Aggressive Style 5

Aggressive Style 5

昨今はコミケ関係を中心に書いています。同人やニコニコ動画方面で活躍される方の相互リンクをお待ちしています。

孤独なグルメ(39):コミックマーケット85(C85)のコスプレや企業ブース撮影後、アクアシテイお台場で食べる「西江商店のまぜそば+撒かない飯」

1枚目:エントランス

来るべきコミックマーケットの日がやってきたので、東京ビックサイトまで赴く。案の定凄い人だかりだ。歩きつつ今回「コミックマーケット85(C85) キュートでセクシーなコスプレイヤー30連発!」の記事の方針を立てた。その方針をここに書くと、

  1. 女の子10人*3枚 = 30枚の構成にする
  2. 構図などにはこだわらず、とりあえず綺麗に撮って帰る

c1

2枚目:制服姿のコスプレ

と言う訳で早速向かったのはコスプレ広場。何度も何度も迷ったあげく、いよいよ女の子を撮影する。こんな風に制服の綺麗な女の子に出くわしたので、1枚早速撮影する。

c2

3枚目:反則なコスプレ写真

今度も今度で広場から1枚。衣装の事は一切考えずに白黒写真にして掲載してみた。

c3

4枚目:東ゾーンの様子

この頃で大体12/30位作業が完了したので、pixivで知った「KA-9@1日目フ-53a」さんの同人誌を買いに、東ゾーンまで移動する。大体の位置を推測しながらゴールにたどり着く。購入後「pixiv見てますよ〜」と軽く挨拶しながらこの場を後にする。どうも挨拶する事って大切でTwitterの発言を引用すると、


コミケ参加者にお願い】 好きな作家さんの本を購入されると思いますが、その作家さんがお手すきであれば一言でも良いので感想を言ってあげて下さい。 前の本面白かったのでまた買いに来ました。とか簡単な言葉で良いのでお願いします。 そんな言葉だけで凄く嬉しくなれますので宜しくお願いします(@Aoi_Motoyama様より)

c4

最もお互いが顔を合わせやすいイベントなので、ある程度一声かけたりするのが面白かったりする

5枚目:ローゼンメイデン合わせコスプレ

コミケのコスプレと言ったコスプレの形式の一つに、各アニメの各キャラクターのコスプレ同士で集まる「合わせ」と言うものがある。下記はローゼンメイデンのもので、キャラがほぼ全て網羅されている。

c5

6枚目:ネタコスプレ

又笑いで人を集めるタイプのコスプレもある。これはニコニコ動画かなんかをもじったものだろう。

c6

7枚目:企業ブースエントランス

そして年々規模が増大しているのがこの企業ブースだ。昨今はアニメ会社が参入し、一般的な展示が増えたように思う。数年前だとエロゲー関係の抱き枕などがあったきがするのだが、最近はめっきり減ったように思われる。この界隈の子の衣装も年々真面目になってきた。最も人人人でごった返すので、自分の場合終了1時間前になって撮りに行く事が多い。

c7

8枚目:Microsoftブース

そんな真面目な企業ブースだが、唯一はっちゃけてると言えるのがこのMicrosoftブース。Microsoftと言えば「秋葉原ドスパラに居たwindows 8擬人化「窓辺ゆう」「窓辺あい」に魅せられ、PCクーラー「N1(DEEP COOL)」をレビューすることに(at 秋葉原」以来。

今回はMicrosoft Azureのキャラクター「クラウディア窓辺」の製作秘話的話がされていて、「クラウディア窓辺は艦これの○○ちゃんに似ていて〜。でも言い過ぎると角川に怒られるんだよな〜」など流行のネタを交えて説明している点が上手い。これはまさしく「クラウディアたんの爆誕秘話と今後を聞いてきた!!(ascii)」のようなノリで聞きやすい。

又Internet Explolerのキャラクター「藍澤 祈」(参考動画:Anime Festival Asia Special Video - feat. Inori Aizawa)のコスプレもあったり、どういう風の吹き回しかプリグラミング用のツールVisual Studio」まで販売されていた。前代未聞の戦利品にたじたじしてこの場を去る。

c8

9枚目:コスプレ広場エントランス

そして話を聞き終わった所で、またもや向かったのはコスプレ広場。やはり角川の力は強く、なんと後ろから回り込まないと入場できないようになってしまった。なんと言うか金の亡者の為のイベントとなってしまった感が否めないソーシャルゲームのようにお金を使う人を優遇しなくてはならないのは分かるが、写真を撮りたい自分としてはスペースの面積が狭くなって悲しい。

c9

10枚目:ガンダムのコスプレ

さて気を撮り直してコスプレの撮影と行こう。まずは丁寧に作り込まれたガンダムのコスプレから。

c10

11枚目:コスプレ写真(1)

今度は今度で女の子を掲載しよう。AKB48のような衣装がこりゃまたかわいい。

c11

12枚目:コスプレ写真(2)

次は色々構図を工夫してみたが、結局これが一番綺麗に撮れていたのでここに掲載してみた。

c12

13枚目:コスプレ写真(3)

最後はバニーガールのような衣装の子を。逆光が激しかったので、何とかその影響の少なそうな写真を選択した。

c13

14枚目:コミケ終了!舞台はアクアシテイお台場のスターバックス

そして目標の30枚を達成したので「もう撮らなくてよい!」とお台場に向かう。恐らくコミケに直行する人の大半は自宅直帰か秋葉原であろう。秋葉原コミケの買い忘れた同人誌など戦利品の追加購入の作業にはいる人もいる。しかし俺の場合は例外で、秋葉原より見晴らしの良い場所と言う点で、結果的にアクアシテイお台場へ向かう。店員に「お久しぶりですね〜」と軽く世間話をし、隣に居る欧米系の方からSTARBUCKS WIFIの設定を英語で軽く説明しつつも、記事をなんとか完成する事に成功した。以下暫く自分語りと行こう。

c18

以下自分語りコーナー

そもそもこの記事と言うのは、コミケのレビューと食事のレビューの2つ構成となっている。この構成にする理由は、コミケのコスプレを見に来る人を本ブログに引き込みたいからだ。ここでコミックマーケットは3日間で50万人来るとされる。ここで2日以降連続参加した人は無視すると、この記事を見て来る人は最大0.1%と見込んで、50人。最終的に継続的に見てくれる人の割合を10%と見込んで5人来れば理想かなと見込んでいる。ここで継続的に見てくれる人数は、「継続的に見てくれる人数 = イベント参加者総数 × 本記事を見てくれた人の割合 × 継続的に見てくれた人の割合」と定義できる。

さて今回はCygamesやMobageなどソーシャルゲーム会社の展示も目立った。調子に乗ってソーシャルゲーム業界ではどうして居るかを軽く話す。
「gloopsが語る、1日2億PVソーシャルゲームのデータ分析(Tech総研)」に依れば、ソーシャルゲーム会社では売上を「売上 = Installした人数 × DAU/Install × DPU/DAU × 売上/DPU」と定義している。

ここでDAUはDaily Active Userの略で1日当たりのアクセス数、DPUはDaily Paid Userの略で1日当たりの課金額を表す。つまり「売上 = Installした人数 × 課金した人の割合 × 客単価」で売上を定義している。これはInstallした人全体から、どれだけ課金してくれる人が居るかを意識している。上記二つの事例から「パイ全体からどれだけの人を集めれば良いか?」を意識して売上の見方を定義している。無論パイ全体に用いる数値は過去の資料を根拠として行くのも手だ。

15枚目:アクアシテイお台場のイルミネーション

今度はアクアシテイ構内のイルミネーションの様子でも見ながら、自分語りを続ける。

c15

ここで俺の最大の弱点は、物事の裏側ばかり見て表側を全く見ない事だ。その為作品そのものの話を人に振られたり、「○○は好きですか?」と言う質問は案外答えられない。例えばある人がアニメを見ている時間、統計学の本でも読んでいる性分なのが自分。この性分が尾を引いて、人と話が合わないわ、詰まらない奴と思われそうで本当に困る。

そこで困らないように人気作品の情報を調べ、さらには艦これの人気キャラクター位は調べた。その結果艦これの名前が振りやすくなったのが嬉しい。今後も他のアニメのキャラクター位はきちんと調べて撮影に臨みたい所だ。

16枚目:ラーメン横丁的なエリアへ

と長い自分語りはここまでにして。スターバックスでの作業が終わったのでラーメンを食べに行く事に。まずは入り口の様子から。

c16

17枚目:西江商店のまぜそば+撒かない飯

今回はテラス席で食事をする事に。この時期のお台場はレインボーブリッジが綺麗で、人気の無いテラス席を贅沢に孤独に楽しむ。今回は料理の味と言うか場所を選んだ。やはり家族連れやカップルが遊びに来ていて、精進落としならぬコミケ落としにぴったりの場所と思う。そんなコミケ落としの気分を感じていたらいよいよ食事が到着。

早速食すと大手の油そばに似たものだが、卵と豚骨ベースなせいか脂ぎってなくて食べやすい。するする〜と適量に麺やチャーシューをほおばり、次はいよいよ撒かない飯だ。腹が減っていた、状態だったので味と言うか量があって嬉しかった。美味しく角煮チャーシューを頂き、軽く平らげてこの場を後にした。

c17

過去記事(コスプレ系)

過去記事(イベント後)