Aggressive Style 5

Aggressive Style 5

昨今はコミケ関係を中心に書いています。同人やニコニコ動画方面で活躍される方の相互リンクをお待ちしています。

就職浪人による就職(新卒)対策:面接までに用意したいもの、PCを使った履歴書の書き方、面接前の時間の過ごし方

つい先日内定をもらったRyuichiXPです。という訳で就職受かりました記事を書こうと思います。主な内容は就職活動で用意しておいたらいいもの、PCで履歴書を書く事、面接前後の時間の過ごし方について話そうと思います。

1.用意しておくといいもの

いきなりですが、面接で用意しておくものをまとめると、

  1. スマートフォン(地図検索などのため)
  2. クリアファイル(履歴書を綴じ込んでおくため)
  3. 手帳、メモ帳などなど(予定管理のため)

1-1:履歴書はファイルでまとめておく

クリアファイル、メモ帳、手帳などは、普段からプリントなどを整理している人には当たり前。でも自分はそんな風にしなかった人間だったのでここに書きました。新卒採用の場合、健康診断証明書、卒業証明書、成績証明書とかなりの書類を用意せねばならず、まとめておく必要があります。又、ホッチキスなどで止めてはいけない場合や、雨などで鞄が濡れて書類まで濡れる事を防ぐことが可能です。又履歴書を郵送する場合にもあると便利です。

蛇足ですが、健康診断証明書、卒業見込証明書、成績証明書等はいっぺんに5セット〜10セット位まとめて大学から購入しておくと良いです。面接で必要になるたびに購入するのはタイムロスですし、いざ必要なのに時間がないという事も付き物だからです。スペアとしても使えますしね。

1-2:手帳やスマートフォンを活用して予定管理を!

手帳についてですが、google calenderをスマートフォンとPCとで同期して使えば良いでしょう。しかし新卒採用の場合「エントリーシートの期限」「会社説明会」「一次面接」「二次面接」...と予定にもカテゴリーが付き物です。これらカテゴリーを色分けして予定を整理したい。終わった予定を線で消して管理したいと言う場合は、紙の手帳を用意して管理したほうが良さそうです。

この他予定管理の方法は、ネットで検索したり、「PRESIDENT」などの雑誌がたまにのせていたりします。これら雑誌を読むなどして、自分なりの予定管理術を見つけてみてください。

1-3:迷子防止のためにスマートフォンを導入しよう

さらにこれは持っておいた方がいいなと思うのはスマートフォンです。スマートフォンを持つ利点はズバリ「面接会場に迷いにくくなる」事があります。

自分は東京都内中心に就活してきましたが、たまに分からない位置に会社があったりするものです。mixiとか受けた時は、会社が青山とかにあって会場に遅刻。面接が始まってしまってて門前払いという最悪の事態が起こりました。

また歩きながら地図を読む上で一番困るのは、現在位置どこ?と言う点です。スマートフォンだとカーナビを持って歩いているような物ですので、現在位置を把握しやすく目的地に着きやすくなります。

又近くに何があるのか?をその場で検索しやすくなるため、後でも述べますが面接前の一息もしやすくなります。自分の経験上、面接の始めに「○○(場所)はどうですか?」と質問される事がありましたが、「いい場所ですね〜。近くのマクドナルドの窓際の緑が奇麗でぜひここで働きたくなりました」等という切っ掛けが増え、話が膨らむきっかけにもなります。

2 証明写真の自作

就職でお金がかかるものと言えば、交通費の他証明写真の焼き増し代でしょう。一回写真屋さんで焼き増しするのに1'000円近く取られたんじゃたまったものではありません。自分は写真屋で撮った写真を、PCのツールでトリミングして4分割し、それをコンビニで印刷していました。すると1回30円で済み、劇的な経費節減になります。

実際Vectorなどでは「証明写真をつくろう!」のようなツールまで存在するくらいです。もちろん有料のツールなのですが、ランニングコスト(印刷代)を押さえると言う面では効率が良いでしょう。

画像1:証明写真の作り方



尚、PCを使って写真をトリミングする具体的な方法については、使うツールに依って変わってくるので割愛します。参考にはならないと思うのですが、自分の場合上図のような作業を、Photoshopと言うツールで「矩形で範囲指定」→「切り抜き」→「写真と同じサイズの画像を用意し、切り抜いた写真を配置」という順序でやっていました。コピーはセブンイレブンやローソンで済まし、経費削減をしていました。

3.PCを使った履歴書の書き方

面接の必須品と言えば履歴書。自分は新卒採用の頃は履歴書は手書きで、就職浪人してからはずっとPCで履歴書を提出し続けてきました。PCで履歴書を書く場合についてですが、自分はIT系が中心だったせいか面接官の方でも気にしない人は気にしない物です。

新卒採用って場合に依っては10社、20社...と履歴書を出す場合があります。こうなってくると1社1社毎に手書きで履歴書を書くのも時間がかかりすぎます。せめて「A社は手書きで、B社はPCで...」位にはしたい所ですよね。PCで履歴書を書くかどうかは皆さんにお任せするとして、履歴書をPCで書く上での利点を言うと以下の3点あります。

  1. 書くのに時間がかからず、使い回しが可能
  2. メモリーステックなどにコピーを入れておけば、水で濡れたらコンビニで再印刷できる
  3. スマートフォンなどで閲覧可能

3-1:学校指定の履歴書テンプレートをExcelで自作する

PCで履歴書を書く場合、ネットで出回ってる履歴書テンプレートを基に書いていく訳ですが、学校指定の履歴書と形式が違う場合があります。ここで学校指定の履歴書と言うのは、通常の履歴書より志望動機や自己PRをより具体的に書けるように作られていたりします。

依って右側の部分、つまり「志望動機」「自己PR」などを書く欄は、ネットで拾ってきたテンプレートと様式が確実に違う事が予想されます。そこで、学校指定の履歴書と見比べつつ、ExcelやOpenOfficeOrgなどの表計算ソフトの「罫線」や「セルの結合」などを駆使し、「学校指定の履歴書テンプレート」を作る必要があります。

3-2:履歴書に書く内容を使い回そう!

ここからは履歴書に書く内容の使い回しについて話します。PCで書く以上履歴書のデータを何らかの形で保存する事になります。ここで保存した内容を踏み台にする事もできて、履歴書に書く上でのミスも減り、時間も短縮できるわけです。就職する以上A社,B社,C社...と履歴書を書いていく訳ですが、A社とB社とで書く内容はそうそう変わる物ではないでしょう。志望動機に書く内容を思い出せば、

  • 何故この業界か?
  • 何故この職種なのか?
  • 何故この会社なのか?

の3つを中心に書いていく訳ですがA社とB社が、同じ業界、同じ業種ならば上の2つを同じ内容で使い回していく事すらできます。志望動機の場合ですと「何故この会社なのか?」と言う点を重点的にかかねばなりませんが、他の内容を使い回せるため「何故この会社なのか?」を考えるのに時間を割く事ができておすすめです。又自己PRも学生時代にがんばった事から、協調性がある事を説明(例:グループ作業でどのような役割を担当して、どのように問題を解決していった等)する場合もそうそう内容が変わる物ではありません。

3-3:おまけ

特に新卒採用の会社説明会では、面接の「何故この会社なのか?」のネタを探すのに時間を割いてください。自分は就職浪人後は会社説明会のないような会社を結構受けてきましたが、説明会などの判断材料なしに「何故うちの会社なの?」と聞かれても答えられない物です。(あっても答えられませんでしたが)

又先輩と話す機会がある場合、直球に聞いてしまっても良いし、製品の話などを交え間接的に聞き取っていっても良いと思います。

4.面接、会社説明会前の過ごし方

皆さんは面接会場に行くのにどのような手段で移動しますか?面接会場まで電車で最寄り駅まで移動し、面接会場前まで歩いて...というスタイル一般的でしょう。ここからは面接前後の過ごし方について話そうと思います。

4-1:電車内で履歴書をスマートフォンで見る

自分の場合東京から1〜2時間位の距離にある田舎だったため、電車に乗る時間をどう有効活用するかがかなり重要でした。面接へ行く電車の中で履歴書を読んで面接に臨む訳ですが、紙の履歴書だと汚れたり濡れたりしたらアウトですよね。

画像2:履歴書を持ち運ぶまで



自分の場合、Wordなどで作った履歴書をpdf化しメモリステックで保存。セブンイレブン、ローソンなどで印刷する事が多かった手前、履歴書のpdfをevernoteというツールに移し、電車内ではiPod Touchで確認という手段を取っていました。図解すると以下のような流れになります。

ここで電車内で新聞が読みにくいように、電車内で紙の履歴書は開きにくいですよね。スマートフォンは片手で持てる大きさなので、片手でコンパクトに履歴書を読んで確認する事ができます。

4-2:面接時間前の過ごし方:近くのカフェで時間を潰そう!

「乗り換え案内」などで電車で乗り換える時間を調べ、面接時間ギリギリに現地到着。自分においては、こういう事が多々あったものです。しかし面接1時間前〜1.5時間前にカフェ(マクドナルドやスターバックスなど)に立ち寄ると言う技を覚えてからは、面接も余裕もって臨めるようになりました。

面接1時間前〜30分前にカフェなどで立ち寄る事の利点をまとめると、

  • ギリギリに電車で現地入りするより、電車の遅延で遅刻する確率が減る
  • カフェで会社の場所、面接内容の確認がし易い

の2点があります。最近のJRは停電や人身事故などで遅延が付き物になってきました。東京都内等都市部に在住の人ならば余り気にしないと思います。しかし電車が30分、1時間に一本の区域にいる自分としては、一本の電車が命取りになる事が多いためかなりの痛手です。実際面接でも「よくとまる電車だけど大丈夫?」という質問を面接官に投げかけられることすらありました。

こういった場合、面接会場近くのカフェなどで時間つぶしをするという手法はかなり有効です。履歴書を読み、スマートフォンで面接会場の場所を確認したりして時間を潰すといいでしょう。

4-3:おすすめの時間つぶしスポット:1位はマクドナルド系、2位はスターバックス

ここで自分おすすめの時間つぶしスポットを紹介します。私的に1位はやはりマクドナルド系ですね。理由は財布を圧迫しないから。特に新卒採用に臨んでる方は、バイトと言っても月5〜6万位が一般的だと思います。マクドナルドの場合、シェイクでも100円で、飲み物のLを頼んだとしても250円位(2011.6.26現在)とかなり安い値段で居座ることができます。

画像3:スターバックス



又ちょっとおしゃれな環境で...と言う場合におすすめなのはスターバックスコーヒーです。一般的なメニューはドリップコーヒー(380円位〜)ですが、紅茶もありますし、甘いものが好きならばフラペチーノ(500円位)というメニューが存在しておすすめです。ただスターバックスは3日に1回位にした方が良いかも(笑)。

あと、ネットカフェや一部のファミレスには「読売新聞」「日経新聞」「四季報」がおかれている場所があります。面接の前後に立ち寄って読むと、「何のニュースに興味ある?」と言うネタに役に立つかもわかりません。大学の図書館にはあったりするものですが、気分を変えて本を読みたい場合は上記のような場所で情報を集めるといいかもしれません。

ここで経済などの基本的な原理(例えば、需要と供給の関係)(円高、円安の性質等)が分からないという場合は、帰りに本屋に立ち寄って簡単に説明してある本を読んでみるといいかもしれません。面接でその業務に関する基本的な事に答えられなかった場合も同様っす(汗)。

4-4:充電のすすめ

スマートフォンなどを持つようになれば、困るのは充電。例えば東京都内のマクドナルドやスターバックスのほとんどはコンセントが刺せるようになっておりますので、携帯電話等の充電器は持ち歩いておいた方が良いです。時間に余裕が無い場合は別にして、下手なコンビニの予備充電器をさして使うよりは大分ましだと個人的に思います。尚、充電できるスポットを探したいと言う場合は、「モバイラーズオアシス」というサイトが便利です。

画像4:モバイラーズオアシス:http://oasis.mogya.com/



携帯電話の充電が切れて、大切な企業からの電話を逃したらひとたまりもありません。又空き時間を使ってリクナビマイナビなどの企業にエントリーできなくなったらまずいですしね。特に現在の日本の大学生の就職においては、供給過多な状況ですので、いつ説明会が満席になるかわかりませんからねえ。新卒採用する上でリクナビは誰でも通る道なように思うので、言ってみました。

5.まとめ

いままでの内容をまとめると以下のようになります。記事の確認にご利用下さい。

  1. スマートフォンを用意して、効率よく目的地へ
  2. スマートフォンを用意して、効率よく面接対策
  3. 証明写真はなるべく自作で
  4. 履歴書はPCで書こう。内容はどんどん使い回そう
  5. 面接前はこなれたカフェで面接対策
  6. 携帯等の充電が怪しくなったら、電源付きのカフェに駆け込もう

6.最後に

本記事を書く上で、自分の過去を思い出しながら書いているため、ある程度就職したことのある人向けの記事になっちゃった気がします。来年受ける人向けが、2〜3社面接を受けてみた後にこの記事見返してほしいな〜と勝手な期待をしちゃってる次第です(笑)

今回はPC、スマートフォンを駆使した就職生活をネタにしてみました。面接で聞かれた事やそのた注意せねばならぬ事は、話のついでとして載せたつもりです。特にPC関係の説明を端折りすぎたと思いますので、よく分からない部分がありましたらコメントやTwitterにて聞いてきてください。

最後に各学生が就職で良い結果を出される事を心より願います(2011.6.26)。