Aggressive Style 5

Aggressive Style 5

昨今はコミケ関係を中心に書いています。同人やニコニコ動画方面で活躍される方の相互リンクをお待ちしています。

「ここがいやだよ」日本のエロ

最近。海外逃亡に成功した人の話をよくブログで聞く。自分が日本を、離れたら困る事について考えてみた。海外に行くと食べるものが違うのは確かに問題だ。次に困るのはやはり性欲。そこで性欲など今までのブログとなるべく違った角度から「ここがいやだよ」を色々論じてみた。

前置き

もし、海外に行くとなれば日本のAVを手軽に見られない。しかも風俗で日本人の素晴らしい体を味わうことも、できなくなるのだ。これはこれで大変な事だと本当に思う。たとえばxnxx.comやpornotubeなどのエロサイトを見てる限り、ホント日本と欧米は違うということを痛感させられる。例えば「big tits」カテゴリーのエロ動画の場合。欧米系のお姉ちゃんはとにかく体がでかい。確かにそれも素晴らしいのだが、日本のお姉ちゃん特有の「細いなりに巨乳」「細いなりに体の張りのいい」という要素はxnxx.comなどのエロサイトを見る限り皆無であり、これは海外にない特徴であろう。

海外人は仕事よりも自分を上に置いている

こうした海外にない特徴のある日本人の体を求めるためか、日本人とHしたいがためにNOVAなどで外国人講師で生計を立てる外国人がいる*1とか。これは彼らが仕事より自分を上に置いてる点からこそできる事だ。日本の「御社のために」と言った志望動機などにくらべ、非常に人間らしい動機だと思う。これに対し「でかい物に自分の身を捧げよ」な日本では、なかなかこういう発想はできない。又さまざまなブログで言われてる通り「日本人は仕事第一。家族や遊びは二の次」という気質があるから。逆に風俗体験レポートを書きまくる素人童貞の俺からしたら、はるばるHするために海を越えるとは凄いな!スケールが違うとマジで思う。こんな話を聞いてがっかりする日本人は非常に多い。しかし俺は「こういう発想こそ日本人に足りない点なんじゃん?」って思う。

又世界全国の男達に取って日本人の女の子の体ってスペックが高いんじゃないか?って思う。日本のAVが海外に輸出されていたり「sexy japanese」とタイトルが付いているエロ動画も少なくないし、「カリビアンドットコム」など海外で勝負しているサイトも存在する。つまり海外からの評価が高いと考えられる。

日本の女の子の体事情に見る、「同調圧力

にもかかわらず俺的に日本人の女の子って自分に自信のないように見えるんだよね。俺的に日本の女の子の困った点。例えば誰かが痩せると言い出すと、一斉に痩せようと同調する所なんだよなあ。特にダイエットに関する製品を雑誌絡みで宣伝しまくるのも、日本人の同調する心理や人間の弱み(=劣等感)をうまく刺激するように作っているように見える。こうなってくると「いかに自分と同調しているか?」「又は同調できるか?」が大切になってくる。自分らの縄張りに同調できないから排除ってやる(他のブログで言う「同調圧力*2」)から曲者。又「オラオラ系」と言った「○○系」という言葉が好きなのも、日本人の特徴と言える。

一方「ゾマホンの本」などを読んでても、日本人痩せすぎという海外の声もあるわけだけどね。こうした声があるのに見直されないのもよくないとは思う。縄張りを守ることを意識しすぎて、他の意見を聞かないのも日本人の悪い所ではある。まあCanCam等、日本のファッション誌ももっと女の子に自信持たせるような構成にすればいいのにね。じゃないと整形率が韓国より大きくなってしまいますぜ。

Rouis Vitton

日本人から見た日本の欠点の2点目。自分は日本人である以上、GUCCIなどには興味がある。しかしそのGUCCIやLouis Vittonなどのブランドが海外より高い事も問題(欠点)だ。まず、以下の引用を読んでみてほしい。


76 :おかいものさん[sage]:2008/12/13(土) 01:16:05
>>75
ユーロ安のせい。
ヨーロッパで仕入れて日本国内で売れば差額が出て儲かるでしょ。
確実にさばくためには多少定価より値下げして売る、それでも儲かる。
本物で日本国内直営より安い新作が多く出回ると今まで価格管理して
ブランドイメージを保ってきたのにそれが崩される

だから世界一ヴィトンの売れる日本人客には警戒してるんだよ。

又Rouis Vittonは日本が世界で最も売れるらしく、日本人には高く売るらしい。意外と持っててもこうした事情を知らない場合もあるかも知れないってのが日本人の体質としてあるね。もっとも「日本人の女の子と旅行に行くなら、国外でなく海外」という俺流の極端なことわざがある。ブランド品が安く買えるってのは、日本人の女の子側からみてもメリットあるしねえ。できれば日本の芸能人も海外でいいRouis Vittonとかを買ったら、そのお店の名前も紹介しておいてくれw。

本題はここから

又エロのジャンルならば、風俗などの運営なら女の子側。またはお客側にの待合室に、海外で安くブランド品が買えるお店の本でも置いておくか。お客側に「"女の子"のプレゼントにもってこいですよ」なんてつるし文句を。または女の子側は「海外に行って、楽しい話のネタを増やしてこい!」言ってあげよう。

客の俺なら女の子が海外に行ってくる手前、"See you around"や"Thank you for giving me a lot of money!so I can travel to hawai and buy many bags."等と女の子から愛想よく言われたら"I'm looking forward to hearing your voice about traveling to there.See you around!"と元気よく言ってあげよう。

何でもfrankに!

個人的にfrankにお金を要求するコは内面的に好きだよ。ここで"giving me a lot of money"なんてセリフ。日本の風俗とかじゃあ少ないからなあ(笑)。お金に対しfrankでないのが日本の悪い所。CNET JAPANなどの記事を読んでるとアメリカでは「○○氏を企業が買収」という言葉をfrankに言う。又売春や賄賂もあることだが、日本程ドロドロしていない。逆に言っちゃうと売春やHに対しfrankでないからこそ、キャバクラだろうと風俗だろうと成立している。とにかく日本人は何を言うにしてもfrankでないのだ。

逆にここまで正直(frank)に言っちゃうコがこういう業界入ってくるとすごそうだけどね。一般に客から受けるストレスを「言わせときゃ相手は満足。入れさせれば相手は満足。それでお金が入るんだから安いもの」と跳ね飛ばしちゃうし。多分今のキャバ嬢風俗嬢って客を軽く見るところは見る。こういった自分の中での相手のあしらい方が上手くできてないコは多いと思う。逆にfrankなコばかりだとホスト業界が危なくなるかもね(笑笑)。自分で回せる子だったら売春しちゃって、男が介入できなくなるから風俗が消えちゃうかも???「女子高生等を売春させて、1000万稼いだ18才」のエピソードもこうした背景があるからだろう。

結論

個人的に日本は悪いとこばかりでなくいいところもある。エロ産業において風俗やAVは「Hに対しfrankでない」点を逆手に取ってきた。例えばAVのモザイクで局部を隠すようになったが、「局部ドアップ」と言った独自の撮影技術をきずいてきた。故に今日、日本は世界で一番フェチシズム大国だと俺は自負しているがな。「大胆でなくコソコソ」という文化は日本独自の物で、これは上手く活かされるべきだろう。海外人に批判もよくされるがまた称賛もされるエロ産業。又カナダの機械工学の学生から「最高のセクサロイドは日本から」「AVが発達しすぎるから日本は少子化」は決して悪い意味で言ってないと思うよ。

もし今後、日本国内で売春が解禁された時の事を考えてみよう。こうなってくるとAVやキャバクラ、風俗は「売春にはない物」を売りにしていかなくてはならなくなるだろう。自分なら「着物姿でH」と言った売春では用意しにくいアイテムで勝負した風俗を開発。こういう風俗を開発することにより、男が女を脱がせる楽しみの幅を広げHの楽しさを広げてやろう。ここでバカ殿みたいに「あ〜れ〜」をやるお客が増え、女の子もブログで「あ〜れ〜をやるお客さんが多くて楽しいです」なんて勝手に宣伝してくれるだろうしな。

ともかくこれからの時代。というかいつの時代でも「○○にない物」を考える事が必要で、すぐ実践する必要がある。俺も日本や海外を問わず、何かを実践しやすい環境に身を置きたい状況ではある。

*1:外国人男性と英会話をしたい日本人女性Japanese Women Looking For Men For Language Exchange:http://www.1001kisses.jp/?p=160

*2:ニートの海外就職日記」:携帯電話のマナーモードに見る相互監視社会 http://kusoshigoto.blog121.fc2.com/blog-entry-340.html: