Aggressive Style 5

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aggressive Style 5

昨今はコミケ関係を中心に書いています。同人やニコニコ動画方面で活躍される方の相互リンクをお待ちしています。

面接官の好みに合わせて、面接をする事も時には重要

調査や評論

転職活動で心を病んだ件について

はてな匿名ダイヤリー。盛り上がってますね。自分も3社目をクビになった時お世話になりました。そんなこんなでこの記事を読んで、思った事を話します。

簡単な自己紹介

かくいう自分はプログラムに関しては素人レベル(gitHubアカウント)。自分で作った物と言えば、前回のエントリー「cron+PHP+MySQLを使い、Twitterの艦これアカウントのフォロワー数の推移を見てみた」のような簡単な物で、ハイレベルなエンジニアな方が見ていたら怒られそうです(汗)。

色んな会社を回り過ぎ、自分の事を棚に上げまあ人間不信気味です。尚、コロプラはデータマイニングエンジニアなんぞを受験しましたが書類落ち。ドリコムに関しては人事面接(一次面接)でヘマして落ちました(こちら参考)。

「ITの技術だけでは受からないよ」という事例

以下はそんな自分の面接の失敗談について語ります。匿名ダイヤリーを見ていると、技術を売りにしたいけど面接官は見てくれているか?で悩んでいる模様ですね。会社に依っては、技術よりもお互いウマが合う方を重視する事もあります。特に「社内○○」の場合だと、「○○作れますか?」よりも「趣味は何ですか?」の話が出て来る事があります。以前角川系のホームページのシステム改修案件の面接時に失敗した事を話すと、

  • アニメを見た事がありますか?
  • ○○ならばありますよ
  • 最近のだと何かありますか?
  • △△ならばありますよ
  • 最近の□□だと何かありますか?
  • あ、すんません。ないです
  • うちはアニメ見る人が多いから、雑談出来る人が良い(趣味レベルでアニメを見る人が良いと言う事)

と面接でこういうやり取りがありました。最も求人要件に「アニメが好きな人にはいいですよ」って書いてあるにも関わらず、アニメについて碌に調べず玉砕。まあこの場合、相手は自分の好きなアニメの話を待っている訳です。特に、Twitterのフォロワー数が10万人以上のアニメの感想を言えばヒット率が高かったかな?と思っています。

個人的にインターネットでアニメを追っかける事が出来る今、そこまで重要な事かなと思いますが、このように趣味なども会社と合わせて回答することも、面接では要求されるのでご注意下さい。無論入ってからの事を心配して言ってくれているので、この時点で落とされて良かったと思ってます。

とまあ「○○という業種の社内△△」な職種程、技術以外の話が出来る事も重要です。逆に言えばこういう会社は、面接官の機嫌や空気感さえ合えば、採用してくれたかもです。そんな訳で面接で面接官の好みを調査し、面接官の機嫌を取って合格を勝ち取ってみて下さい