Aggressive Style 5

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aggressive Style 5

昨今はコミケ関係を中心に書いています。同人やニコニコ動画方面で活躍される方の相互リンクをお待ちしています。

小保方晴子氏(理化学研究所)のSTAP細胞の論文問題など、最近のニュース3つについて思った事を書いた

追憶

第一章:小保方晴子氏と理化学研究所による、STAP細胞論文問題について:引用元を意識した文章を

第一章は小保方晴子氏と理化学研究所による、STAP細胞論文問題について話す。「小保方晴子ユニットリーダーが早稲田大学に提出した博士論文冒頭がNIH(アメリカ国立衛生研究所)のサイトからのコピペだったことが発見された件:天漢日乗」によれば、発表された論文のIntroductionの部分を始めとする箇所がコピペなようだ。

こちらによる比較内容では、かなりの箇所がコピペされて居る事が指摘されている。かくいう自分も大学卒業当時は、論文作成で先生や大学に迷惑をおかけしたものだ。その一つに「自分で考案したもの以外は引用元を明記すること」と言われた事が思い出される。

論文の場合特に人の考案したものと自分が新たに提案した方法、結果とをきちんと分けるために引用元については割と厳しくチェックされる。天漢日乗のコメントに、以下の書き込みがあったので紹介したい。


D論どころか、指導教授に提出する毎週の課題でも、Introduction (Background) には引用文献が必ず入る。教員や大学に提出する文章は、どんな文章であれ、引用文献のないイントロを書く博士学生は金輪際居ないはずだが。

このイントロだと読んですぐにおかしいと気づくだろう。気づかなければ逆におかしい。引用文献が無い以前に(これはこれで論外)、そもそも英語の文体がアカデミックじゃない。コピペ元が一般向けの解説のようなので、アカデミックな文体ではないのは当たり前。そんな一般向けの文章がD論の本文に出てきたらまずコピペを疑う。ほぼ同時に執筆者の作文能力を疑う。
それから、そんな文章書いた人間に合格の評価を出した博論審査委員の英文読解能力も疑う。彼らは本当に学者なのか。

(「小保方晴子ユニットリーダーが早稲田大学に提出した博士論文冒頭がNIH(アメリカ国立衛生研究所)のサイトからのコピペだったことが発見された件:天漢日乗」より)

かくいう自分も、ブログの説明文を他所から借りて来る事もあるので人の事は言えまい。さて、良い技術書程引用元がびっしり書かれているものだ。大学の研究の際論文の引用元の論文を読んでと言う事を良くやっていた。このように引用元も読者に取って有益な場合もある。自分も含め、文章を書く時は引用元を意識するよう心がけたい。

第二章:Thank You Windows XP 〜ありがとうWindows XP

2014年4月9日。いよいよWindows XPのサポートが打ち切りとなった。セキリュテイの問題抜きにすれば、まだまだ使い続けたいと言うのが本音だ。



MiNe-5DII_100-6265NHG
Photo1:MiNe氏のFlickrより拝借した「XPたん (OSたん)」 at Petit Fancy 12

思えば人生最初に手に入れたVAIOWindows XPだっただけに思い入れ深い。Windows 95の頃に比べ、エラーが本当に減って使いやすくなった。初期のメモリ256MBの頃はまだまだ重かったが、ハードの進化に依りメモリ1GB、2GB時代に突入したら十分過ぎる性能を発揮した。

そしてWindows 8のUI(Metro)は使いにくいよりも重い事が悩みの種で、Core i3なのに何故?と思う事はまああった事だ。Windows XPは昔ながらのUIに戻せたのに、なんで8は戻せないの?やはり自分の中ではWindows XPは最高の存在であり、万能で優等生なWindows XPには精一杯の感謝を送りたい。

ちなみにpixivでは松竜氏が「ありがとうXP」という素晴らしいイラストを書いているので是非クリックしてほしい。

第三章:Thank You SONY VAIO(VAIOさんありがとう!)

つい先日SONYがパソコン事業を売却した事が発表された。売却先は投資会社の日本産業パートナーズとのこと。過去IBMThinkPadが中国のLenovoブランドになったように、一体VAIOはどうなるのだろうと驚きを隠せない。



Photo2:今も尚元気な筆者のVAIO

VAIOは昔からノートPC、特にノートPC等の小型機が得意だった。VAIOのノートPCの利点は小型で高性能。欠点はそれと引き換えに熱処理が弱い点だ。この点はMacbookなどでもそうだが、CPU温度などを気にしながら、必要以上にPCに激しい処理をさせない事が彼らと長く付き合って行くコツだと思っていた。

俺が大学の課題を片付ける為に買ったVAIOはいまでも尚現役で、完全に使えなくなるまでは何かしらに使う予定だ。最後にMacじゃなければVAIOと思っていただけに今回の話は非常に残念だ。くれぐれもLenovoと同じ道を歩かぬよう心から願う