Aggressive Style 5

Aggressive Style 5

昨今はコミケ関係を中心に書いています。同人やニコニコ動画方面で活躍される方の相互リンクをお待ちしています。

孤独なグルメ(57):安くて量も満点、味付けもあっさりでおいしい唐揚げ定食+玉子炒飯(北京亭 西千葉:¥1,750)

1枚目:北京亭本体の写真

この日は腹一杯食えるお店を千葉県千葉市周辺で探していた。千葉駅周辺はメジャーな定食屋しかなく、気の効いた個人系の定食屋が無い。そんなこんなで千葉大学付近の西千葉駅まで駒を進め、iPhoneの地図の通りに駅前を暫く歩いていると、早速お店に出くわした。

P1310088

そんなこんなで早速中に入ると、宴会中のようで非常にアウェイな感じだ。どうも福島の喜多方のラーメン屋に行った時のような内装で、如何にも定食屋という感じが良い。物腰の柔らかい店員さんに声をかけ、唐揚げ定食と玉子炒飯を注文し、暫く待つ。

待っている間辺りの物を撮影し、久々のレビュー体制を整える。先日の幕張メッセのコスプレとは訳が違い、かなり気恥ずかしい。幕張メッセと孤独なグルメでは使うレンズが違うため、どうするんだったかな?と迷っているうちに最初のラーメンスープが到着する。

2枚目:ラーメンスープ

早速食べる前に恒例の撮影を何度も行ない、早速スープを飲む。千葉区域と言えば背脂でおなじみの「なりたけ」を筆頭に、味の濃いめのラーメンが増えた。その為しょうゆラーメンの残りで作ったラーメンスープが非常に珍しい。千葉以北のラーメンを食べ慣れてる自分としては、この基本的な味が何とも個性的に感じられた。

th_IMG_1316

3枚目:唐揚げ定食

次は「西千葉駅にあった超大盛り中華屋:My Winding Road」さんの記事に書いてあって、いざ食べたかった唐揚げ定食を食す。

綺麗に見せる用の写真な為実際の様子が分かりにくいとは思うが、実は7〜8個位あり、2人で分け合って食べてもよいくらいだ。実際宴会客に紛れて学生と思われる男女が居るくらいだから、学生同士で分け合って食べている光景が頭に浮かぶ。

th_IMG_1322

そんなこんなで早速軽く頂いてみる。通常唐揚げと言えば醤油に鶏肉を浸して下味を付けるが、この唐揚げは塩をベースにしていて非常に軽い味わいで食べやすい。油べとべとな感じも無くからりと揚がっている。

このとき自分の中で、下手に渋谷、海浜幕張、千葉駅周辺で飯を食うより美味しく感じられ、行った事も無いが安い横浜中華街の飯をも凌駕した。千葉県が地元の自分としては、案外近くに上手い飯屋があるものだと非常に感激した。

4枚目:玉子炒飯

そして唐揚げ定食のご飯を食べ終える辺りになり、いよいよ玉子炒飯にバトンタッチ。その途中店員さんがオーダーミスの確認に来て、「唐揚単品でしたっけ?」「あ、セットで大丈夫ですよ」と返す。どうもこの唐揚げ定食は定食として頼むのが基本なのか?と自分の頼み方が失敗した事をここで悟る。

しかしそんな事かまってられまい。早速玉子炒飯を食べながら、同時に唐揚げも食べる事に。富士山で言う五合目位の位置まで来ていたので、半分味覚を感じられない状態へ。そんな中玉子炒飯の味を確かめると、飯も玉子も何とパリパリした感じではなく柔らかい仕上がりなのも特徴。恐らく青椒肉絲やエビチリを食べながら食べる事を想定しているような気がした。

th_IMG_1335

これはつらい。炒飯の量も1合は優にある量でもはや大食い飯を食べる状態になってしまった。水を何度ものみ、水を自分の所においてもらい、ようやく最後の唐揚げ1個を食す事に成功。コーラが欲しいと思い、代金を払い、この素晴らしいひと時との別れを果たした。

店舗情報

店名 北京亭
場所 千葉県千葉市稲毛区弥生町2-21
食べログ http://tabelog.com/chiba/A1201/A120101/12001221/