Aggressive Style 5

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aggressive Style 5

昨今はコミケ関係を中心に書いています。同人やニコニコ動画方面で活躍される方の相互リンクをお待ちしています。

孤独のグルメ(8):キャンドルの照明の美しいConceal.cafe SAKURAGAOKAの「牛すじと大根の煮物」とおすすめ赤ワイン(Conceal.cafe SAKURAGAOKA:渋谷)

食欲

立て込んでいた仕事が終わり漸く自由なひとときが訪れた気がする。そんなこんなで昼もカフェに行ったのだが、夜もまた行きたいと思い向かったのは「Conceal.cafe SAKURAGAOKA」だ。まず入り口に入ろうとすると立て看板がお出迎えする。

送信者 渋谷美味しいもの

店内はドアで仕切られ、先を期待させられる。そしてドアをあけて眼前に広がったのは西洋の美術館のような異空間であった。お店は位感じの暖色系の照明が綺麗に照らし、綺麗な絵画、ボロボロな感じを旨く出した感じの壁面がまた西洋の美術作品のような雰囲気を醸し出している。椅子に座るや否やキャンドルの明るい光がまた落ち着きを感じさせる。客層も若い子が多く、世間話に花を咲かせている。

送信者 渋谷美味しいもの

そして中に入り、「牛すじ大根の煮物」とおすすめ赤ワインを注文してしばらく待つ。それにしても遅いと思ってしばらく待っていると到着したのが、牛すじ大根の煮物が到着したので早速食す。

送信者 渋谷美味しいもの

いざ食すと牛すじの柔らかさが大変美味しくどんどん頂く。だし汁に牛肉のだしが乗っていて大変な濃厚な感じだ。トマトソースとドミグラフソースの濃さ適度なせいもあってか、大根と肉の味が引き立たせている。

送信者 渋谷美味しいもの

ワインを飲むと、ワインのアルコールの辛さとぶどうの果汁が口の中を綺麗に洗い、次に口を運ぶ手助けをしてくれる。赤ワインに助けられつつ一口、二口と料理を口に運び、何度も「美味しい」と小言を言ってしまう。そして料理との最後の分かれを惜しむかの如く料理を口の中に運び、この素晴らしい瞬間と別れる。

そしてこの素晴らしいひと時を残しておきたいと思い、鞄からmacbook airを取り出してみた。照明が暗かったためキーボードのバックライトを点灯し、雰囲気を出す。macbook airの銀、暖色系の照明、キーボードの青くて明るい光が綺麗に合わさりいつもより暖かい雰囲気をより一層際立たせる。

送信者 渋谷美味しいもの

さらに飲み終えたワインとキャンドルの光を綺麗に撮ってみたり、オブジェを軽く撮ってみて時間を過ごす。こんなトイレの細かい場所まで細部に渡って世界観を際立たせるような演出には度肝を抜かされる。

送信者 渋谷美味しいもの

そしてこの記事を書き終えるや否や、店員にお金を払い、異空間から現実世界に戻る。またこの異空間を味わいたいなと思い、帰りの電車のために渋谷駅に向かった。

後書き

お店の方には申し訳ないんですが、macbook airで作業をすると本当に文章が書きやすい。8万円の電子万年筆と言うほど、自分の記事作成には欠かせない存在です。電車の中でiPod Touchのメモ帳で同じ事をしてもそうは行きません。現在Webというのは携帯携帯になってしまいましたが、いまいちその流れについて行けない今日この頃です。

情報

  • 住所:〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町 2−12 8F
  • TEL:03-3463-0203