Aggressive Style 5

Aggressive Style 5

昨今はコミケ関係を中心に書いています。同人やニコニコ動画方面で活躍される方の相互リンクをお待ちしています。

PC好きが最近の中国の日本に対する態度について語ってみる

1.経緯

最近中国の尖閣諸島の問題が取りざたされている。その中には日本との貿易の項目を制限すると言う話まで持ち上がっている。自分は経済や政治に関しては疎いので、これを機会に中国と日本の輸出輸入について調べてみた。

2.自分の立場

今回の件で一番不安なのは、PCのマザーボードの部品などは全て中国との輸入に依って成り立っているので、その輸入が途絶えてしまわないか?と言うことである。ASUS,Lenovoなどの製品は全て中国のブランドだ。ここで今の日本の技術は高速な計算機器に依って成り立っている。車の衝突計算を計算する上でもコンピューターが無ければ成立しないはず。それは今話題になっている、レアアースから磁石を作る上でも例外ではないだろう。

2.1:日本をつぶすにはPC関係の輸入をつぶすのが一番てっとり早いはず!

ここで磁石を作るにしても「どの物質をどれだけ混ぜるか?」等の計算は全てコンピューターで行っているはずだ。PC好きな俺が中国の立場で日本をつぶすのならば、確実にPC関係の部品の輸出を辞める。最新のPCの部品が輸入できなければPCの処理速度が落ち、必然的に新しい製品の発表を遅らせる。又サーバーなどが壊れたときに、修理できる部品が一時的に少なくなるのだからそれはもうパニックだと思う。実際、下の「日本貿易統計」の表を見ても分かるとおり、PC関係の部品の輸入は毎年2位を占めている。

表1:財務省貿易統計:輸入編(1位〜5位までを抜粋)




逆に中国にしても、現地の人間の雇用を圧迫するような事はしないと思う。衣類にしても輸出先が居なければ成り立たない。つまり日本とアメリカの関係と同じように、輸出相手が居なければ現地の雇用に影響するはず。だから「ユニクロ撤退しろよ」見たいな深い所で日本を痛めつけるような事はしていない。つまり中国に居る日系企業を追い出す事はしていないと言うことは、中国とて日本が潰れては困る何かがあるのだろう。又レアアースも「中国がダメなら、余所から輸入すればいいじゃない」と主張するブログも多い事から、レアアースは中国にとって重要な輸出品目ではないのだろう。実際上の統計の1位〜5位のどれを見ても「希土類」と言う項目は見あたらない。

表2:財務省貿易統計:輸出編(1位〜5位までを抜粋)




これに対し、日本→中国へ輸出している物はと言うと、半導体部品や鉄鋼など「何かを生み出すのに必要な部品」が多い。半導体などは無ければ何をするにしても困るはずだ。鉄鋼も車などを生産し、世界向けに商品を売るには必要だし。

表3:中国の主な貿易相手国(JTFCキッズニュースより)

輸出 輸入
1位 アメリカ 2,522億9,700万ドル(17.7%) 日本 1,506億5,100万ドル(13.3%)
2位 香港 1,907億4,300万ドル(13.4%) 韓国 1,121億6,200万ドル(9.9%)
3位 日本 1,161億3,400万ドル(8.1%) 台湾 1,033億4,000万ドル(9.1%)

3.結論

表3を見ていると中国はもっともな輸入国は日本であり、表1より物を作るのに部品を作るのに必要な製品が多いことが分かった。何かを生み出すのに部品は必要なので、これがないと中国は利益を上げることができず、現状結局中国って日本無しには成り立たなくなってしまう。又仮に日本と完全に関係を絶ったとして、今度は何処の国を相手とするのか?その辺が見えてこないのも不思議ではある。

4.参考資料

財務省貿易統計」:http://www.customs.go.jp/toukei/info/index.htm
「JTFCキッズニュース」:http://www.jftc.or.jp/kids/kids_news/japan/country/China.html

最近アメブロで経済に関するブログを書いている三橋貴明さん。「百ます計算」でおなじみの陰山英男さんに真似て、よく言われている事を裏付けるデータをきちんと載せるように心がけててみた。統計を見てやると色々な事が書きやすくなるので、今後も続けていきたい。