Aggressive Style 5

Aggressive Style 5

昨今はコミケ関係を中心に書いています。同人やニコニコ動画方面で活躍される方の相互リンクをお待ちしています。

孤独なグルメ(47):違う地域に来た事を感じさせる、静岡県伊東市の豚骨つけめん

1枚目:伊東駅の様子

この日は伊豆半島旅行中だった。河津桜に乗る電車を間違え、仕方なく途中の伊東駅(静岡県伊東市)にて途中下車したのだ。公式ページに寄れば人口は72,186人とやや少なめなものの、駅前が東京の中野駅や神奈川の大和駅周辺並みに充実している感じだ。

P1260241

2枚目:路地裏

早速路地裏を散策すれば、温泉街らしくスナックエリアがあるではないか。「温泉街はこうでなくちゃな!」と胸に期待を膨らませ、街を散策する。

P1260275

3枚目:老朽化して使い物にならない様子

しかしながら休日なのに人っ子一人いない。ここは近隣住民のための歓楽街なのか?それとも旅行者の為なのか?

若者向けの施設と言ってもゲーセンが一つある程度。wikipediaの人口分布を見ても、20代の人口比率は低めだ。だから若者向けの歓楽街にするのは厳しい。

P1260293

4枚目:スナックの時給の様子

次はスナックの時給の張り紙を撮影。やはり東京などに比べ時給が安めというべきか?あるいはこの地域全体の価格が安いのか?この辺まではわかりかねる。

P1260324

5枚目:河津駅→伊東駅の電車にて

とこんな風に伊東温泉周辺を練り歩き、河津桜の撮影を終えて無事に伊東温泉に急ぐ。桜を見終えたので伊豆急に乗り込み、伊東駅を目指した。

th_P1260699

6枚目:夜の伊東温泉(1)

そしていよいよ夜の厭う温泉周辺を散策し、このような綺麗な建物の数々が頓挫している。いよいよここまで来たと言う気と、夜の街を歩く上で体力が徐々に上がっていく。

P1260746

7,8枚目:夜の伊東温泉(2)

今度はカラフルな電灯の綺麗な空間に出くわす。なんとも素晴らしい光景に飲まれるかの如く、探索を続けた。

P1260727

P1260728

9枚目:夜の伊東温泉(アーケード街)

こうしたアーケード街もすっかり見慣れたものだ。人っけの居ないのはいつもの事で、この国の衰退を感じさせる。

1

10枚目:豚骨つけめん

そして探索が終わってすっかりおなかが空いたと言う事で向かったのはとある豚骨つけめん屋だ。店に入ると店員と、お客であるその身内が仲良くジュースを飲みながら、身の上話をしていた。その乱暴なべらんめえ口調に男らしさと、地方に来たきにさせられた気分になる。又この辺で何かやるには、まずこっちになじまないとまという気にさせられる。そしていよいよ豚骨つけめんを食す。麺とその上の海苔が又美味しさを際立て、どんどん食べ進めて行く。しょうゆのシンプルな味わいも良く、無事に完食。店員に元気に声をかけてこの場を後にした。

P1260755

過去記事