Aggressive Style 5

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aggressive Style 5

昨今はコミケ関係を中心に書いています。同人やニコニコ動画方面で活躍される方の相互リンクをお待ちしています。

Thank u for coming my blog 2013!(1):2013/1/1 〜 2013/12/13までのgoogle analyticsのアクセス状況をまとめてみた

皆さんいよいよ師走の真っただ中ですねえ。すっかり肌寒い季節となりましたが、クラブや商店等を筆頭としたクリスマス/年末イベントや、コミックマーケット、さらにはイルミネーションなどが綺麗な季節となりました。

Illumination -01

またYouTubeの方でYouTube Rewind 2013と今年一年の振り返る一幕も。そこで本ブログの方でも、今年一年のアクセス面での振り返りをしてみようと思って記事にしました。是非是非読んで帰って下さいね。どちらかと言えば普段からブログを読んで頂いている方向けの記事となります。

準備.本ブログを部門分けすると

まず本ブログの記事をいくつかの部門分けすると、以下の4つに大別できます。

  1. 就職部門
  2. 風俗体験記事部門
  3. イベントコンパニオン/コスプレイヤー部門
  4. 食欲部門

今回はこの内、就職部門、風俗体験記事部門、イベントコンパニオン/コスプレイヤー部門を中心にアクセス状況を見て行こうと思います。まずは「1/1〜12/13」までの各記事のアクセス数とその比較を下に記します。

1.今年のアクセス数上位トップ10


順位 記事タイトル ページビュー数 訪問者数 平均ページ滞在時間 直帰率 公開開始日 公開期間 訪問者数/公開期間
1 面接の自己紹介では、面接官が知りたい情報の概要を話せば良い 29816 27373 296.72 88.23% 2013/2/1 315 87
2 面接官が「何故他社じゃなくてうちの会社なの?」と志望動機を聞く4つの理由 25159 23668 343.65 94.06% 2013/1/23 324 73
3 もはや廃墟と言っていい埼玉県西川口の模様 16137 15316 177.19 89.22% 2009/6/3 1654 9
4
5 美人の女の子が勢揃い!東京オートサロン2013(TAS2013) コンパニオン写真30選 12847 9658 132.02 79.06% 2013/1/12 335 29
6 風俗体験レポート名古屋遠征編:長旅の先で見つけた、ロリロリで早熟すぎる18歳 12738 11983 271.65 92.85% 2011/12/18 726 17
7 風俗レポート宇都宮編(なんとか9都道府県目達成):やや中華な感じの栃木県「鬱の宮」 12321 11579 275.60 93.12% 2012/8/8 492 24
8 風俗体験レポート静岡編(通算7都道府県目):竹を割った雰囲気の人妻のSちゃん 10494 9945 327.84 93.19% 2012/8/1 499 20
9 いかにも怪しい路地裏の多い、新潟駅万代口周辺の繁華街(風俗地帯)を歩く 7284 6047 202.79 76.77% 2013/8/9 126 48
10 風俗巡礼群馬編 後編:いよいよ通算10都道府県目。抱き心地が良くほんわかなNちゃん 5095 4484 160.28 86.37% 2012/9/2 467 10

上位10位の記事のうち、どの部門がどれだけ訪問者数を集めているかを調べてみました。まず風俗体験記事部門が48%、就職部門が42%、イベントコンパニオン/コスプレイヤー部門が10%となります。

2.各部門毎のアクセス状況の比較

ここからは各部門毎のアクセス状況の違いをみてみましょう。



図1:トップ10各部門毎のアクセス比率(1/1 - 12/13)

ここで訪問数/公開期間は1日あたりの訪問数を指します。この値が低い程、その場限りの記事だった事が分かりますし、多ければ多い程1日当たりの需要が高い事が予想できます。ここでこの表から読み取れる点をまとめると、

  1. 就職関連の記事は、訪問者数も20'000以上でかつ、1日当たりのアクセス数が70以上と高い
  2. その他の記事の1日当たりのアクセス数は20台で落ち着いている
  3. 平均サイト滞在時間はイベント系が130台、その他は長くて300台を記録
  4. 直帰率はイベント系の記事が低めで72.9%、その他は80%以上を記録している

と言う事が分かりました。ぶっちゃげ今年1年においては一番アクセスの効率が良いのが就職関係の記事のようです。来年どれだけこのような記事を見に来てくれるかは謎ですが。一方イベントコンパニオン系の記事の様子はと言うと、平均サイト滞在時間が130と予想通り短めですが、直帰率が72.9%と一番低い数値を記録している事が分かります。さらに以下のように各記事の代表的な記事を抽出し、各部門毎の結果を比較してみます。

部門の代表的な記事同士の比較


順位 記事タイトル ページビュー数 訪問者数 公開開始日 公開期間 訪問者数/公開期間 標準偏差
1 面接の自己紹介では、面接官が知りたい情報の概要を話せば良い 29816 27373 2013/2/1 315 87 89
5 美人の女の子が勢揃い!東京オートサロン2013(TAS2013) コンパニオン写真30選 12847 9658 2013/1/12 335 29 59.2
6 風俗体験レポート名古屋遠征編:長旅の先で見つけた、ロリロリで早熟すぎる18歳 12738 11983 2011/12/18 726 17 12.95

まず就職関連の記事(青)は、就活シーズンと言うべき3月〜6月位の間にアクセスが集中しています。次にイベントコンパニオン系(赤)の記事だとやはりイベント会期中に注目が集まっているようです。東京モーターショーの時期にどういう訳だかアクセスが集中したのには驚きです。風俗体験記事(緑)は標準偏差が12.95と一番低めの数値で、毎日で訪問数のばらつきが少ない状況です。3つともそれぞれ違う特性を持っているのが面白いですね。



図2:各部門の代表記事のアクセスの推移(1/1 - 12/13)

反省点

と、アクセスの現状を色々まとめてみましたが一番の課題は直帰率だと思います。この数値を以下に下げられないか?と思い、フッターにカテゴリー検索やページ内検索を追加してみました。従来は出来る限りシンプルと思って無くしたのですが、他のブログにありそうな機能を追加してみました。この他機能面以外の反省点が見つかったら随時改善して行きたいです。

最後に

最もこんな記事を書く一番の理由はマイブームならぬマイオ○コンチャートを作りたいからです。紅白歌合戦なりオ○コンチャートなり選挙など、誰かが1位取るのなんて決まっている事ですし、又はそう仕向けるものだと思ってますので。当たり前ですが、それじゃあどのCDがどれだけ売れているかという正確な情報はえられませんよね?

それじゃつまんねえな。じゃ、自分のオ○コンチャートを作っちゃえ♩と言う事きっかけでここまでやって来た訳です。実際自分で得たデータいじってる方が、人がまとめたランキングなんかより色々見えるものがあって楽しいですよ。これをきっかけに是非皆さんもお試しあれ♩

最後に本記事の各種データが、皆さんのインターネット活動を加速させるきっかけになれば幸いです。

過去記事