Aggressive Style 5

Aggressive Style 5

昨今はコミケ関係を中心に書いています。同人やニコニコ動画方面で活躍される方の相互リンクをお待ちしています。

大人で甘い色気と巨乳を兼ねそろえたSちゃん(津田沼/S店)

0.近況について

新しい仕事を始めてはや一ヶ月。仕事の内容は主に、PHPを使ってサイトの機能の追加などを行っていくと言うもの。上司や先輩の注意を聞きつつ作業に取り組む。 そして、仕事が終わればそこは別世界。勤務地が山手線沿いにあり、しかも定期がある。スターを取ったスーパーマリオのように、渋谷、六本木と東京中を駆けずり回っていた。




そして先日。新型のSLクラスが公開されているとのことで、Mercedes Benz Connectionまで行ってきた。 そしてSLクラスの椅子に座って見たところ、余裕があってなんか気風のある運転が出来そうだ。 時計のROLEXのように、修理(オーバーホール)してでも乗り続けたいとすら思ってしまう。 そして、その次はエビちゃんこと蛯原友里のトークイベントに参加する事に。 エビちゃんの緑のパールの入ったワンピースに非常に目を引いた。 途中女子力のお話や、写真を撮られるお話をしつつ時間が進む。 ステージの前や車の前でポージングをする光景もあったが、エビちゃんの表情の切り替えが速いこと速いこと。 多分顔の筋肉が柔らかく、表情を作る訓練をかなりしているのかな?など色々思うところあってイベント終了。

にしても、このイベント年齢層が30代以上で、人妻っぽい客層も多かった。 しかし30代の姉ちゃんは20代には無い色があって素晴らしい。そりゃあ六本木なのもあって多少お洒落なのもあるのだけど... こう言う多種多様な、人妻を色を吸収すればするほど、より卑猥な気持ちにさせてくれると言うものだ。

1.プレイの一部始終

そんなこんなでよくじつ。あいもかわらず外房線→総武線に乗り込む。風の影響もあって移動に苦しむ。 進むべきか戻るべきか大変迷った挙句、新小岩駅付近で折り返す道を選択した。 そして電車は恐る恐る市川駅まで進む進む。そして市川駅まで移動すると電車は恐ろしいスピードで走る走る。 そして友達と西船橋で落ち合う約束を電車で交わしながら、いよいよ津田沼駅へ。そしてせかせかと現地までいどうするのだった。

現地まで到着するや否や、店員とうまく交渉して現地へ。5000円わ払い、Sちゃんを指名する事に。 ミラーボールのような派手な光にうっとりしながらしばらく待つといよいよSちゃんのおでましおでまし。 紫系のドレスに、あみあみのストッキング姿で登場。すとっきんぐにあってますねなどと言いつつ時間を過ごす。 そしていよいよプレイ開始。息子を吹いてもらい、ほっぺたにキスをしてもらう。 そして、裏筋、睾丸回りを丁寧に舐めてもらいつつフェラへ。フェラは舌で揺らしつつ、激しく口でピストンしつつ...非常に丁寧な責めを受けつつ時間を過ごす。

そしていよいよ。自分が責める番に。生理じゃないしということでくんにさせてもらうことに。 いつも通り舐めていると、「したの動きが激しい〜」などと演技してもらいつつも、頭を撫でてもらったりと結局相手にリードしてもらうのであった。

そして69など様々してもらう最中 知り合いから電話がかかると言うアクシデントが。慌てて電話ん切って、sちゃんに笑われ、大丈夫なの?と確認される。後で後でと言いつつ先に進む。iPodTouchで片手で友達にメールをしつつも、もう片手はSちゃんに。 しかし、Sちゃんは手や口の動きを続けてくれる。そして素早くメールを返し、元の体制に戻る。 、いよいよ相手の責めへ。巨乳なようで、おっぱいの触り心地がまた気持ち良い。そして時間ギリギリになって昇天するのだった。

2.アフタートーク

そして、いつも時間ギリギリにいくんですよ〜などと会話を交わす。その後Sちゃんと身を寄せ合い、太ももをくすぐってもらいつつ趣味の話を軽く交わす。

などとかなりpcに強い模様。そんなこんなで時間終了。出口付近まできちんと見送ってもらい、ほおにキスをしてもらい、手を触り合いながらお店をあとにするのだった。

3.後書き

30代以上の子でしたが、20代の子にはない甘い色気を味わってきました。10代20代の新鮮さもすばらしいものですが、30代の子の色気も捨てがたい。 いっそのこと、人妻と仲良くなり、一夜限りの肉体関係を持って見たいと思う今日この頃です。

しかしこの日に一番行きたかった大和のnちゃんの顔を見るべく移動していたのですが、雨のため折れる結果となったのが個人的に痛いです。今度こそリベンジを果たしに大和まで行きたいとも思う限りです。(2012.4.3 スターバックス東京駅日本橋口店にて version0.9完成。2012.4.5 自宅にて書き上げる)