Aggressive Style 5

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aggressive Style 5

昨今はコミケ関係を中心に書いています。同人やニコニコ動画方面で活躍される方の相互リンクをお待ちしています。

魔法少女まどか☆マギカの映画版を見て、キャラクター設定の作り方を考えてみた

まず「魔法少女まどか☆マギカってどんな展開ですか?」言われたらどうやって答えよう?その時の回答を下に書いた。

ネタバレ有りな作品の説明

魔法少女まどか☆マギカは中学生の5人の少女が、インキュベーター(incubator)「キュウべえ」と契約し魔法少女となる過程や、魔法少女になった後の各キャラクター葛藤等を描いた作品である。

魔法少女にはソウルジェムと言うものが存在し、ソウルジェムそのものが悪い物に染まるとその魔法少女魔女化してしまう。各キャラクターは魔女と化した魔法少女を倒してソウルジェムを得たり(魔女狩り) 、あるいは恋人を取られた事がきっかけで魔女化したりと、様々な事件に巻き込まれていく。

時間を操る魔法を使う少女暁美ほむらは、親友鹿目まどか魔法少女になったり戦死したりと行った過去を変えるため、何度も時間を戻してやり直そうとするが...

ちなみに

ちなみにincubatorは英語で培養器と言う意味で、おそらく魔法少女を培養するための存在と言う意味だと考えられる。個人的に作品を見てると、incubatorよりnegotiatorの方がいいんじゃないかと(笑)

まどか☆マギカの良い点

まどか☆マギカの良い点は、作中のキーパーソンと言うべき暁美ほむらの能力だ。要は暁美ほむらが「時間を過去に戻しました」と言い訳すればいくらでも続編を書く事が可能なのが素晴らしい。作る側に取っていい言い訳が有る為、二次創作三次創作をやる側に取ってはいいネタだと思う。そりゃあ暁美ほむらは最後まで死なない訳だよって思うし、自分だったら後で修正(バージョン管理)の効くように絶対生かしておくと思う。

まどか☆マギカ風のキャラ作る上で重要なポイント

個人的に魔法少女まどか☆マギカはキャラクターあってのアニメだと思っている。そこで魔法少女まどか☆マギカ風の新キャラクターの設定の仕方をまとめてみる。

外見
  1. 髪の毛の色
  2. 顔の輪郭
  3. 体型
  4. 普段の衣装
  5. 変身時の衣装
  6. 武器
  7. 必殺技

内面
  1. 長所(面倒見が良い、夜通しゲーセン等)
  2. 短所(孤独になるのが嫌等)
  3. 魔法少女になったきっかけ(契約動機)
  4. 話有れば:魔女化するきっかけ

まずワンピースでルフィの仲間になったきっかけが提示されるのと同じ要領で、まどか☆マギカでも各キャラクターの悲しい過去話が提示され、魔法少女になったきっかけが提示される。各キャラクター(マミ、杏子、さやか)の大まかな流れをまとめると、

  • 魔法少女になったきっかけ
  • 事件発生
  • 死亡(殉職)シーン

と言う感じになる。各シーンでどの部分を見せ場にするか?等を考えても面白い。話変わって確かローゼンメイデンでも真紅と水銀燈の過去の話が提示されて、何故今に至ったか?という話があった。こんな風に新キャラのサイドストーリーを深く描いでも面白いと思った。

今度はその新キャラが魔女化するきっかけの話をどう作るかを考えてみた。一般に漫画、小説、アニメ、ゲームなど人の負の側面の話になると、どうこうなっちゃうのは皆さんもかなり見て来た事だろう。例えばセーラームーンでも人の負の側面が敵として登場し、おなじみのセーラー戦士がお片づけしてきた訳だ。

なのでこの辺の流れは過去作品をテンプレートとして流用する事もできそうだ。筆者が目を付けているのはセーラームーン、戦隊、プリキュアあたりだ。

最後に

最後に自分も人生の20%位の時間をゲームやアニメとともに過ごして来た人間なんで、過去作と比較しまくって申し訳ない。ちなみに魔法少女まどか☆マギカ=仮面ライダー龍騎ローゼンメイデン(バトルロイヤル?) + エヴァンゲリオン (誰かに必要とされたいと言う意思) + クロノトリガー (時間軸を動かす) /3 と言った具合かな?目が肥えるとわがままになるので、アニメを見すぎないほうがいいんじゃないかと思う今日この頃。

以上キャラクターの作り方のテンプレートを考えていたらこんな時間に。あ、ちなみにクリアファイルはブログ製作に大変役に立っており、この中に記事の計画書が入ってます。キャラ原案の作者様に感謝申し上げます(笑)