Aggressive Style 5

Aggressive Style 5

昨今はコミケ関係を中心に書いています。同人やニコニコ動画方面で活躍される方の相互リンクをお待ちしています。

孤独のグルメ(35):醤油と脂多めのチャーシューメンとシンプルで美味しい餃子(ラーメン大龍 市原店)

千葉県某所で仕事が始まり、嫌々車通勤が始まった。当然仕事上での一番の頭痛の種はやはり車通勤。最初の頃は毎日命がけで通勤が始まり、「何でこんな仕打ちを」と地獄に突き落とされたかのような気分になる。後ろからの車に煽られ、クラクションを鳴らされ、酷い時は無理矢理追い抜かれる。そしてしぶしぶ車を路肩に止めてやる日々が続く。しかしferrariやMercedes SL350等の時は、歯向かっても仕方が無いので喜んでゆっくり走る。「黒のFerrari自分も欲しい。同乗してる女の質も高そうだね」「Ferrariにでも乗ればこんなに煽られる事なんて無いのに」と思いつつ通勤を続けて行く。

そんな恐怖と戦いながら二週間が経過。この日は知り合いと会う約束をしたので、ラーメン屋天龍の方まで車を走らせた。いつもの通勤帰りの途中にあるようで、そのお店は丁度道の左側にあったので駐車してみる。ギヤをRに入れるが、思うように車がまっすぐにならなくて困った。何度か困っていると漸く車が横の車と平行になったようなので、そのままエンジンを切り店内へ急ぐ。

入り口

送信者 2013-09-13

知り合いは19:15以降に来るという連絡が入ったので、知り合いに指示通り先に注文を取る。夜なのもあり綺麗な入り口に出くわす。

送信者 2013-09-13

ラーメン

そしていざ注文を取り、ラーメンを食す。おなじみの醤油ラーメンと言った感じ。

送信者 2013年9月13日

ラーメンの地域別の違いを挙げると、下の図のようになる。


店名:地域 梅乃屋:竹岡(千葉県) 全般:市原(千葉県) 青島ラーメン:新潟(新潟県) 源来軒:喜多方(福島県)
味の違い 醤油のみで脂の味が無い。麺は乾麺 基本は醤油だが、豚や鳥の脂が強くドロドロ。東京のラーメンに近い。 薄めの脂だが、しょうがが強めに入っている 使っている水が本当に綺麗。脂や醤油が透き通っていておいしい

そいでもってここは市原なので、やはり脂は強めだ。脂が美味しいとともに、チャーシューの量もなかなかあってよい。麺によくスープが絡み、いっぱい食べていく。そして次はぎょうざ。キャベツの味にかるくニンニクが乗っかってておいしい味わいだ。確か「孤独のグルメ」の原作では主人公がぎょうざと飯を同時に食えない光景が描かれていたが、ここではそういう事は無かった。さて筆者は東京駅の六厘舎TOKYOの魚粉ラーメン、大阪発祥の神座(渋谷)、池袋の屯ちん、錦糸町の双麺などと様々なラーメンを食べて来た。様々なラーメンを食べた後で食べるこのシンプルな味は格別だ。

送信者 2013年9月13日

食べ終わった所で店内を見回す。この年季が入り歴史を刻んだかのような風貌はどこか懐かしさを感じさせる。ちょうど甲府新潟にある古びたソープランドや、西川口の古びた焼き鳥屋に行った時のようで、非常に情緒のある時間を過ごす。夫婦でお店を営んでおり、仕事帰りのオッサンがここで酒を煽って帰るような静かで独りな光景がまた、この場所の雰囲気を際立たせる。

送信者 2013-09-13

手作りの折り紙が又我が家にでも戻って来たかのような感じにさせられる。様々な色の折り紙が又、色とりどりさを感じる事ができる。そして右を向けば縁起物の数々を見る事をできる。だるまなんてラーメン屋で見たのなんて初めてだ。そして迎えた19:15。知り合いに頼まれたもつ煮込みを注文し、知り合いを待つのだった。

送信者 2013-09-13

過去記事