Aggressive Style 5

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aggressive Style 5

昨今はコミケ関係を中心に書いています。同人やニコニコ動画方面で活躍される方の相互リンクをお待ちしています。

二人のグルメ(7):二人で美味しく食べる「飯盛山 元祖会津ソースカツ 串鶴」のささみカツ(\300)

福島二人旅もいよいよ大詰めを迎え、会津若松を訪れてから飯盛山までバスで移動する事にした。俺は以前のレビュ「おいしい飲み物(6):ゆずとかすかな日本酒の苦さの香る「造り酒屋の ゆずのお酒(榮川酒造)」のネタの為に酒を飲み、すっかり泥酔状態。バスや電車で眠りにつきつつ、知り合いに起こされつついよいよ飯岡山へ。

Aizu Wakamatsu(1)

すっかり息も絶え絶えになり、知り合いに迷惑をかけつつ上にのぼる。途中で休むついでレビューにちょうど良い場所を見つける。以前NEWSDAYSの会津ソースカツのおにぎりを食べ、是非本物を食べたいと思って中に入った。

Aizu Wakamatsu(3)

そういえばこういう観光地の出店は「孤独のグルメ(1):伊豆半島の河津桜に負けない甘さの「わさび肉まん」」以来だ。あの頃は川と桃色の桜に囲まれ開放的だったが、今回は周囲の山々の緑が落ち着きを際立たせている。

知り合いは卵のソースカツ、俺はささみソースカツを注文し、暫く待ってから料理が到着。旅先で疲れたとき、また帰って来た時に軽く食べるにはちょうど良い。そして当のお味はと言うと、衣が大変厚くて熱が逃げない構造になっている。さらに中の鶏肉も又さっぱりしていて美味しい。酒が入った後だったので、これが丁度おつまみとして上手く機能していた。そして美味しく食べ、知り合いとさらに階段をのぼる事に。

Aizu Wakamatsu(2)

俺は息が絶え絶えになり、肺がぶっ壊れるんじゃ無いかと強い動悸にみまわれた。

Aizu Wakamatsu(4)

そしていよいよ頂上へ。どうやら白虎隊のお墓やらが展示されており、線香を添える場所まで丁寧に添えられていた。

Aizu Wakamatsu(6)

知り合いは近くのベンチで休む結果となったが、知り合いはゆっくりと当たりを見回す余裕の状況。アプリケーションを起動したりと快調だ。

Aizu Wakamatsu(7)

そして当たりを見回し、頂上から会津若松の町並みを拝み、昔ながらの建物に入ってみるなど短い時間ながら様々楽しんだ。

P1200523

時間が経つにつれ余裕が出て来た。丁度滝があり、青森の奥入瀬渓流でよくやるような撮り方で写真を撮る位まで回復した。

Aizu Wakamatsu(8)

そんなこんなで帰る時間がやって来た。帰りのバスはどうやら会津若松を一周していたようだが、俺は全くわからず眠りに落ちた。そしていよいよバスは会津若松駅に到着し、知り合いに叩き起こされ、帰りの電車に乗り込むのだった。

福島二人旅の過去記事