Aggressive Style 5

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aggressive Style 5

昨今はコミケ関係を中心に書いています。同人やニコニコ動画方面で活躍される方の相互リンクをお待ちしています。

孤独なグルメ(54):ラブライブ!と孤独のグルメ 聖地巡礼:秋葉原の神田明神来訪後に食べる「万カツサンド(肉の万世)」

食欲 巡礼 ラブライブ

TVアニメラブライブ!第2期もいよいよ終わった。Twitter、pixiv、2chなどインターネットの各場所では、各視聴者の「終わった」という雰囲気がが一面を覆っている。俺はラブライブ!を25%も見ていない人間だが、ロケ地が秋葉原と言う事でラブライブ!ネタを組もうと思った。

1枚目:いつもの秋葉原の光景

そんな訳で、この日も相も変わらず秋葉原へ移動。何の変哲の無い日曜の歩行者天国の光景。見慣れた光景なだけに懐かしさが感じられる。

th_P1290344

2枚目(☆):井戸頭五郎さんがラジオを買いに来たと思われる露天

今回は電気部品のひしめく露天街を軽く撮ってみた。実際に歩いてみると、50年前位にタイムスリップした光景が眼前に広がる。今にも壊れそうな建物の中で、怪しいものを売っているような感じは東京でないと味わえない。

th_P1290358

3枚目(☆):露天の値札

又この場所は、五郎ちゃんが「こんなにテストする物があるのか」でおなじみの場所だ。自分もIT系の人間なので、この部品が何に使われているか分からないが、見ていて面白い。

th_P1290359

4枚目:秋葉原キャッチ通りは今日も健在

さて旧ラオックスからケンタッキーまでの通りは、最早キャッチ通り。条例の厳しい今、こういう光景は一昔の懐かしい光景として目に映る。

しかし他所の地域だと明らかに緊張するのだが、秋葉原だと案外やりやすい。風俗やキャバクラを謳ってる地域ではないのも原因か?

th_P1290388

5枚目:風俗を思わせる女子高生カフェ

そして新手の風俗産業を思わせる、女子高生カフェに出くわす。風俗や遊郭跡地来訪をやってる人間としては、こういうのは見逃せず一枚撮る。一説に依ると他地域で商売の出来なくなった層が、メイド喫茶などを運営しているとか。

th_P1290406

6枚目(★):神田明神男坂

そしてふらふら歩いていると神田明神前に到着。

th_P1290409

7枚目(★):神田明神男坂

次はμ’sの練習風景に出て来る男坂に出くわす。原作に則り走ってみると、上まで到着するのに40秒程かかってしまった。

th_P1290411

8枚目:神田明神の説明

いよいよ境内に到着したので、神田明神について軽く説明しよう。神田明神は受験でおなじみの湯島天神と1km程の距離にある。歴史をたどると、神田明神江戸幕府開府の1603年以後、江戸城開城に伴い神田明神を大手町から神田山に移転したそうだ。

『神田大明神御由緒書』によれば、江戸幕府開府以前の慶長5年(1600年)に徳川家康会津征伐において上杉景勝との合戦に臨んだ時、また関ヶ原の合戦においても神田大明神に戦勝の祈祷を命じたそうだ。神社では家康の命による毎日の祈祷を行っていたところ、9月15日の祭礼の日に家康が合戦に勝利し天下統一を果たした。

それにより家康の特に崇敬するところとなり、社殿、神輿・祭器が寄進され、神田祭は徳川家縁起の祭として以後盛大に執り行われたそうだ。さらに二代将軍の徳川秀忠は元和二年(1616)に現在地である湯島台へと移し「江戸総鎮守」としたそうだ。

th_P1290518

9枚目(★):神田明神境内

そんな訳で境内に到着したので、早速賽銭を投げてみた。人に依って拝む時間が違うのが面白い。相変わらず拝み方が分からず困る。

th_IMG_6614

10枚目(★):アルバイトのお姉さんの様子

次はアルバイトの巫女のお姉さんが仕事している様子を撮影。馬を上手く慣らすのに苦労しているようだ。

th_P1290485

11枚目(★):絵馬

暫く歩いていると、ここに来たラブライブファンの飾った絵馬が大量に飾られていた。俺以外にも数多くのファンが男女問わずここにきていて、10代〜20代前後の皆さんが多かった。ペアルックでラブライブTシャツを着る強者まで居て、恐るべし秋葉原である。

th_IMG_6685

12枚目(★):絵馬(高坂穂乃果)

th_IMG_6700

13枚目(★):絵馬(園田海未)

th_IMG_6759

14枚目(★):絵馬(南ことり)

th_IMG_6659

15枚目(★):絵馬(星空凛)

th_IMG_6797

16枚目(★):絵馬(小泉花陽)

th_IMG_6630

17枚目(★):絵馬(西木野真姫)

th_IMG_6724

18枚目(★):絵馬(東條希)

th_IMG_6776

19枚目(★):絵馬(矢澤にこ)

th_IMG_6837

20枚目(★):絵馬(絢瀬絵里)

th_IMG_6721

21枚目(★):何と韓国からのファンの絵馬(園田海未)

ラブライブがアジア各国で人気なのを伺わせる絵馬を発見。アニメってすごい事を実感させられる。

th_IMG_6810

22枚目(★):全員集合

と、9人分の絵馬を全員集めてみた。これは見たみんなが「おおっ」と絶叫した絵馬だ。

th_IMG_6736

23枚目(★):神田明神を後に

th_P1290516

24枚目(★):ラブライブ高坂穂乃果の実家でおなじみの「竹むら

そしていよいよ境内から離れる。そしてレビューをしようと竹むらまで向かった。しかし日曜日であいにくお休みであったが、昔の料亭の風情を感じさせる建物に圧巻させられた。俺と同様にラブライブ!の聖地巡礼をしていた人が居て、志を勝手に共にする。

th_P1290546

25枚目:歴史の風情を感じさせる建物群

この区域はどうも料亭が多い区域のようだ。あたりかまわず写真を撮影し、このような古い民家の撮影に成功。 年季の入った姿が好きな自分としては、この壊れそうな外装が又その場所の歴史を感じさせて好きなのだ。こういった光景は時代とともに無くなっていくので、残しておこうと一枚撮る。

th_P1290522

26枚目(☆):「孤独のグルメ」でおなじみの「肉の万世」前

そして竹むらが休みなので、ラブライブカフェ!と思ってアニメイトカフェへ急いだ。しかし現場で待ち受けていたのは「SORRY,ALL SEATS ARE RESERVED TODAY」と言う文字。後ろの店員さんに問い合わせると、どうも事前抽選制らしい事が分かった。

じゃラブライブ!のレビューが無理なら孤独のグルメのレビューをやるかと思い、目的地を肉の万世に変える。

th_IMG_6854

27枚目(☆):たばこと一緒に売っているのが印象的なブース

そしてお店の前に到着した。タバコやロトと一緒に食べ物が売っているという珍しい光景。早速「万かつサンド」を購入。その日のうちに食べて下さいと言う声の元、横のベンチへ急ぐ。

th_P1290558

28枚目(☆):万かつサンド(外装1)

そしていよいよ飯の時間が来た。真ん中の牛さんの絵がまた愛嬌あって可愛らしい。黒と茶の簡素なデザインも、昭和を又感じさせる。

th_P1290561

29枚目(☆):万かつサンド(外装2)

そして一つ開けると、このように説明が登場する。万かつサンドの歴史が書いてあって興味深い。

th_P1290562

30枚目(☆):万かつサンド(内装)

そしていよいよ食す。冷たくなってもおいしく、肉が柔らかいのが魅力的だ。恐らく製品開発と品種改良の賜物であろう。又ソースもしつこくなく、飲み物が要らないのが素晴らしい。さっぱり目で一見量も少ないが、秋葉原(外神田)中を回り、疲れきった自分に取っては丁度良い量だった。

少ない分、一口一口運ぶ度に口寂しさがこみあげてきた。そして万かつサンドとの最後の別れを惜しむかの如く、最後の一口を口に運んだ。

th_IMG_6872

そして本レビューのためにスターバックスへ向かった。秋葉原には良く行くが、毎回通る道を少し変えるだけで違う表情を見せる。同じ場所の複数の顔を見るのが大好きで、俺は東京の街を歩き続けてきた。「やっぱ面白いわ。東京ってさ」と言う思いを再確認し、ここに戻ろうと誓いを立てた。

絵馬をもっと見たい人へ

各ファン制作者のみなさんお疲れさまです。皆さんあって本記事は完成致しました。絵馬の画像をもっと見たい方はこちらをご覧下さい。

おまけ:マンガを勝手に紹介!

自分の好きな同人さんの「マミのぼっち飯S2 第2話 千代田区神田の三色団子とお饅頭(KA-9氏)」なども、竹むらから神田明神の順でレビューしていますね。この順序って結構歩きますよ(笑)。アニメ好きな人には良い作品なので見てみて下さいませ。

引用、参考文献

神田明神の歴史は、以下の3つの文献を組み合わせて紹介しました。