Aggressive Style 5

Aggressive Style 5

昨今はコミケ関係を中心に書いています。同人やニコニコ動画方面で活躍される方の相互リンクをお待ちしています。

労働基準法15条における明示事項と、労働契約書と労働条件通知書について復習してみた

まずは労働基準法15条を確認

仕事場で労働基準法15条に関する書類の作成を行った。詳細を忘れぬよう復習をしようと思い、記事にまとめる事にした。まず労働基準法15条とは労働契約書並びに労働条件通知書に記載せねばならない事の説明が書かれている。


  • (労働条件の明示)
  • 第十五条  使用者は、労働契約の締結に際し、労働者に対して賃金、労働時間その他の労働条件を明示しなければならない。この場合において、賃金及び労働時間に関する事項その他の厚生労働省令で定める事項については、厚生労働省令で定める方法により明示しなければならない。
  • ○2  前項の規定によつて明示された労働条件が事実と相違する場合においては、労働者は、即時に労働契約を解除することができる。
  • ○3  前項の場合、就業のために住居を変更した労働者が、契約解除の日から十四日以内に帰郷する場合においては、使用者は、必要な旅費を負担しなければならない。

書類を届け出るのに必要な事項(労働基準法89条)

具体的に何を記載すべきかについては労働基準法89条に記載されている。「〜においては」と前置きの無いものは絶対的明示事項、ある物を相対的明示事項と言う。


  • (作成及び届出の義務)
  • 第八十九条  常時十人以上の労働者を使用する使用者は、次に掲げる事項について就業規則を作成し、行政官庁に届け出なければならない。次に掲げる事項を変更した場合においても、同様とする。
  • 一  始業及び終業の時刻、休憩時間、休日、休暇並びに労働者を二組以上に分けて交替に就業させる場合においては就業時転換に関する事項
  • 二  賃金(臨時の賃金等を除く。以下この号において同じ。)の決定、<計算及び支払の方法、賃金の締切り及び支払の時期並びに昇給に関する事項
  • 三  退職に関する事項(解雇の事由を含む。)
  • 三の二  退職手当の定めをする場合においては、適用される労働者の範囲、退職手当の決定、計算及び支払の方法並びに退職手当の支払の時期に関する事項
  • 四  臨時の賃金等(退職手当を除く。)及び最低賃金額の定めをする場合においては、これに関する事項
  • 五  労働者に食費、作業用品その他の負担をさせる定めをする場合においては、これに関する事項
  • 六  安全及び衛生に関する定めをする場合においては、これに関する事項
  • 七  職業訓練に関する定めをする場合においては、これに関する事項
  • 八  災害補償及び業務外の傷病扶助に関する定めをする場合においては、これに関する事項
  • 九  表彰及び制裁の定めをする場合においては、その種類及び程度に関する事項
  • 十  前各号に掲げるもののほか、当該事業場の労働者のすべてに適用される定めをする場合においては、これに関する事項

絶対的明示事項をまとめてみた

絶対的明示事項労働時間及び休日、賃金、退職の3つに分けてまとめると、以下のようになる。

労働時間、休日について
  1. 始業及び終業の時刻
  2. 休憩時間
  3. 休日、休暇
  4. 並びに労働者を二組以上に分けて交替に就業させる場合においては就業時転換に関する事項

賃金について
  1. 賃金の計算及び支払の方法
  2. 賃金の締切り及び支払の時期
  3. 昇給に関する事項

退職について
  1. 退職に関する事項(解雇の事由を含む。)

労働契約書と労働条件通知書との違い

労働契約書と労働条件通知書との違いは、労働契約は労働者の合意を求める物に対し、労働条件通知書はあくまで使用者側が労働者に通知するだけと言う点だ。もちろん土台は労働基準法15条及び89条にある。

  • 労働契約書:労働契約について、労使双方がそれぞれ署名してその権利義務を確認する
  • 労働条件通知書>(雇入通知書):労働条件の内容について使用者が労働者に対して一方的に通知する形式

注:就業規則も確認!

尚、労働契約書と労働条件通知書を作る前に就業規則をきちんと確認しておこう。その根拠は労働契約法12条で、基本的に「労働契約<就業規則」の関係にある。そして就業規則に書いてある内容であるか確認しながら書類を作成したい。書類を写しつつ、きちんと根拠を追っかけて確認するようにしたい。


  • (就業規則違反の労働契約)
  • 第十二条  就業規則で定める基準に達しない労働条件を定める労働契約は、その部分については、無効とする。この場合において、無効となった部分は、就業規則で定める基準による。

参考Webサイト

おまけ

具体的な内容の真偽は皆さんに確認してもらうとして、思えば「Webプログラマーを志す学生さんが、学生のうちにやっておきたい11の事」を書いたときは、プログラムのおまけ程度と言うかネットで細々と書く程度だったが、まさか仕事で携わる事になるとは思っても見なかった。ま、もっとも仕事の復習をここに書くのって、客寄せのきっかけを新たに作ってアクセス稼ぎする為だったりする。