Aggressive Style 5

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aggressive Style 5

昨今はコミケ関係を中心に書いています。同人やニコニコ動画方面で活躍される方の相互リンクをお待ちしています。

孤独なグルメ(46):河津桜まつりの夕暮れ時に食べる「鶏皮餃子+桜の熱燗」(静岡県河津町に再来)

又今年も静岡の河津桜を見に行くため、ひと月前から休日お出かけパスを購入。伊豆周遊きっぷは1日しか使えないが、休日おでかけパスは2日間乗り降り自由で8'500円とリーズナブル。伊豆半島しなの鉄道などに限っては、休日おでかけパスの方が融通が効きやすい。

1枚目:行きの東海道線(東京 - 熱海)で飲む雑賀梅酒+じゃがりこ(東京駅)

早速東京駅地下一階で梅酒を調達し、一回の売店でじゃがりこを購入。時間が無いのでとてもじゃないがカルビープラスに寄る暇も無く、グリーン席の事前準備を済ませて東海道線のグリーン席に乗り込む。乗り込むのと同時に早速一杯飲もうと思った。

P1260176

梅酒の梅の深い甘さに、控えめの日本酒の味が素晴らしい。北雪梅酒のような辛さと梅の香りが同居している感じでは無いものの、これはこれで美味しい。電車は川崎、横浜、辻堂、藤沢、茅ヶ崎、小田原....と電車が過ぎていき、いよいよ以前の戦場だった熱海に到着する。

2枚目:河津桜の光景

そしていよいよ熱海駅に到着する。伊豆急に乗るまでの時間が余って居たのでとりあえず駅前の足湯コーナーにて足湯を済ます。駅に戻って伊豆急に乗ったが、これが又伊豆高原行きだったので、とりあえず伊東駅でまたもや時間を潰し、再度伊豆急下田行きの電車に乗り込む。

伊豆半島の綺麗な光景に見とれ、いよいよ河津桜の会場と言うべき河津駅に到着する。どうにもこうにもまだ早咲きだったものの、綺麗な桜の花が目を出す。


P1260495

3枚目:海沿いの桜トンネル

今度は去年葉桜になって撮影できなかった、海沿いの桜トンネルを撮影してみた。


P1260407

4枚目:菜の花と桜のつぼみ

さらに進めばおなじみの菜の花と桜のつぼみが綺麗に並ぶ光景に出くわす。花のつぼみがこれが又可愛らしく、目を出すのを期待してしまう。


IMG_5391

5枚目:河津桜の枝写真

今度は桃色に輝く綺麗な河津桜の枝を撮影してみた。


IMG_5399

6枚目:夕暮れ時の河津桜

そしていよいよ夕暮れ時を迎え、静かに夜を迎えた。徐々に暗くなってきた桜を見て、夜の訪れを感じさせる。


P1260585

7枚目:ライトアップ時(1)

そしていよいよ夜を迎えた。桜トンネルの夜の様子だ。なかなか落ち着いた感じで非常に良い。

P1260605

8枚目:ライトアップ時(2)

こういう川沿いの場所でライトアップと言えば、やはり水面の映り込みだろう。この日も綺麗に水面と桜が綺麗に映ろえる。

P1260635

9枚目:出店の様子

そしていよいよ夜になったので、このブログのレビューの為に出店を探し歩くことに。今年は桜味の日本酒を飲みたいと思って当たりを探していた。しかしあたりはもう夜。午後5時を過ぎて既に閉まっている店が多かった。仕方なくライトアップ付近をくまなく探す。そしていよいよ出店を検索。

P1260613

10枚目:熱燗

そして食い物を購入して、いつも通りレビューを始めようと思った。どういうわけだかヘッドホンもカメラもつけっぱなしな俺の風貌を見て、しばらく店員と会話を楽しむ展開に。どこから来たの〜って話になり、北海道の函館の夜景なり、北島三郎の曲のYouTubeで聞きながら食事を進める。

IMG_5461

11枚目:鶏皮からあげ

さらに俺が照れくさそうに色々やりとりしてたら店員の女の子に「いいキャラしてる〜」など弄られながら時間が経過。まるでいつかの青葉おでん街のスナックにいるようで、この温かい雰囲気に包まれた時間がまた愛おしい。そのため食べかけの状態で慌てて写真を撮ったのだが、旅行を伝えるには十分過ぎるものだ。

しかし鶏皮餃子というものは美味しい。衣の鶏皮の硬さと油ぎった感じが又箸を進ませる。桜味の熱燗も、この薄暗い雰囲気で飲むのがよく、お米の辛さとその上を柔らかく包む桜味が春の訪れを感じさせた。

IMG_5463

そして同席した店員が「仕事終わったんで帰るわ〜」と言う刹那、料理を食べ終え、名残惜しくこの場を後にした。

後書き

今回は「孤独なグルメ」らしからぬ展開だが、去年と違う展開で面白かった。同じ場所でもこうも違うのかと感心させられる次第である。

過去記事