Aggressive Style 5

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aggressive Style 5

昨今はコミケ関係を中心に書いています。同人やニコニコ動画方面で活躍される方の相互リンクをお待ちしています。

id:netcraftさんに影響されて、中学校時代の悪口や、家庭教師時代の思い出を書いてみた

調査や評論

「埼玉県の私立受験の裏事情:大学時代に埼玉県の学習塾の塾講師をやった」にて高校受験の裏事情が熱く展開されています。恐らくこれって偏差値教育の名残だと思います。俺の母ちゃん位の世代、給食を食えないなら授業中でも食わせる時代の話になりますが、どうも模擬試験業者の模試の偏差値が悪いと高校を受けさせない制度があったらしいですよ。

上記記事にもあるように、中学校と塾と高等学校ってつながりあるんですよね(笑)。高等学校の先生が塾に話を聞きに行ったなんて話は良く聞きますよ。

実は中学校と高等学校って裏でつながってるんじゃ?って

自分は千葉県でした。東京の方だと開成学園など私立が鎗玉に上がりますが、千葉県南部ではその地域性より千葉高校を始めとする公立高校が主流です。それで俺もそのブームに乗って地元の公立高校を受験したんですよ。んで受験間際になって、どういう訳だか学校中の先生に「○○高校受験するの?」と言われた訳ですね。

「当時の公立高校の合格点 = 受験の得点 + 内申点 * 係数」で計算されてたらしく、どうも俺は先公のノートを取らなかった性分で、かつ素行不良なせいか内申点で引っかかってたようです。でもまあふとしたときに知り合いとこんな事話してたら「それってお前が落ちる事を分かってるような言い方だね」と言われ、もしやと思って書いた訳です。

その当時中学校は相対評価を採用していて、早い話が落ちこぼれを作る為のシステムを採用していました。絶対評価が採用されてから、少しはましになったと思いますが。さて会社でも上に気に入られなければクビになるように、学校でも先生のご機嫌を取らねばならない訳ですね。自分の場合、この時期から上の機嫌を取る事が苦手なので会社入っても苦労してます(汗)

まあせっかくなんで思い出話を

まあ試験本番だけいい点を取ろうとすると、多分卒業してから苦労するでしょう。しかしそんな俺でも家庭教師やら塾講師やってました。大学1年生頃少しやってたんですが、生徒からキャーキャー言われてたあの頃が懐かしい。そして家庭教師を始めて、その中で一番思い出に残ってるのは、学校をサボるような子だったなあ。こんな自分だから、曲がったり尖った人の方が得意だった。

ゲームが好きな奴で、派遣先に赴いてまず「プレステのROMをパッケージにしまいなさい」と言った。いやものぐさでプレステ1の黒円盤を何度もダメにした俺だったから、思わず言ってしまった訳だ。円周角の定理の問題を解いたら生徒の母ちゃんに「わかった!って喜んでましたよ」と言われた。

そいでいよいよ入試が近づいて来て、計算問題は落とさせるまいと計算ドリルを用意して対策。自分が中学校使ってた社会のテキストを使う等して対策しましたねえ。いや自分じゃ歴史や地理で出題する箇所をまとめられないし、何よりベテランの先生程面白く授業ができた訳でもなかった。そしていよいよ受験が終了し、お母さんから合格の連絡が来た時は非常に嬉しかった。

余談話

今こそ自分は金の為に働くのみなので、流石にここまでは出来ません。もっとも大学生の世の中を知らないあの時期だから出来た事だと思いますが、この仕事ってやるだけ面白みがあるので是非トライしてみて下さい。特に相手の得意不得意を上手く掴んでおくことは、以下のような状況で役に立つでしょう。

余談ですが自分がゲーム会社の面接官だったら「塾講師をやっていたのですが、難しい問題の解説を担当することとなりました。生徒さんの殆どが基礎的な事をどう組み合わせてよいかが分からない状況でしたので、簡単な例題を交えて説明しました」と答えるプランナー志望の方が居たら、ゲームの知識関係無しに一発で合格を出すと思います。これは小中学生向けのゲームを作る上で役に立つからです。

何故かと言うと、TVゲームって入試問題みたいなものなんですよ。例えばとある高校では10人中5人解ければ良い問題を出題したりして、入試の難易度を調節する訳です。これはゲームでも同様で、10人中5人できれば…と言うようにゲームバランスを調整する事に応用が効くと考えています。

もっとも統計学的な根拠は無いですが、最近の子って携帯ゲーム出身ですから、スーパーマリオ1を1-4まで進められるかな?1-2でワープして4面に進めるかな?

大丈夫だと思うんですけど、割とマジで心配です。正直勉強よりマリオを教えなければと思う今日この頃です。