Aggressive Style 5

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aggressive Style 5

昨今はコミケ関係を中心に書いています。同人やニコニコ動画方面で活躍される方の相互リンクをお待ちしています。

北関東ならではの倦怠感漂う栃木県小山市周辺の風俗街、銭湯、町並みを歩く

今日は栃木県小山市周辺の風俗街、銭湯、町並みを歩こう。wikipediaを見ると人口は16万人程とやや多めの町だ。

1枚目:JR小山駅の様子

P1230282

2枚目:横丁の光景

まずは駅前の横丁の様子を見てみよう。後ろにキャバクラ系の看板となんともそれらしい光景だ。

P1230191

3枚目:既に寂れたテレクラの看板(1)

次は風営法第2条9の「店舗型電話異性紹介営業」でおなじみのテレクラの看板だ。まず風営法第2条の第9項を軽く確認してみよう。


9  この法律において「店舗型電話異性紹介営ß業」とは、店舗を設けて、専ら、面識のない異性との一時の性的好奇心を満たすための交際を希望する者に対し、会話の機会を提供することにより異性を紹介する営業で、その一方の者からの電話による会話の申込みを電気通信設備を用いて当該店舗内に立ち入らせた他の一方の者に取り次ぐことによつて営むものをいう。(「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」より一部引用)

P1230254

しかし大手が営業している訳でなく、恐らく個人が営業していてつぶれた結果建物が老朽化してしまった流れだ。建物が使われなくなった事による老朽化は、日本の各地方で問題のように思う。

4枚目:既に寂れたテレクラの看板(2)

こいつは風営法18条でおなじみの18歳認証の張り紙の様子だ。まず風営法第十八条を軽く確認してみよう。


第十八条  風俗営業者は、国家公安委員会規則で定めるところにより、十八歳未満の者がその営業所に立ち入つてはならない旨を営業所の入り口に表示しなければならない。(「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」より一部引用)

P1230256

さて物心ついた頃から「Hな事ならすべての角度から答えられるようにしてやる!」と息巻いていた俺。こんな俺なせいか大好きな風営法の話題とくれば進んで調べてやりたくなってしまう。尤も風営法なんてあってないようなものだし、気にしたってしょうがない事は言うまでもないけどね。

5枚目:「日本人40分10'000円」のすばらしい張り紙

ここからが北関東の本当の姿のお出ましお出まし。北関東の魅力と言えば、やはりこのやる気のなさ、どうしようもなさでこれを皆様にお伝えしたい。

例えば左の「日本人40分10'000円」の文字の下にはなんと仕事用のタオルが堂々とおかれている。筆者は数多くのピンサロを見てきたが、ここまでやる気のない光景はこの方初めてで貴重な経験だ。経験者として語るが栃木や群馬のこの手のお店は経験の為に行く場所であり、本気で行くべき場所でない事を強調したい(でも話し上手な子もいるけどね)。

さて「日本人40分10'000円」の看板がまた多国籍な感じだ。実際にコンビニの店員がフィリピン系というか外国系なせいか、ここも横浜、池袋、新大久保、錦糸町のような多国籍な場所なのだろう。

P1230237

6枚目:黄色の建物と緑の看板の怪しいスナック

P1230244

7枚目:風情漂う鳥居

さらに歩いていくとこのように風情漂う鳥居の様子に出くわす事になる。

P1230200

8枚目:小さい神社の光景

さらに歩くとこのようにこぢんまりとした神社に出くわすこととなる。

P1230207

9枚目:反対方向をのぞくと

この通りの反対方向をみるにやっぱりあった雑居ビル。地方区はこのようにあちらこちら点在も多い点が特徴だ。

P1230202

10枚目:スナック街の様子(1)

お次は全国の遊郭を集めたブログ「遊郭部」さんが得意そうな、スナックの写真を一枚撮影してみた。右側の古さがまたここまできた感じにさせられる。

P1230266

11枚目:スナック街の様子(2)

P1230272

12枚目:銭湯「幸の湯」(1)

そしてお次は銭湯「幸の湯」の写真と行こう。再建した後が見られるが、周辺の木材がまた歴史を刻んでいる。

P1230213

13枚目:銭湯「幸の湯」(2)

P1230216

14枚目:危ない建築の目立つ建物(1)

尤もこの小山レビューの最大の目的はここに来訪することにあった。「北関東DQN仕様「小山」(3)ピンサロ密集地帯(日本DEEP案内 )」をみてぜひ行きたいと思ったからだ。

P1230224

15枚目:危ない建築の目立つ建物(2)

今度は見えるように遠くから撮ってみたものを掲載しよう。階段など自作で建築しており、ここまで壊れないのが不思議なものだ。そんな建物を尻目に、小山駅を後にした。

P1230230

この日の旅程

過去記事