Aggressive Style 5

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aggressive Style 5

昨今はコミケ関係を中心に書いています。同人やニコニコ動画方面で活躍される方の相互リンクをお待ちしています。

なんだかんだで至れりつくせり!九州弁の素晴らしい●ちゃん!(横浜黄金町近辺:ソープランド)

この日はamazonで注文したラブライブ!のレースクイーンもののフィギュアを受け取る為に自宅待機。

P1380733

受け取ったら時間はもう午後。いよいよ俺のターンが来たようだ。早速フィギュアのためのミニカーを買いに秋葉原へ!おっと体がそれどころじゃなさそうなので、横浜関内を目指した。その移動の電車中iPhoneのゲームをやりながら時間を過ごす。ヒロインの女の子に見とれ、時間を忘れてゲームに没頭しているうちいよいよ到着。関内を選んだのは風俗におけるコスト削減が目的だった。

そんなわけでコスト削減スポットに到着し、女の子の予約を取った。すると18:20くらいからなので待ちぼうけ。しょうがないのでユニクロで洋服を買うなど他の用事を済ませる。そして上島珈琲店で時間を過ごしつつも迎えた18:00。

f:id:RyuichiXP:20150531180630j:plain

時間が来たと思い、早速コスト削減スポットまで再び戻ろうとする。う〜ん今回はどうも時間の使い方を間違えたな〜あらかじめ電話予約をしておけば石川町の中華街で中華料理を食って帰ってくるくらいの時間があったんじゃないか?と後悔しつつ道を歩き、現地に到着。

暫く待合室でテレビ番組を見る。最新設備を揃えたクリーニング屋の特集コーナーであったが、こんな時たまに見るテレビは本当に面白い。インターネットもゲームも音楽もだが、たまに位が一番刺激になるようだ。しかしそんな事を言いつつも俺の風俗でのH体験は毎月続いており、一月に一度がたまになのだから困ったものだ。

真打ち登場!

そんなこんな店員に呼ばれたのでいよいよ目的の場所に行くと真打ちが登場!中々清潔感があり、早速戦場と言うべきプレイルームまで階段を歩いて移動する。階段って足に来るよね等と言いつつ、いよいよ狭い区画と言うべきルームに到着。

まずは早速ラフな感じで軽く挨拶を済ます。「〜や」のイントネーションが又地方から来た子と言う感じがして良い。そして過去音楽関係の専門に行っていたと言う事で、

  • ボーカルって大変ですよね。喉に気を遣わなくては行けませんし...
  • いや私気にしなかったよ。普通にタバコとか吸ってたし。
  • 音楽関係ってお金かかりますよね。
  • ギターとかは弦を張り替えるお金がかかるけど、ボーカルはマイク代だけだからお金かからないよ。

との事だ。何だか世の中色んな人が居る物だと思う。ちなみに西の方は制覇しているようで、西の人間からすりゃあ東の人間は冷たく感じるそうだ。色んな場所を制覇して、いよいよ現在の横浜に降りたったと言う。ちなみに風俗目的でここに来た事もバッチリ話し、そんなこんなでお風呂タイムを済ませ、早速プレイに移行する。まずは自分は軽く攻めるようにした。最早すっかりおなじみと言うべき乳首から局部と言う流れで、局部の皮を剥ぎながら作業を進めた。それにしても局部の皮を剥ぐなんてこの方初めてかもしれない。それでもって今度は女の子に攻めてもらう番に。優しい舌づかいで全身リップをしてもらった後、お尻の穴まで舐めて頂いてなんだか感激。舌から柔らかく舐められてひくひくする。

それでもっていよいよ本作業の方に移行。まずは女の子に騎乗位をしてもらい作業を進め、女の子が疲れてきた所でいよいよ正常位に移行する。何だか久々で腰が振れなくて困ってしまった。時間が経つに連れて腰を激しく振り、女の子もそれに応じるかのように腰を振る。そしていよいよ自分が満足した所で作業が終了した。「逝く前に言ってよ」「すみません。タイミング間違えました。運動不足なもので」「激しくされるの好きだから、今度はきちんと運動を」と言う具合にいよいよお風呂タイムに移行。

プレイ終了後の横浜の様子

お風呂で綺麗に体を洗ってもらい、私ここで頭とか洗って帰っちゃうよなどの話をしながら過ごす。そしていよいよ帰る時間に。職業柄ボディクリームを塗るだろうと思って聞いてみて、メーカーは失念したがなんだか良くのびるラベンダーの香りが又良かった。性能の良さそうなハンドクリームを身にまとい、ご満悦な状態でこの場を後にした。 そして暫く夜の横浜関内の街をある事に。

P1380759

この時間帯にみるソープランドのネオンの光景が又良い。インターネット全盛でデリヘル店が多い昨今であるが、こうネオンに濡れながら目的を探してうろつくと言うのがまた趣があるのだ!時間とお金が許せば、女の子をおいてもこの時間に一戦交えたい。

P1380765

夜の街は夜だからこそ良さがあるのだ。今後もこんな事を続けていたいと思い、帰りの電車に載る事にした。