Aggressive Style 5

Aggressive Style 5

昨今はコミケ関係を中心に書いています。同人やニコニコ動画方面で活躍される方の相互リンクをお待ちしています。

11月最後の最高のバカンス(前編):インターネット野郎の面接編

始めに

もう大学を卒業して1年近くが経つ。中途半端にバイトをし、中途半端に面接を繰り返す日々。そして某旅行代理店の会社の面接を受けたときだったか、大学時代の知人ルカリオ氏(仮名)に会う。秋葉原のマックにて、早速「おまえが受けようとしている業界は、これだけ厳しいんだぞ」「面接を受けただけでは、経験値が上がらない」と早速言葉責めプレイを頂く(笑)。そして俺のiPod Touch自慢の数々を聞いて貰う事に。その内容とは、

  • 自分:iPod Touch + e-mobileで地図検索が便利になってさ〜。
  • ルカリオ氏:そうだね。昔はiPod TouchPSPで見てたけど(方法1)、便利になったものだよね。
  • 自分:xMarksというブックマーク同期アプリがあってさ。これが又便利なんだよ。まず、PCで目標物の住所が書かれたサイトをブックマークしてiPod
    Touchと同期を取るのさ。そして行きたくなったら、そのサイトを開いて住所→地図検索(方法2)。お陰様でヘルスのラブホの場所ですらひとっ飛びだよ!

と、こんな話をしつつルカリオ氏と話し、「今日の面接会場は新宿でしょ?逝かなかったのか?」→「いや〜。お金が無くていけんよ」と返答。以前錦糸町で会ったときも同じ〆の言葉を頂く。それにしても彼はレートの高いスポットを指定してくるな。上野、鶯谷で会ったらば「高級店に行かなかったの?」って返事を貰いそうなのが怖い。

会社の面接とSEO,SEMの説明

と、そんなわけでこの日も東京までWeb関係の広告会社に面接。早朝。事前にレンタルした秋川ルイ、麻美ゆま、泉麻那、MOCAの4本のAVを用いて作業を終える。その後大和のD店に目星を付け、xMarksで同期を取る。そして新宿で買い物を終え、ゴーゴーカレーで昼飯を食い、面接会場へ。面接は緊張しすぎて10%も話せなかった感じ。又アダルトという言葉に釣られ応募したが、俺の想像するような物とは違い出会い系サイトという、アダルトサイトのまがい物の宣伝会社らしい。以下今回の面接の復習も兼ね、SEO対策の話について話したい。

SEOSEM

SEOとは、サーチエンジン検索結果のページの表示順の上位に自らのWebサイトが表示されるように工夫すること。また、そのための技術やサービスを指し,SEMとはキーワード連動型広告や有料リスティングサービスによる広告掲載などの手法を指す。




例えば下の左の部分がSEO.右側がSEMだ。SEMは会社にお金を払って上位に表示させる枠である。要は検索サイト上で如何に目立つ所に表示させるか?と言うことにしのぎをけずって居ると言うことになる。風俗を検索する上での参考にしたいという方は、「サイト立ち上げ後2週間でやった基本的(?)な7つのSEO対策:Kousyoublog」を具体的に見ていただくとしよう。本記事ではそのうちの一つについて触れる。こういうブログやサイトというのはhtmlと言う言語で作られていて、その中に、meta name="keyword"と言う物をhtml内にはり付ける。例えば俺の行きつけのお店だとこんな感じになる。


<meta name="keyword" content="ピンサロ,激安、ピンクサロン、東京、素人、回転,サロン,セーラー服,
ギャル,巨乳,風俗、ピンサロ,優良店,人気店">

一部キーワードは省いたものの、何ともすばらしいキーワード群が散見される。同じキーワードを2回打ってはいかんよ(笑)。又ちょっとオーバーなと言うキーワードも。回転系のピンサロで巨乳と言われてもねえ。ランダム要素の強い店だし、仮にいたとしても当たる確率は高いとは言えないだろう。このようにSEO対策というのは、サイトを利用する側から見て少々オーバーに設定されているらしい。こんな事もあるので風俗のサイトを見るときは、きちんと検索上位のページだけを見ようとせず、辺りを見渡しきちんと見極める事が大切だ。ここまで来ると客である俺も、SEO対策の対策を練る必要があるように思える(笑)。

google analistic

最も商品を売るためにはより多くの人にその商品を知って貰う必要があるし、商品の質も良い事も必要だ。話変わって自分は人とのつながり、強いて言えばサイト同士のつながりが希薄なのでどうしても他のサイトやブログからの集客が見込みづらい。下の図はここのブログのgoogle analisticと言う解析ツールによる解析結果だ。トラフィックサマリーはどこからお客さんが来たか?。コンテンツサマリーは人気記事。キーワードはどのようなキーワードでたどり着いた事が多いかを表す。トラフィックサマリーより、検索サイトで来ている方がかなりいることが分かる。




コンテンツサマリー

風俗の場合ならコンテンツサマリーは、「どの女の子のページをどれだけの人がどれだけ見てるの?」と言う事を調べるのに使われていると推測する。より一般的に言い換えると「どの商品のページをどれだけの人がどれだけ見てるの?」と言う具合になる。実はこのツールを使う人間としては、「自分専用のオリコンチャート」を作ってるような気分で楽しみながら見ていたりする。ネットなので声の無き声に耳を傾ける事も大切だがネット対応などを良くして、口コミサイトの評価を良くすることで収益を上げている企業もある。

さて

最も売る上での商品は良いに超すことは無い。バイトで効果の見込めるか分からない商品を売るときは、しんどいことが自分にはある。近年はamazonなど買い手の正直な声を聞き入れやすい時代になったし、安くて質の高い製品が求められる事だろう。又サイトその物をより多く使ってもらうためには、サイトの利便性を上げる事が必要だ。例えば風俗でもメシ屋、病院などはその場に行かなければ用が足せない場合も多い。こういう場合はなるべく分かりやすい場所に住所などを買いておいてくれるとありがたい。そうするとiPhone等で検索し易くなって助かる。東京都内を見るにこれだけiPhoneを持ってる人が居るのに、こうした配慮のなされたサイトが少ないように感じられる。これは結構色んな場所で言ってるだけど分かってくれない。google先生の機嫌を伺う事だけが大切では無いと思うのだが(笑)。

最も、風俗だろうと出会い系サイトだろうと結局売り手である姉ちゃんの質に左右されることは言うまでも無い。メイクのきちんとした姉ちゃん、巨乳、スレンダーな姉ちゃん、△△な格好な姉ちゃんを用意しておく事が必要条件だ。特にメイクはこの手の業界は力を入れている。キャバクラ系のお店だとお店が専属のメイクを雇っている場合があると聞くし、ゲーム「龍が如く3」のキャバつくのように実際に、「女の子はメイクでここまで化ける!」と言うのを男の目でシュミレーションできるゲームまで存在する位なのだから。

今回の面接先の系列の出会い系サイトも、後から考えれば宣伝ばかりに力を入れてる印象がある。恐らく質問をして「きれいな姉ちゃんどれだけあえると言う報告例がありますか?」と聞いて「うちはそういうのではない」と言う反応が返ってきたら、怪しいと思っていいのかも分からないな(笑)。つくづくこういうサイトに縁が無い自分なので、詰めが甘かったようにしか思えない。しっかし出会い系サイトと言うのは中途半端だ。こんなアダルトサイトと呼べないサイトが存在し、そこで金を儲けようなどハッキリ言って笑止千万である。あえて言おう。カスであると。

新宿御園で紅葉の紅葉の写真撮影に2時間ほど費やし、新宿駅から小田急線に乗り込み目的地まで移動するのだった(後編へつづく)