Aggressive Style 5

Aggressive Style 5

昨今はコミケ関係を中心に書いています。同人やニコニコ動画方面で活躍される方の相互リンクをお待ちしています。

景色の綺麗なカフェ(2):岩場の綺麗な光景の千葉県保田の「Cafe 岬」

知り合いと梅乃家に行った後は、休憩がてらCafe 岬の方に向かった。念のため休日カフェめぐりの本を用意し、協議の結果ここに決まったと言う訳。ちなみに過去の「Cafe TSUMUGI」「喫茶 竹長」等は全てここの情報だったりする。


休日のカフェめぐり千葉 増補版

休日のカフェめぐり千葉 増補版

そんなこんなで危険きわまりない運転を続ける。どうにもこうにも鋸山近辺は狭くて走りにくい。話変わってTopGearの企画「Race across Japan part 1 - Top Gear - BBC」等)で、 Jeremy Clackson(Twitter:@JeremyClarkson)やStaffはこんな道を走ったのかと感激する。

そして鋸山のトンネル前がどうやらゴールなようだ。暗いトンネルから車が来るので、見通しが悪く怖い。タイミングを見計らって右に曲がり中に入る。

Cafe Misaki(1)

店内はどうやら営業中であった。可愛らしい「商い中」などの置物が目に入る。

Cafe Misaki(5)

そして店内に入ると、狭いながらに落ち着いた感じだ。Cafe GAKE同様バードウオッチングができるよう双眼鏡が用意されていた。客層はと言えば、全国から色々来て居る人も多く、ツーリングやドライブのついでにと言う方が多いようだ。店内からは様々な音楽が心地よく流れ、この場をかるく盛り上げていた。

Cafe Misaki(2)

さらに崖や岩場の方をゆっくり除いてみた。東京湾は日本海側と同じく西に海があるので、夕焼けをゆっくり見る事ができそうだ。

Cafe Misaki(3)

そしてお店全体を覗いてみよう。青いプレハブ小屋のような簡素なたたずまいが、又家庭的で趣味の出店のような雰囲気を際立たせる。なんだか趣味でこんな事をやっても良いと思い、お店を後にするのだった。

Cafe Misaki(4)

知り合い曰く「雑誌の写真と雰囲気が違う」と言っていた。上の雑誌はメインの写真に背景をぼがしたものを掲載していて、綺麗に見せ過ぎている事が原因のように思われる。単焦点レンズを使って撮影すりゃあ、そりゃあそうなるよねと思ったのだ。どうも単焦点レンズは人を綺麗に撮るのには良いのだが、下手にぼがすとその場の雰囲気を損なうことがあるようだ。ちなみにバナナジュースを美味しく頂き、非常にいいひとときだったのは言うまでもない。

過去記事