Aggressive Style 5

Aggressive Style 5

昨今はコミケ関係を中心に書いています。同人やニコニコ動画方面で活躍される方の相互リンクをお待ちしています。

2chネタ:「車で音楽CD聴きたいならもう1枚同じCDを買えばいい」について


1 :☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★:2009/05/01(金) 08:58:38 ID:???0
著作権制度の根本的なあり方を議論する文化審議会著作権分科会
  「基本問題小委員会」第1回会合が20日に開かれた。参加メンバーの半
   数以上が権利者で占められる同小委員会では、著作権制度の議論で
   は権利者が軽視されているといった意見が多数上がったほか、日本版
 フェアユース規定については導入に慎重な議論を求める声も上がった。

 JASRACのいではく氏は、過去の著作権分科会主婦連合会常任委員の河
   村真紀子氏が、「自家用車で聞くために、消費者はもう1枚同じCDを買う
   のか」と疑問を投げかけたことを取り上げ、「当然だと思う」と説明し
   た。(一部略)

 http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2009/04/20/23214.html

※前:http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1241087389/

自分流に話を斬ってみる


348 :名無しさん@九周年:2009/05/01(金) 12:31:18 ID:0LDnMYYoP
>>337
アーティストがまず先払いで原盤制作費全部出して
その後売り上げから回収、っていうのなら
今でもいわゆる中間マージンを相当に省いた状態で作成・販売が出来るよ。

いわゆる同人CDってやつだね。
または独立系のインディーズ。

ただ、その原盤制作費の負担ってのが大変な場合もかなりあるのよ。

レコード会社って、そもそも「いくつか出して、そのうちの1つでも
  黒になればOK」みたいな商売方式だからね。

これをアーティスト個人単位でやれってのはけっこう大変。

そのやり方を否定はしないけど、そうしたいのなら今でも出来るよ。

原盤制作費かあ。自分のサークルの場合規模の小さかったんで、CD-Rでコストダウンしてましたw。最悪CD-Rでも音楽を売る商売ができます。ただレコード会社とは言え企業ですので、利益を出さねばなりません。メジャー所になればなるほど「利益=悪い言葉」みたいな雰囲気が感じるが、利益が出なければバンドもアーチストも成り立たない。生き残るための運営をしていくことも売れる条件の一つだと思う。

アーチスト毎に売上目標枚数を決めて売る

avexを見てると、あらかじめアーチスト毎に売上目標枚数を決めて売っている気がします。恐らくパイプラインを利用して浜崎さんとか宣伝してると思うんです。ここでavex見たいなレコード会社の立場だと浜崎さんなどにどれだけ利益を分配できるか?と言うのもポイント。

もし、自分がCDを作って儲ける場合

お互いが利益を出す上で...

自分ならキャバクラも同時経営して、歌手として売れそうなキャバ嬢を探す方法を取るかな。芸能人用のスクールは景気変動によって入学者数が左右される。しかしいつの時代でも「遊び人」は存在するし、こういう商売を選ぶはず。ここでキャバクラの経営が軌道に乗ればスクールよりも長期的に利益が見込めるのではなんて考えてみる。

姉ちゃんの野心を見抜く

まず自分らもお姉ちゃんの立場から見てもメリットが無くてはいけない。俺が思うに芸能人の目的(野心)は「金」「見栄」「男漁り」の一つ以上に当たる。まず交渉する上でこの姉ちゃんはどの部分に重きを置いてるのか?について探る必要がある。良く「タレントやってて給料でないんですよー」なんてのをネタにするような場合は「見栄」が目的。ネコ被ったりしてるのが「見栄」から来るのか他の所からくるのか?最も女知らずの俺がそこまで見抜ける能力など無いけど(汗)

俺が一番得意なのは多分「金」タイプの人間かな。いわばホストに貢ぐタイプの女ではなく、自分に投資するタイプの女ならば勝ち目がある。この場合ならば以下の点に特に注意して話を進めていく必要がある。

  1. 相手にキャバクラで働いてる以上の金額を提示できるような計画であるか?
  2. その上で、会社として利益率を確保できるか?

さらにこれらを踏まえて考えてみた具体例が以下。

具体例

「歌手になりませんかね?○年契約で契約金として□□万円。○年であなたに入る利益は制作費はもちろん広告費や根回しなどを引いて利益はCD1枚あたりの××%になります。この時合計でXX万枚売ることを目標としているんで合計△△△万円儲かる事になります。」

注意点2

ここで金額だけ相手に提示したところで当然信用されない。具体的なビジネスプラン(CDを売る年齢層又はその宣伝プラン等)やそれを実現する手だてがきちんと用意されているのか。又それらを相手に信用させる人望が問われる。これは女の子に対し詐欺を行う場合も同様だと思う。

自分はカイジの遠藤さんや利根川さん。こちかめの両さん程話が上手くないが(笑)、自分だったらこういう感じかな。最も契約金だけもらって女の子に逃げられると言うことは避けねばなるまい(笑)。

さてここからが本題。こんな出来の悪い話の話のうち一番不透明な部分と言えば、制作費はもちろん広告費や根回しの部分であろう。もちろんお互いが利益を稼ぐためには、仲の良い方々に根回しをして売れるお膳立てや協力をしてもらわねばならない。

以下を見ての通り利益をもらっていると言うことは、レコード会社とJASRAC音楽出版社が見えないところでつながっている可能性が高い。これも今回で言う「交渉の上での根回し」なのか?あるいは違う話なのか?それは定かではないが。


937 :名無しさん@九周年:2009/05/02(土) 15:02:39 id:a9a0pBWC0

十年前の話だけど、アメリカはCDの値段が日本の半額以下。 それに
値段は一律じゃないんだよね。安くなれば売れる。だからレンタルCDって
なかったな。値段を下げてレンタルなくせばいいだけの話なんだけど。何
でそれができんのかね。

943 :名無しさん@九周年:2009/05/02(土) 15:09:58 id:GlsKya740
>>937
日本のCDが高いのは音楽出版社というガンが業界に巣くってるから
こいつら無条件で40%〜半分もってっちゃうんだぜ

もし俺が莫大な利益を投じ新たに参入しようとし利益を上げようとしたら、avexサイドにしてもいい顔しないのは当たり前だ。むしろ既得権益を守るが為に潰しにかかるだろう。

ともすればこんなリスクを犯し、新たに参入する意味がない。こうすれば新たな音楽が脚光を浴びることがなく、客から見たとき「さいきんのおんがくつまんねーな」にもつながってくる。これが売り上げダウンの原因にもなっているのだと思う。さらに客がCDを買わない理由として値段が高いと言うのもあるらしい。ここで言う根回しが原因でCDの値段が高くなっているのも問題だ。

音楽業界全部を叩きつぶし再編する必要がある

なもんでで今回の件も「俺の金にならない物はとっととつぶせ!」とぼやいてるだけでしょう。客を無視しまくった商売をしているのに、客に無視されたからと言って逆ギレ。「金は客から取るもの」という基本がなってないからだよ。

最後にJASRACだけを叩いてもいみがないっす。グルになってるレコード会社を含め、日本の音楽業界全部を叩きつぶし再編する必要があると思います。又既得権益をひっくり返す何かも必要だと思います。