Aggressive Style 5

Aggressive Style 5

昨今はコミケ関係を中心に書いています。同人やニコニコ動画方面で活躍される方の相互リンクをお待ちしています。

訛りの雰囲気の良い、岐阜、群馬出身の2人組(ス◯イルズ/大塚)

読者のみなさん。拝啓、あけましておめでとうございます。新年最初の風俗体験記事。もとい風俗に行って来た一日間について書こうと思います。

第一章:渋谷「ゴールドラッシュ渋谷本店」でハンバーグを食す

この日はパソコン系の会社の面接があり、東急田園都市線の池尻大橋まで移動する必要があった。朝方自宅のPCで一日の予定を立て、昼過ぎに外房線に乗り込む。東急田園都市線と言えばやはり渋谷だと思い、渋谷まで移動。

最初はカレーを食べようと、あいも変わらず「テラ飯倶楽部」さんを参考にし、カレーやさん リトルショップを検討していた。しかし営業時間に間に合わ無いだろうと思い、ハンバーグ専門店である「ゴールドラッシュ渋谷本店」に狙いを定める。そしてそうこうしているうちに渋谷到着し、現地まで移動。

th_IMG_6956

そしていざ到着。狙っていた1ポンドハンバーグはランチタイムのためやってなかったので、ランチメニューを大盛りにして頼む。

th_IMG_6954

しばらくすると、ビーフ100%のハンバーグが登場。味はと言うと、牛肉ならではの味わいがものすごい。そしてチーズとその間のマヨネーズが、肉の味を上手く打ち消し、マイルドな味わい。そして肉が凝縮されているため、見た目小さいながらも、大変食べた気がする。ハンバーガー屋で、ハンバーグと野菜、ソースをいっぺんに頬張るより、より肉を感じさせた。

第二章:食後のデザートを「スターバックス 渋谷3丁目店」で

th_IMG_6957

次は食後のデザートをと思い、モバイラーズオアシスでスターバックスを検索。すると、渋谷3丁目のスターバックスを発見。愚痴をこぼすと渋谷程スタバ愛好家泣かせな場所は無い。特に駅前のTSUTAYA店前などは、若い姉ちゃんの待ち合わせ、休憩スポットとして機能している。お店側も材料を切らさないようにと、サイズが「tail」のみに限定されるという日本各地でも特別な場所だ。しかし「venti」で頼む自分としてはこれでは困るので渋谷駅からここまではるばる歩いて来た。

th_IMG_6960

早速、macbook airでよっこらしてみた。隣に居る英語系の大学生が、CanCam系でなかなか可愛い。これだから東京に来るのがやめられない。しかし、「あずき抹茶クリームフラペチーノ」を食しつつ、しばらくPCをいじっているとムラムラきはじめる。どうしようもなく風俗にあたりをつけるモードに移行。渋谷、池袋、新大久保、川崎、吉原、大塚...と考えうる場所をあたり構わず検索。

第三章:面接をいよいよ終えて

そして、17時になったので一旦渋谷駅までもどり、東急田園都市線をつかって池尻大橋まで移動し、会社到着。面接は聞く事を聞くだけと、落ちる気の濃厚な感じであった。

面接を終え、CakePHPやPhthonと言う、ホームページ作成向けの言語を覚える事が課題になると感じた。そしてCakePHP関連の本を見に行こうと、池尻大橋→渋谷→渋谷BOOK OFFまで移動。お目当ての本は予想通り見つからず。しかし、海外の風景を空撮した写真集、タレントの写真集の蔵書が多かったので、時間つぶしには丁度良かった。そして、るるぶの岐阜シリーズを105円で購入。荷物がかさばるのを防ぐもくてきもあり、これ一冊に留めた訳だ。BOOK OFFも終了し、いよいよいきたいお店にあたりをつける。

この時自分の頭の中では、「やっちまえって やっちまえって」のテーマソングが。そういえば前日、こんな歌を聞いていたのもあって、もはやこうなる運命だったように思われる。さらにこの時、

  • 悪魔A「新大久保のP店のMちゃんいけばいいじゃん」
  • 悪魔B「でもテク的には、Mちゃん(池袋)だよなあ」
  • 悪魔C「いやあ、それは現状しか考えて無いよ。今月中にnちゃんに会う事を考えると、大塚のS店一択でしょ!」

と数多くの悪魔のささやきが、俺の頭の中で聞こえてくる。そんな訳で悪魔Cを味方につけ、渋谷から大塚まで移動。途中新大久保という駅を頭の中から消し、悪魔A、悪魔Bをやっつける事に成功。

第四章:現地到着!

そして大塚到着。それにしても久々な大塚だ。北千住、名古屋のような独特の柔らかさは泣く、暗く殺伐とした雰囲気につつまれる。ここに来て、ずっと前に来た時と同じ雰囲気で写真を撮ってみた。

th_IMG_6963

そしてS店到着。誰というものもなく、2回転を4000円で申し込み、一時間くらい待つ。どうやら出勤の女の子が6人と少なく、店員なあくせくしていた。待てないお客さんを、別の日におこし下さいとさばく店員にみとれていたりした。店員にも、出勤の女の子や指名客優先の関係で、いつになるかわから無いよと言われていたため、しょうがないと思い時間を過ごす。

第五章:Iちゃん登場!

そして店内に入って、40分位経ってIちゃんが登場する。とりあえず、新年あけましておめでとうございますと軽く挨拶をする。面接の話をすると、自分も電気系は好きで、電気回路とか作った事があるよと話をしつつ話を進める。おっとりした話ぶりが独特だったので出身地が岐阜との事。ちょっと岐阜について話を進めてみた。

  • 岐阜の○○出身だよ!名鉄廃線になったりで...
  • 名鉄ってらJR東海と、あまり路線変わらないものね。
  • 岐阜の△△という地域が、やんちゃでただ刃物だけが売ってる場所があって...

と暫く岐阜について話しつつ、Iちゃんを持ち上げると「よくいうわ〜」と柔らかく返される。こうして彼女の方言の暖かみを感じつつ、早速プレイへ。やはりあせりすぎているのをIちゃんに注意されてスタート。

早速ディープキスをしつつ、息子をひねってもらう。そしてねっとりとした玉舐めを味わい、フェラに移行!柔らかく、口の中で車輪を書くようにフェラをしてもらう。その際に、ケツをさわりつつだったが、これが大変やわらかくて、さわれる場所も多くて気持ちが良い。音を立ててフェラするのが大変気持ちよく、見事に一回目で昇天。昇天後30秒くらいIちゃんと抱擁を交わす。Iちゃんの柔らかさ、ぬくもりが大変気持ち良く感じられてこれが又気持ちよい。

そして暫く話をしていると、岐阜でバスガイドをしていたり、熊田陽△と同級生との事で、彼女と話方が同じ感じですよ〜などといった具合に時間を過ごして一回戦終了。そして、暫くクールダウンし二回戦目へ。

第六章:Rちゃん登場!

さらに数十分してお次はRちゃん。もう既に昇天してしまったので、ゆっくり目に時を過ごす事に。またも訛りを感じたので、どこ出身なのか聞いたら栃木付近の群馬出身との事。話は、面接→PC→YouTubeV系バンド→Xと言う順序で進んで行った。大まかに流れを書くと、

  • 面接行って来たんですよ?
  • 何系?
  • PC系の会社ですね。
  • 私ノートPCの液晶割れちゃって、新しいの買わなくちゃ。インターネットと同時申し込みでタダだし...
  • PCで何見てるの?
  • YouTube....


とこんな感じで進んで行った。そしてXのhideが大好きで、hideが亡くなった時がかなり悲しんだとのこと。Silent Jelousy,Rusty Nail,ENDRESS RAINなどの話をしつつ時間を過ごす。そしてちょっとのあいだフェラをしてもらう。最初はゆっくりなんだけど、だんだん手と口で早くなっていく。いつものnちゃんみたいな味わいで、昇天3歩寸前までいざなっておもらう。この他群馬出身だったので、イニシャルDの話をすると高橋兄弟が好きとのことだ。そんなこんなで試合終了。Rちゃんに「ありがとう」と静かに言ってもらい、店を後にするのだった。

後書き

今回岐阜、群馬と違う地方出身のコを味わう事になりました。様々な都市の女の子を味わう事ができるのも、東京、愛知(名古屋)と言った大都市圏ならではのように思いました。

特にIちゃんは岐阜出身と言うのもあって大変印象に残っています。その日の朝、岐阜の金津園や柳ヶ瀬について調べていたのもあったかと思います。調べて行くうちに一期一会になりがちな風俗なだけに、共感できる部分の多い「柳ヶ瀬ブルース/美川憲一」の曲を発見したので、これをending themeとします。

美川憲一 柳ヶ瀬ブルース(高音質、当時音声デジタル化)