Aggressive Style 5

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aggressive Style 5

昨今はコミケ関係を中心に書いています。同人やニコニコ動画方面で活躍される方の相互リンクをお待ちしています。

二人のグルメ(5):男2人で食べるチャーシュー8枚大盛りで900円:竹岡ラーメンでおなじみの「梅乃家」

この日も調子に乗って借り物の車を乗り回し、交通事故の恐怖に怯えながら車を走らせる。通勤を始めたが、どうも車に対する恐怖が消えず困っている。恐怖を解消するために、知り合いに同乗してもらって練習がてら千葉県の内房線沿いに。

まず知り合いを迎えに車を走らせる。いつもと違う通勤ルートを走るので、かなり緊張気味に走る事に。途中気を付けながら気をつけながら移動する。そしていよいよ待ち合わせ場所で待ち、知り合いと合流する。今回は自分の運転のもと移動。途中「左に寄るな。事故るぞ」「教習所の教官の気持ちだ」など、何度もご指導を受け、怖い思いをしながらいよいよ内房線方面に出る。

以前館山に行った時は楽だったが、今回はそうも行かなかった。電車移動と車移動の違いと車ならではの恐ろしさを経験しながらいよいよ竹岡に。梅乃家の駐車場前にさしかかり、何度も教えてもらうもダメで、いよいよ知り合いに車をバックしてもらう。周囲の車に当たらないか注視して、何とか車をゴールに入れる。

エントランス

梅乃家につくとこれが見事なまでの行列だった。行列をかき分け、待つ事2〜30分。漸くメニューを注文する番が来た。俺はチャーシュー薬味大盛り(\900)を注文。そして暫く二人して注文を待つといよいよラーメンが到着した。

P1200911

チャーシュー薬味大盛り(\900)

そして待ちに待ったチャーシュー薬味大盛が登場する。ここのラーメンの一番の良さはやはりチャーシュー。通常のラーメン屋のうっすいチャーシューなんか比べ物にならない程分厚く、しかも肉の味がものすごくする。スープは醤油そのまんまで塩辛いシンプルな味だ。そのせいか麺も醤油色に染まっている点が又ここならではだ。

IMG_9618

そんなこんなでラーメンを食べ始める。まずは醤油に染まった麺を順々に片付けて行く。六厘舎TOKYOの特盛などに比べたら量は少なめだ。背脂ラーメンや醤油豚骨多ラーメン程脂ぎとぎとではないので、比較的簡単に食べ進める事が可能だ。但し醤油がものすごく多いので、水を入れながらペースを戻す。

IMG_9620

さらに途中から、丼に卵を落とすのと同じ要領で七味唐辛子を投入。これがまた辛さの効いてしまった味に変貌。最後にチャーシューを数枚残し、軽く平らげて行く。そしていよいよ完食。知り合いと一緒に代金を払い外にでる。

そして暫く休んでから車に乗る。又走行経路を知り合いに見てもらって、狭い道をかろうじで外に抜ける。そして知り合いから「一人では絶対に来るな」と怒られ、二度とここに来る事は無いだろうと胸に刻み、店を後にするのだった。

そう。梅乃家の唯一の弱点は、車で来る上での駐車場が狭過ぎるという事。近くに無料駐車場がもっと解放されていて欲しいとすら思う。

梅乃家

食べログ梅乃家

過去記事