Aggressive Style 5

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aggressive Style 5

昨今はコミケ関係を中心に書いています。同人やニコニコ動画方面で活躍される方の相互リンクをお待ちしています。

「俺のアダルトビデオ論 」触発されて、俺のアダルトビデオ論を書いてしまった

性欲

はてな匿名ダイヤリーの方で、「俺のアダルトビデオ論 」と言う話が盛り上がっている。どうもナンパもののAVが不満で、「俺にやらせろ!」と言う素晴らしい声が上がっています。とこんな文章に触発されて、「俺のアダルトビデオ論」を書いてみました。

たとえば、ナンパもののAVでいえば、最近のありがちなAVでは、まず茶髪のねえちゃんに声かけして、ちゃらちゃら下品に笑うその女をいかにもな車に連れ込み、最初はニヤニヤしながらもワザとらしく戸惑っている風をみせている女の巨乳を男優が揉みしだいたら、女のスイッチは俄にオン、さっきまでのヘラヘラ顔が嘘みたいに感じまくって、おっぱい触ったくらいで大袈裟に喘ぎだす。

おっぱい舐めおわって、いよいよ下の方へと男優の舌が向かうと、車内には動物の鳴き声がうるさいほど響き渡り、やがてバイブでも使われたときには、こちらはついに耐えられなくなって画面を閉じてしまう。(「俺のアダルトビデオ論 (はてな匿名ダイヤリー)」より)

自分のAV遍歴について

まず本題から離れて、ここ10年位でよくお世話になったAV女優の話でも始めます。昨今はギャル系にハマっていまして、RUMIKAやら武藤クレアやらをさんざっぱら見ていました。就職浪人の時に衝撃を受けたのがRUMIKAと水澤りのがやってた「コムスメ×よろず相談所(プレステージ)」ですね。冒頭から就職に困った人を二人が罵倒するんですけど、言っている事がごもっとも過ぎてAV所ではなかったですね。そりゃあ台本もあるだろうけど、案外マジで言ってるんじゃないか?と思った事があります。

ロリータっぽい子だったら麻倉憂とかつぼみなんかもたまに見ます。って最近AV女優はどんどん引退してしまうし、最近のAV女優事情に疎い次第です。と、ここからが本題といきます。以下AVに色気のない理由、もとい俺のアダルトビデオ論を書きましたので読んで下さい。

自分のアダルトビデオ論

1.男と女ではそもそもベクトルが違う

1点目はAVに関わる男と女ではベクトルが違うからです。我々男はオナニーのため、己の道楽の為、自己満足の高みにのぼるためにAVを見ます。しかし女と言えば、例えば目立ちたいだとか、あるいはお金が欲しいとかって色々目的ってあると思うんですよ。お金と言っても使い道は様々で、それこそホストに使うだとか、化粧品なり洋服なり旅行なりエステなり。一方風俗やキャバクラの場合だと学費に充てるだとか、タレント活動や芸能で目立ったりするために、副業としてやるなど様々だと思います。

さて、これだけを考えても色気もかけらもないでしょ。女の子にしてもお金の為だったり自分の目立つ為にやってる訳ですから、どうしても我々とベクトルが違うのは仕方がない。だから仕事で演技しろってなれば演技する事となる場合も多くなる。そもそもあなたが嫌な仕事についたら、上の意向にただ従うだけで一日を終えるでしょ。それと同じ事だと思います。

2.現場の意向やAV女優自体がそれに手慣れているから

2点目は現場の意向で結果的に色気が出ない場合ですね。今回はAV女優の喘ぎ声がクローズアップされているので、喘ぎ声を例にだしましょう。まず前提として明らかな演技でも満足する客層が居ると言う事ですね。当然それ向けのAVを作る訳ですし。さてこうなって来ると、政治で言う左派と右派に分かれて来る訳ですよね。要は喘ぎ声大好きな右派と、喘ぎ声大嫌いな左派に分かれて来る訳ですね。だからこそ左派向けの人を如何に満足させて、次につなげるかが肝心になって来るように思います。

もっと話を拡大させると俺なんかは、インターネットを武器にテレビに文句言う事もあります。これにしてもそもそもテレビと言う右派と、ネットと言う左派に分かれて戦ってるものでしょ?当然テレビがある限り、テレビが好きな人向けの右派向けの商品も売れるし、テレビが嫌いな人向けの左派向けの商品も売れる構図となる訳です。

3.撮影の際に女の子と現場の意気が合わない場合がある

3点目は撮影の際に女の子が緊張気味だとか、疲れ気味の場合、そもそも撮影側と意気が合わない場合があるからです。撮影前とかに女の子と現場の雰囲気を損ねると、女の子の緊張や疲れがどっと来る場合もありそうです。

仕事歴の長い子程仕事は上手い。でも...

そりゃあ撮影関係やってる子って確実な表情作って下さるし、作り方の完璧さなどで女の子の違いってものも生まれて来るわけじゃないですか。

蛇足だけど上に上がるような子程その切り替えも早い。過去六本木のMercedes Benz Connectionでエビちゃんの撮影風景なんてものを見たんですが、下手なモデルの数倍切り替えるのが早い。そりゃあ場数を踏んでるから速いだけの話なんだけど、なんじゃそりゃ?と思ったもんです。

そりゃあ撮影側と意気合わせたり確実に仕事が出来る子も居るでしょうが、全員が全員そうじゃないはず。各個人の顔立ち、体つき、雰囲気、性格、好み等に応じて、撮影をして行く事も大切ですよね。偉そうに講釈たれましたが、ともかく女の子と仲良くなる術を身につけ、女の子の素の部分を出せるように心がけねばなりませんね。

参考になればと思い、自分の趣味の撮影の話を書く事にした

1にも2にも実物以上に綺麗に!

俺はここでコスプレやイベントコンパニオンの写真を散々載せてきました。一番心がけている事は、単焦点レンズを使って明るく撮ろうと、場合に依ってはPhotoshopを使って修正しようと、まず結果的に綺麗に仕上げると言う事。それ以外の御託は一切必要ないと言う事です。

なぜこんな事をモットーとするか?本日2回目になりますが、それは実物以上の自分を見て満足する女の子が居るからです。その為出来上がりは良ければ良いに超す事がないですしね。

例えば「デカ目プリクラ」とか、洋服の試着の「細く見える鏡」など女の子を誘惑するアイテムが街に溢れています。細く見える鏡を見て「おっ!細く見える」と思って舞い上がっちゃって購入しちゃうパターンですね。そこで気分が高揚して買っちゃうのが女の子と言うものです。無論水を差す事を言おう物なら、我々がぶっ叩かれる訳ですね(笑)。

ともかく個人的に女の子を動かす場合「おっ!細く見える」と言った感情的な部分に如何に訴えかけられるかが肝心だと思っています。上記は甲府(山梨)でヘルス嬢と話した内容が基ですが、こんなやり方もあるんだと思って頂ければ幸いです。

自分の得意なフィールドを見つける

さて今度は自分だったら、どのようなAVを作るかについて軽く話します。それはロケ地などを工夫したAVです。出来る限り女の子の好きそうな雰囲気の場所で撮影するか、あらかじめ雰囲気のある場所で撮影する事を考えます。

一つ目の例は横浜の高層ホテルです。過去風俗の体験動画を見ていて、この子なんか緊張気味で硬いな〜と思った事がありましてね。いっその事中華街かカフェなんかで打ち合わせして、横浜のホテルの屋上で撮影とか。横浜だと観覧車が見えるから、女の子の気分転換にいいかなと。何か開放的になりすぎちゃって撮影の予定が未定になりそうですけどね。ともかく背景に観覧車が写るようにとかロケーションを変えちゃうのも手ですよね

二つ目の例は、熱海の糸川近辺です。糸川の橋近辺で着物来てあるくイメージシーン、温泉に入ってるシーンなんかを撮影。そして旅館で静かにプレイをするシーンでも撮影かな?何か二人でゆっくり温泉に入りながらプレイをするような感じでやってみますか。難易度は高くなるけど2月位だと桜が咲いてるので、女の子の違った一面を出すにはいいはずですし。まあ熱海と言えば元赤線街ですし、普通の場所よりもいかがわしいので雰囲気は出るものだと確信して止みません(笑)。

で、何でこういう案を出すかと言いますと俺は全国の風俗を回ったりして、色んな場所を回ってるからです。だから場所に関しては得意で、それに関する作品を作ってしまえと言う事です。自分はAV撮影の経験や、風俗やキャバクラの写真撮影の経験もありません。ただ趣味の範疇で物を言うのなら、何かと色々やって来ると自分の得意な物も見えて来ると思います。仮にAV会社の面接で落とされたとしても、常に色々やってみて下さい。

最後に:とにもかくにも面接を受けなさい!

最後にとにもかくにも面接を受けなければ始まらない。かくいう自分も過去AV会社を受けた事がありました。数年前東京の大塚まで行ってグループ面接した事があります。面接では何を言ったかは忘れましたが、その後グループ面接した人間全員で近くのマックでお茶して帰った事があります。

そのときのもう一人が又凄く、自分でPHP+SQLで海外のAV女優のサイトを作るなど俺より一歩も二歩も先んじんでました。もっとも面接でPlayboyの話をするくらいでしたから、情熱のかけようが俺とは違いましたね。案外話すと思うんですけど自分より情熱のある奴なんて五万と居ますよ(笑)。自分がこの面接で一番勉強した事はしそれでした。そして彼の過去の仕事の苦労話は本当に面白かったし、業界の仕組みをちょっと知る事ができて面白かったですね。ともかく、面接で違った刺激を受けて来ると事です。最後に元増田さんが面接を受験し、受かっても落ちても健闘される事を心より願います。

過去記事

なんか読んでて自分の若い頃が懐かしいなあ。あの日あの時、若いからこそできたんだろうなって思ってしまう事も数知れずです。