Aggressive Style 5

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aggressive Style 5

昨今はコミケ関係を中心に書いています。同人やニコニコ動画方面で活躍される方の相互リンクをお待ちしています。

行動回数の制限が面白いフリーゲーム「片道勇者」をプレイしてみた

調査や評論

最近は携帯ゲームの「ぷよぷよクエスト」なんぞをやったが、ついには景品目当てでプレイするようになり、そろそろ引き上げの時期が来たようだ。それならば1時間で濃い経験のできるゲームを探そうと久々にvectorを漁り、「片道勇者」にたどり着く。

早速プレイしてみた

早速簡単なモードでプレイしてみる。ゲームそのものは「トルネコの大冒険」のように、プレイの度にレベルと装備が引き戻され、マップも変わる形式らしい。

ただし一つだけ違う点は、強制スクロールで画面左の闇に飲まれたらゲームオーバーと言う点。この為移動回数や行動回数を意識してクリアせねばならない点がこのゲームの特徴。又トルネコの大冒険の満腹度のような「スタミナ」と言うパラメーターもあり、食料などで常に補給しなくてはならない。



さてソーシャルゲームではこうした満腹度をリアルマネーで回復せねばならず、リアルマネーを気にしながらとなる。しかし本作では、こういった仕掛けがゲームの緊張感を保つための仕様として機能している。旧来の100円でどこまでできるか?と言うかゲーム内の限りある資源を活かして長く遊べるかを追求するのが面白い。

又ゲームの最中のチュートリアル用の妖精さんと話しながら、各ステージの説明を聞けたり、雑談をする事が可能でこのやり取りが面白い。又ゲームオーバー時に攻略法の説明なども丁寧になされ、どこでやられるか?をきちんと把握しているのが素晴らしかった。*1絵柄も1990年代〜2000年代位*2位な感じも又懐かしかった。

動作環境(MacOSX10.6+Mikuinstaller)

必要最小限にはプレイする事ができます。Mikuinstaller(Wine)の都合上、MIDI音源全てが再生されません。又F4又はF8も標準では使えない感じです。これもMacやWineの都合なので仕方が無いと思います。(注:基本的にPCゲームの場合、Macは対象外です。よって作者に問い合わせる事の無いようお願い申し上げます)

公式サイト:Silver Second

URL:http://www.silversecond.net/


*1:=>テイルズシリーズで言うフェイスチャット

*2:聖剣伝説3のリースやぷよぷよのアルル位の世代