Aggressive Style 5

Aggressive Style 5

昨今はコミケ関係を中心に書いています。同人やニコニコ動画方面で活躍される方の相互リンクをお待ちしています。

面接終了後の恐怖(?)の腹ごなし(後編):横浜(井土ヶ谷)→横浜(黄金町)

さて、京急線で通ってきた道中に黄金町と言う文字が。バカものと言うかよそ者の興味本位というか、電車で現地までとも思ったが、google mapに依ると黄金町まで2.2kmなので歩く事を選択。がただ道なりに歩いてもなんのこっちゃとなるので住宅街をふらつくことに。窓ガラスが割れているようなお店が数件。さらにはお店の前に「お花を盗まないで下さい」と言う張り紙まで。どうも先ほどのお店の注意書きというのは、「このへんいったいが危険区域ですよ」と言うのを表す標識だったように思う。さらに、痴漢や強盗でもできそうな狭い通りのど真ん中(住宅の横)に監視カメラがあり、マジでビビらされた。こういうのを写真に撮って来るべきなのだが、やはり一度来ないと撮るポイントが分からない物だ。噂に聞いていたが、横浜がここまで危ない場所だとは…百聞は一見に如かず。

しかしこんな区域なせいもあってか、横断歩道前で泣く子供を無理やり黙らされる母親の姿が。しかしその金切り声はこの地域に棲む見えない魔物の仕業のよう。と、やや肝試しの準備体操を終え、黄金町に到着。

黄金町(浄化作戦後)


[ w:600]

橋の辺りまで移動した所で、そろそろだなと思う。んで地蔵があったがビビって横から撮る。



そして次に、名前の潰れた看板が大量に。お店の狭さからしてこれがちょんの間の跡地と言う事が一発で分かる。



入ってかなり暗い雰囲気にやられ、流石に人気が無いとは言えビビった状態でカメラを回す(Photoshopで傾き補正も可能だが、敢えて下手な状態で掲載)。んで、お店の近くまで撮ったもの。



右側のコルクっぽい壁の部分は、浄化作戦後に建てられたものらしい。埼玉の西川口に同様、どうも浄化作戦を行っても上手くは行かないものだ。狭い建物だから、飲み屋にするにしてもキャパが足りない。当然「女でもつれてくるか!」なんて言うバカ者は当然現れず、金にならないのだから。



そして、ラブホテル。要は娼婦の連れ込み旅館と言った建物を右に置き、全景を撮ってみた。写真を見る限りではかなり落ち着いている感じ。こんな時間にCHANNELのバックを持った女の子がホテル前でたむろしているではないか。おそらく娼婦としての仕事中か仕事終了かなんかだろう。

まとめ

総じて、横浜と言うのはよろしくない区域で、住むには不向きだな。女と一緒に横浜を舐めに行く(来訪する)場合は、クリトリス(表面)を舐めるまでにして、膣(奥)まで舐めないようにしたい。しかしながら「背の立つ所まで海に入ったこと無いくせに、俺は海を知ったと公言しているようなもの(赤木しげる)」と言うセリフがあるが、何れにせよ土地柄を知る、写真を撮る上で非常に経験になったスポットだと思う。(2011.1.21)