Aggressive Style 5

Aggressive Style 5

昨今はコミケ関係を中心に書いています。同人やニコニコ動画方面で活躍される方の相互リンクをお待ちしています。

『日本中が待望した国民的アイドル やまぐちりこ AV DEBUT』の感想など

概要:abstruct

今回は中西里菜(元AKB48)ことやまぐちりこのデビュー作のAVの感想を述べようと思う。有名人の名前をお借りして、好き勝手な事を書きまくるのでその辺はご了承を。さて第一章ではキャバ嬢から芸能人になった人がいて、逆に芸能人からAVに行った人がいると言う話が中心。第二章ではやまぐちりこのAVデビュー作とその感想と行きたい。

第一章:芸能人、キャバクラ、風俗、AVの間で人材は流れている!

芸能人、キャバクラ、風俗、AVと言えばお互い違う商売と思って居る人は多いが、実は自分を売ると言う意味で同じ業種なんだよ。と言うことはこの手の記事を通して俺が言いたい事の一つだ。自分に言わせれば、芸能界でもキャバクラでも「枕営業」と言う共通の単語がある時点で同じ業種だ。ここで「芸能界>キャバクラ>風俗、AV」というようにHが直接的に絡む業界ほど下に見る傾向がある。だからこそキャバクラ嬢でも「風俗嫌い」と思っている人がいるという話をよく聞く。又アイドルファンの「何でAVに行っちゃうんだよ」と言う反応も、AVを下に見ると言う心理から来ている。尚アイドルをAVに落とす人間と言うのは、我々のこのような心理を利用して商売している訳だ。しかし俺みたいな人間にはノーダメージであり、あまりこういう手段は効かない事となる。

1.各種業界の世間一般のランク付けについて

この業界は世間一般に言う階級。つまりランク付けがある程度されている。もちろんこの階級を日本人の大多数に浸透させた人も居るわけだろうし、この階級を上手く利用し、儲けたいと言う人も少なくない。だからこそ芸能人からAVに行くのに多額の移籍金が発生したりするのだろう。逆も又しかりであろうと個人的に思う。移籍の流れはこの階級の高低に沿った動きをし、以下のα型とβ型に分類される。以下α型とβ型について簡単に話をしたい。

α型「キャバクラ、風俗→AV、芸能界」

芸能界に上がって来るようなコの場合、キャバクラや風俗などから芸能界に行く例が少なくない。AKBで噂に上がっているのが篠田麻里子がその一例。福岡と言う2chの書き込みを見てて「それって中州でしょ?」って思ったので、「篠田麻理子 キャバクラ 中州」で検索をかけてみた。すると具体的な店名。AKBの関係者に引き抜かれたと言う噂情報を得た。


208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/03(月) 20:46:15
この子、前中洲で働きよったろぉ?
ガイアってラウンジの涼ちゃんと思うけど違うとかいな?
その頃から目立っとったけどアイドルなったっちゃねー


742 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/04(日) 19:04:20
この子キャバでかなり人気あったよねー。ただ扇子で扇ぎながら
えらそうに接客してたけど……。指名客はドMばっかり。コスプ
レデーにセーラー服来てた。

17. あ
2010年04月27日 15:03
中州・ガイアのNO.1キャバ嬢りょうちゃん

当時は小倉優子似だと評判だった。
秋元に連れて行かれたが、あまり愛想のいい子では
なかった
のでどうでもいい。

尚、福岡と言うことでなるべく方言を使った話し方をする人。性格の分かるような書き込みを引用してみた。少々悪意のある引用ではあるが、こんな具合に色々調べてやると「そいつは何故この業界へ?」と言うのが分かる。もっと詳しく知ってみたいと言う方はホストラブ(九州)を見てみる事をおすすめしたい。例えば松島菜々子が吉原のソープで働いていたとか。こういう情報を持っておくと、風俗で女の子と当たるとき「俺が金持ってないの、見抜かれたかな?」と言うのが分かったり。

こうした動きが多いのもキャバクラも芸能界も目立ってなんぼの業界だからだ。実際芸能事務所とつながっているお店もあると池袋のBOOK OFFにあったキャバクラ関連の本に書いてあったりする。

嬢マニュアル―18才からの「夜」のハローワーク

嬢マニュアル―18才からの「夜」のハローワーク

β型「キャバクラ、風俗←AV、芸能界」

世間一般にこのβ型は「AVに落とす」「ソープに落とす」と”落とす”と言う風に言われる事が多い。今回のやまぐちりこもこのβ型と考えて良い。一般にβ型は着エロ系アイドルなど、テレビに比べて目立たない存在がなることが多かった(夏目ナナ等)。又SODある程度女の子の居たユニットのほとぼりが冷めてからリリースが普通(板垣あずさ等)だが、今回のAKBの例は異例と言えば異例。だから「秋本さん公認なんじゃない?」というようなきな臭い憶測がネット中を飛び交っているのが現状だ。小向美奈子がSODに出たりと言うように、こういう元芸能人系のネタってSODや北都から出ることが多いがアリスJAPAN(JHV)から出たのは個人的に意外だ。

第二章:やまぐちりこデビュー作AVの感想




最初のシーンの初々しさが素晴らしい

アリスJAPANと言えば麻美ゆま。その麻美ゆまの積極的な攻める姿勢に対し、やまぐちりこは受けと印象。又何より「AV来ちゃったよ」的な恥ずかしい感じが又エロさを際だたせて良い。キモメンの出てくる絡みよりはこの脱ぎ脱ぎしているシーンが一番良い。



このシーンを見ていて「このコの裸いいなあ」と思う次第。おっぱいのでかさと乳輪の大きさが又いい。後批判も多いが痩せている所にたるんだおなかも個人的に大好き。お尻の肉付きもあってふっくらしている感じが又良かったりする。アイドル時代の動画も見たが、個人的にこっちのが天然で好き。「案外、裸になるの向いてたんじゃない?」と思ってしまう。

また下着も白くてシンプルな柄の物を選択していて、これがまた初々しさを際だたせる。2作目、3作目位になたら下のようなフリフリ感のある下着を着せてプレイして欲しいところ。まじめな感じで色の無いコなので、下手にairmefeelだとかで色が強すぎになってもいけないか。まあほどほどの味付けが一番いいと思う今日この頃である。

[rakuten:nico-ins:10002174:detail]