Aggressive Style 5

Aggressive Style 5

昨今はコミケ関係を中心に書いています。同人やニコニコ動画方面で活躍される方の相互リンクをお待ちしています。

リテールテックジャパン等(メモ)

あまりに独り言すぎる内容なので詰まらないこと間違い無しですwBGMだけでもどうぞw

BGM:アイドルマスター - 2.14.13(1Mdps Ver.)




Canon,タムロン,ペンタックス,Panasonic

防犯カメラに関連した製品を展示。パナソニックはデータベースと連携したナンバープレート識別システム。タムロンは防犯カメラのレンズ。Canonは店舗などの客の動きを把握しやすくなるようなカメラシステムの展示。(防犯)カメラシステム=ビデオカメラ+パソコンで実現ができるジャンルだが、ソフト面。ハード面のどちらを工夫してるかがが企業毎に違う。ただ画質。カメラレンズの画角。この他エンコード形式の話に目が行きすぎかも。何というかPhoto Imaging Expoで説明するような話しじゃんと思ったりも。

こういう製品は複数組み合わせるので、製品の発熱や耐用年数。停止又は故障する確率。さらには消費電力などの固定費がどれだけかかるか?と言うところを見やすくしてくれなかったのは非常に残念。無論。自分もこの辺を突っ込んでおくべきだったか?特に省エネはエコプロダクツとかではさんざん騒ぐくせに、こういうところでは言わないわな。言うと上手いアピールになるか?

グローリ商事、富士ゼロックス

キーワードはテンプレートマッチング。グローリ商事はテンプレートマッチングを用いた顔認識認証システムの説明がなされていた(テンプレートマッチングで要検索)

大学での研究のテーマに関連するため、以下原理的な話を。人間の顔(目。鼻。口など)の特徴のある点を100個検出して本人であるかの認識を行っている模様。基本。人間は物体から反射される光を目でcatchすることで物を見ている。カメラのレンズから人間を見るとき、人間の顔から反射される光の強さが部屋が明るいか暗いかによって違ってくる。こうした要因を除くために室内のみで使うことが前提とされている模様。

写真では認証できない=写真は反射する光の強さがどこでも一定である事から考え、物体に反射して返ってきた光の強さも判定に用いている可能性が高い。顕微鏡などでも物体にレーザーを当て、レーザーから反射されてくる光の強さで物体の厚さを調べたりする原理に似ている。無論。反射されて来る光の強さは計算式で算出することができるとか。無論。ここまで聞くと手の内がばれてしまい、セキリュティが突破される可能性も生まれる訳でw

判定時間は1s〜3s位。大体コンパクトデジタルカメラの[顔認識AF]とほぼ同じくらいの時間で判定できる模様。かなり突っ込んでも余裕がある点が良かったな

富士ゼロックスは。シュレッダーを使った時間やユーザーを記録して、資料が無くなったか?を調べやすくするという画期的なアイデアを展示。これは面白かった