Aggressive Style 5

Aggressive Style 5

昨今はコミケ関係を中心に書いています。同人やニコニコ動画方面で活躍される方の相互リンクをお待ちしています。

アメブロと他のブログサービスの違い

ブログを書く上で

「郷には入るは郷に従え」ということわざはブログにも当てはまる。ブログを書いていく上で、ブログ会社毎に機能やユーザー層、雰囲気が違う場合が多い。今日はアメブロを例にブログ会社毎の違いについてみてみたい。

まずは「アメブロ vs mixi

まずは読む上での機能の違いを見ていくためアメブロmixiとを比較していく。

共通点

どちらでも個人の日記が大量に書かれる事が多い。加えて携帯電話から読み書きをしている。ここで日記と言うのは書いてる人間に興味が無いとつまらないものだ。だが芸能人などの場合みなあるていど他の媒体で興味を持っているため、日記でも読んでくれる場合が多い。又影響力も強ければ強いほどブログアクセスが見込める。その上スペースを貸しているアメブロの宣伝になるのだ。

さらに芸能人が使っているなら...」と二匹目のドジョウを追う芸能関係のブログ。一般人のブログも増え会員数も増える。最近アメブロの影響もあってか、mixiなどでも芸能人を囲い込むようになった。以下。アメブロmixiの違いについて見ていきたい。

1:アメブロmixiの違い

アメブロ mixi
足跡 自分が付けたい時に付ける(ペタ機能) 勝手に付く
プレゼント 有り 無し

足跡機能

アメブロは自分が好きなときに足跡を付けられるのがいい。アメブロ独特の風習として、足跡(ペタ)を残してくれた人の日記に足跡を残す「ペタ返し」がある。

プレゼント機能

あと。女の子が喜びそうな機能として「プレゼント」がある。女の子と言うのは記念日が好きなものだ。だからバレンタインデーなど記念日限定のプレゼントが用意されていることもある。

こういう場合に「矢口真里」などの芸能人を利用している点も上手い。

図:バレンタイン限定プレゼント

ブログを読む上での機能について

これについては大まかに三段階に分けることができる。

アメブロ mixi
Lv I(ブログの最新情報:RSS) チェックリスト:取得できる お気に入り:取得できない
Lv II 読者:チェックリストの上級版。自分のブログに登録したブログが表示される なし
Lv III(会員限定用の記事) アメンバー:「アメンバー」の一段階のみ。
ブログにアメンバー限定用の記事」と表示される。
マイミク:「マイミクのマイミク」「マイミクまで」「〜グループのマイミク」までと言った、複数の段階に分けられる。
見る人は段階に応じた記事の存在しか知ることができない(=記事のタイトルの表示もされない)。

mixiと決定的に違う点

左の通り記事に「アメンバーじゃないと読めませんよ」という告知をわざわざ出す事だ。いかにも登録して下さいよ的な雰囲気が漂い、タイトルで会員登録数を増やす場合もある。

あと、アメンバーについては2ch等で「アメブロの自己満足だ」と言う人も。ただ女の子は登録してあげると喜ぶかもねw

一方表を見ても分かるとおり、mixiは身内で楽しむ用に作られているので、記事の存在についても厳しく管理されている。参加者同士のプライバシーを意識した日記を書けるのも、国内向けSNSの老舗ならではだと思う。

図:アメンバー専用記事
「マイミク」「読者登録系」の機能の最大の利点

あと。「マイミク」「読者登録系」の機能の最大の利点は、RSS2.0と違い専用画面にログインさえすれば携帯電話。PCのどちらからでも同じ情報を取得できる事にある。他のブログは分からないが、アメブロ複数の日記を束ねて見る機能が充実している。

例えばイベントの開始時間の告知をブログで行う場合。休み時間などに携帯電話から自分のイベントが始まる時刻を伝える事ができ、受け取る側も素早く開始時間を知ることができる。展示会などの場合。送り手も受け手も暇を見つけてはアメブロという戦法がかなり有効だ。

次に「アメブロ vs はてなダイヤリー

次は書く上での違いを見てみよう。

書く上での機能など

まず自分がPCでブログを書く上で必要な機能を上げると以下の二点。

  1. htmlタグ,cssでブログの書式やデザインが編集がし易い
  2. YouTubeニコニコ動画が貼れればよい
デザイン(css)に関して

pやblockquoteなどのhtmlタグが使える点はどちらでも変わらないのでcssについて。仮にcssを使って個性的なデザインにしても集客に結びつくわけではない。ただブログで写真やYouTubeが大きく貼れない等の問題が生じた場合、cssでデザインの一部分を改良する必要が出てくる。この時ブログサービスを選ぶ上で以下の2点が重要になる。

  1. cssの構造をかみ砕いて教えてくれるブログなどがあるか?
  2. cssの構造(仕様)が分かりやすい

個人的に、はてなmySpacecssの構造が複雑すぎてやりにくい。こういう場合マニュアルなどを読んでもやりにくい場合が多い。又cssの構造を把握しやすくするためのFirefoxのアドオン「Web Developer」を用いる場合もあるが、できればこれは避けたい。

一方。ココログアメブロ「*second message*」「Ameblo Custermize」と言った助け船も多い。特にアメブロcssを読んで、どこに対応しているかの大まかの察しがつけやすく使い勝手が良い。

ユーザ層、記事の内容等

それはユーザー層と書く内容が違う。以下の表にまとめたので是非とも見て欲しい。

アメーバ はてな
ユーザー層 携帯ユーザー向け PC中。上級者向け
内容 日記などの軽い内容 テキストサイト風の重い内容

重いネタを書いてる奴がここにいるように、はてなダイヤリーでは重い話題が多い。その話題の根元は2ch,ニコニコ動画,ニュースサイト。そしてハロプロ(笑)と言ったマニアックな話題について議論しあう場なのもはてなの特徴だ。以下ブログではないが特徴的な機能を。


はてなブックマーク」(右図全体)

右のようにアメブロと正反対に「はてなブックマーク」と言った機能も用意されていて、複数の人間の小言が聞けるコーナーも用意されている。

はてなスター」(右図の星)

面白かった記事に対し、「ざぶとん一枚」という感じに使われる機能がこれ。右のように小言に対しても使われる。



最後に

これまでの内容をまとめると、アメブロは読み手主体の機能であるのに対し、はてなは書き手主体な機能が多い。このように主体がどちらにあるのかと言うのは書く上で重要な要素だ。

そして自分の場合。同じニュース話題でも軽い話をしたい場合はアメブロ。重く話したい場合ははてなというように使い分けている。例えば今回の記事アメブロに載せる上で、

  1. 文章が長くて重い=受けない
  2. tableタグを大量に使っているので、携帯電話からだと見られない

という問題があるのではてなダイヤリーを選択した。

最後にブログは人に読んでもらうためのものだ。周囲の書いている内容や自分の目的等に応じて最適なサービスを選ぶ必要がある。又複数のブログを使い分けてみるのも面白いので是非ともお勧めしたい。