Aggressive Style 5

Aggressive Style 5

昨今はコミケ関係を中心に書いています。同人やニコニコ動画方面で活躍される方の相互リンクをお待ちしています。

東京湾花火大会@晴海埠頭

昨日元RICORAのA君と花火大会に行った。バスを利用して開始1時間位前に現地到着。A君と酒を少し飲んでRICORA時代の話などをしつつ時間を潰す。んで花火開始。花火の打ち上げ方が芸術品っぽくてすばらしかった。ハート型花火などマジで職人さんのすごさを実感。地方と違って花火を見に行きたいという客層も多かったし、そういう意味では上品なハコだったと思う。大きな花火が打ち上げられるほど会場のテンションが高いのも面白かった。以下その様子を動画と静止画でお送りしたい。

お気に入りのワンシーン






動画


途中の様子


終了80秒前


撮影についての反省点

撮影はコンパクトデジカメPowerShot S50(500万画素)で行った。しかし花火と言う物は撮影が難しい。今回は東京湾の風景などを考慮せず、ただ花火そのものの形を丁寧に撮影したかった。そのためその瞬間の映像を捕らえたかった。この際難しかった点をまとめると以下の通り。

  1. その瞬間瞬間毎に焦点が変わるため、オートフォーカスでは撮影しにくい
  2. その瞬間を捕らえようとシャッタースピードを速くすれば暗くなりすぎて花火が映らない

  3. 綺麗な瞬間でも手ぶれが酷いし正直泣ける(以下写真を参照)




やっぱり一眼レフ無いときつい。装備として一眼レフ+三脚+水準器と言う組み合わせ。あとは望遠レンズ位は持って行く必要があったと思う。花火そのものにそのくらいの価値がある芸術品だったと思う。

反省はここまでにして

 

まあ今回花火だからいいものを、花火をバックに女の子の写真を撮影する場合とかまじで気をつけたい。ともかく女の子と一緒に花火行くときとか「撮って撮って」とか言ってくるだろうから、今から練習しておきたいあまり。それ以前にハンティングせんとね。可愛らしい子や愛想愛嬌のある子と一緒に花火を見に行きたいと思う余りだ。写真撮影の技術も当面の課題だが、こっちもこっちで課題だと思う。