の相互リンクをお待ちしています。

【風俗体験記事東海/岐阜金津園ソープランド編(通算13都道府県目)】 経験豊富で話の面白い??ちゃん(プレイ???) with 名古屋世界コスプレサミット2日目と歴史感じる大須商店街!

巡礼

第一章:世界コスプレサミット(コスサミ) 2日目に突撃

この日は名古屋でコスプレがある模様だ。大阪オートメッセと言ったRQ系の遠征イベントがあったりするものだが、遠征と言う物をしてみたいと思い東海道新幹線に乗り込む。建物は同じでも姉ちゃんは違うって物で、東海関西の姉ちゃんはどんなものか?と期待に胸を寄せる。

それにしても電車は速い速い。以前青春18きっぷを使って6時間かけて移動した道のりをいとも簡単に飛ばしていく。小田原かと思ったらあっという間に掛川にさしかかり、静岡ならではの茶畑が顔を出す。

こうして文章を書いていたらもう浜松駅を通過だ。のぞみN700という電車は恐ろしい。リ二ヤモーターカー計画などが噂されるが、これ以上速い電車など必要あるのだろうか?wifiやら電源やら完備で、PC好きの俺にはぴったり過ぎる設備であり、これだけでケチらず新幹線に乗ろう!と言う気にすらさせられる。

名古屋に行くのは正直中村のキャンパブで出会ったHちゃん以来だ。しかしそんな思いも馳せる事なくN700は浜名湖を通過。せかせかしていて文章を書く余裕があるんだかなくもう愛知。豊橋過ぎたあたりで降りる準備をしないと間に合わない。

そんなこんなでいよいよ名古屋到着。親愛なる知り合いのお陰も会って地下鉄も迷わず、いよいよ栄に到着!それにしても東京メトロに比べて照明が暗いな。初乗りも200円とちょい高めだ。

P1390764 のコピー

そんなことも忘れて会場内で、俺は早速カメラを構える。ショッピングモールの一角を貸し切って撮影している形だ。と言う訳でまずは撮って来た戦利品を読者の皆さんに。

会場の様子

World Cosplay Summit In Nagoya(Japan)

由愛さん

World Cosplay Summit In Nagoya(Japan)

ぺぺちさん(@tuki440)

World Cosplay Summit In Nagoya(Japan)

そう太さん(@souta1223)

World Cosplay Summit In Nagoya(Japan)

風香さん(@Dre66Rio)

World Cosplay Summit In Nagoya(Japan)

ウニコさん(@mimi_kotori)

World Cosplay Summit In Nagoya(Japan)

月城せいにゃん様(@snyan_25252)

World Cosplay Summit In Nagoya(Japan)

sayuki様(@xxxsayukixxx)

World Cosplay Summit In Nagoya(Japan)

りお様(@rlo1103)

World Cosplay Summit In Nagoya(Japan)

しかしここはいい場所だ。暇そうな女の子を誘ってスターバックスや食事を取りやすいと言う意味では、大変コンパクトでまとまっている。尤も地下鉄地下道を使いこなせての話だし、静岡(浜松〜沼津間)同様、車無しに生活できない事は確かだが。

東京有明TFTや東京ドームシテイよりも開けた場所で、非常に撮影しやすい。Canonの50mm F1.8を使っても全然距離が稼げるため、安いカメラでそこそこ女の子を綺麗に撮る事ができた。自分の方も東京に来ているのと感覚変わらないので、どこから来たの?と聞いて豊橋と言う声を聞くに、 なんかここまで来たと言う実感をさせて頂く。

第二章:大須商店街にて知り合いと

みんな顔立ちが東海〜関西って感じだな〜と言う光景を見るに、やっぱここまで来た甲斐があったと言う物だ。そんなこんなで知り合いと待ち合わせ?をしていたので、大須商店街まで移動する。なんだか大門をくぐると広がる異世界の光景が又情緒を感じさせる。

World Cosplay Summit In Nagoya(Japan)

そしてこんな歴史有りそうな料亭の雰囲気ただようこのお店で抹茶最中を2人で食べる。特にアイスの抹茶がしつこくなく、その冷たさが暑気払いにぴったりであった。そして仕事の事だとか、彼の好きなGTAの話だとか色々話した。

World Cosplay Summit In Nagoya(Japan)

第三章:いよいよ金津園へ本戦闘!

そして大須で色々知り合いと遊んだ後、知り合いと地下鉄の駅で別れる。俺は俺でやるべき事があると言い残し、名古屋駅より東海道線の快速に乗り込み戦地と言うべき岐阜駅に赴いた!岐阜駅南口を降りれば早速柳の木が立っており、この辺なの?と思い移動する。

World Cosplay Summit In Nagoya(Japan)

そして道を挟んで左を向けばソープランド南千住駅を挟んでかなり歩く吉原とはえらく違い、駅前だと言うのに節操もなくソープランドの建物が突っ立っている。無論コスプレ会場の名古屋の栄もナイトスポットで有名な場所であるが、ここまで凄いのはこの方初めてである。

g

それでもってソープ街をひた歩き、回せる所でカメラを回す。そんなこんなで当たりをつけていたお店まで移動するが?パネルを隠されると言う現象が発生。え!?初見者お断りなのと思って違う場所に移動。それでもて二件目のお店に入り、早速フリー?で女の子に入る事に。流石ソープランドなだけに待合室の照明など豪勢たたづまいだ。そんな訳でいよいよ本人が登場。

g

まずはコスサミに行って来た話をすると、「先週コスサミがあるよ〜なんて言ってるお客さんがいた」「花火やってて、SKEのイベントがあったりで、ここまで車で来るのに2時間30分かかったお客さんもいた」と言う話から。やっぱカメラ小僧ってみんな考えてる事同じなのねと思いながら、いよいよお風呂で体を洗う。流石に喉が渇いたので、アクエリアスを頂いた。

  • この辺自販機無くて...
  • え!?駅前にコンビニとかない?
  • 駅前にいきなりソープランドがあったもので、自販機で買うタイミングのがしてしまって...

と、勝手が分からない様が如何にも地方遠征らしい。大須に友達と一緒に行った話とかすると、途中から若い子向けに作り替えてから人気でたよね。それで昔ながらと今流の二つが混在する街になったんだよ。と素晴らしい情報を教えてもらう。

お風呂からでて来て早速プレイ開始。まずは軽く攻めて、それでもっていよいよ女の子の番。乳首やら局部やらの面倒を見てもらっていよいよ騎乗位に。異国の地で緊張したのか、これがなかなか上手く行かず時間だけが過ぎて行く。女の子に体位を変えてもらいつつも、お互い疲れて来たので最終的に手で作業して発射する流れ。

それで仕事の話をしたら「私管理職やってたとき、あんま人に怒れないかったんだよね〜優しい感じに部下に持って行ったなあ。」と言う話をしたり、仕事が嫌でメキシコ行って来たよと言う話。でも仕事変えて仕事変えてだと結局大変になるから私にはそういうの向いてないみたいと言う話もした。ちなみにお目当ての子は予約するようにとのこと。

いや〜風俗通い最高です。名古屋寄ったんでつい来てみたくて!とかなり俺の話を快く聞いてくれてありがたかった。

そうこうしているうちに50分経過。最後にコカコーラを貰い、この少々息苦しい現場を後に。この旅の締めとして岐阜駅前の信長さんの像を拝んで帰る事にした。

g

後書き:コスプレ撮影編

今日はまあ初めて名古屋遠征して来ました。東海地方は緩い雰囲気でやりやすいです。コスプレのまま街歩いちゃってるし、そのまんま帰っちゃえ位のノリなのが凄いです。東京でやるより街と一体感があって良かったです。

俺の方は気楽にアクセス稼げるし、準備や期間がかからないネタだし、何より好きな子撮ってある程度人に見てもらえるんで嬉しい限りです。楽してなんかやりたいって人の気持ち、凄くよく分かります。

自堕落ですがこの自堕落にだらだら撮影するこの瞬間がたまりません。その結果各コスプレイヤーのみなさんの人気向上につながれば幸いです。

そして風俗体験記事と混ぜちゃってすんません。一回遠征して同時制覇をやってみたくて、その様を読者の皆様に見せようという魂胆であります。

後書き:風俗体験記事編

このブログを常に見てくれてる人はどれだけいるでしょうか?その中でこの地方遠征ネタを待ち臨んでくれた方が居れば幸いです。

今回ええっと20代〜40代くらいの女の子を一日でというこりゃ又凄い展開になってしまいました。プレイ内容云々は別に、文章の展開として面白い物がかけた気がします(笑)。

回想シーン

コスプレイヤーさん、あ、申し訳ないですが男性諸氏の皆様。東海地方ってこっち方面で若い子多いですからね。前回の名古屋は10代(風俗体験レポート名古屋遠征編:長旅の先で見つけた、ロリロリで早熟すぎる18歳(Hちゃん:キャンパブ セーラー's/名古屋中村) version 2.0 )の子に当たったりで、結構演技してもらって嬉しい限りでしたし。高い/安いは別にして色んな楽しみ方ができるはずだと思います。

アニメ好きだったんだよな〜この子。この子に何回か入ってたら、今頃アニメに詳しくなってコスプレ方面も困らなかっただろうなと凄く思います。20代最大の後悔の一つです(笑)

多分コスプレの現場以上に「アニメの話したいんだけど…」って当たった時はきっとコスプレ会場以上にアニメの話で盛り上がることも少なくないでしょう。案外別の場所で盛り上がってみるのも一つです。

最後の最後に

なんやかんや新しい場所に行くと、やることをやったというか行って来た!と言う気持ちが先に立ちます。何だかんだこの為に生きてる感じがしますし、変な達成感や使命感すら感じられます。又地方遠征やる頃になったら見に来て下さいますようお願い致します。