Aggressive Style 5

Aggressive Style 5

昨今はコミケ関係を中心に書いています。同人やニコニコ動画方面で活躍される方の相互リンクをお待ちしています。

saw3とSeraphic Blue

[rakuten:cinema:10002236:detail]

Let's watch this movie!!



感想1(mixiのレビューより引用)

SAW1,2を幼馴染み宅で一緒に見させていただいたが,今回は自宅にて部屋の電気を消して見てみる.あたかもsaw1で二人が閉じこめられた部屋みたいな雰囲気が再現され,より作品の恐怖を味わうことができた.50分見る→休憩→50分見るの繰り返しで何とか見終える.

今回はゲームの内容がすごい.ともかくすごい.話そっちのけでゲームばかり見てた.ともかく今回は交通事故で息子を失った父親がゲームを通し,判事や犯人に復讐をするのだが,「ここまでして人を殺したいか」という父親の心の葛藤が描かれててすばらしい.こういう所から生きる意味の大切さを感じ取る事ができる構成には感激だ.その一方で母親もゲームのプレイヤーに選ばれ,ジクゾーを手術するシーンもなかなか恐怖である.

Seraphic Blue以上の残虐さのある「saw3

過去ゲームで人を殺すシーンを幾度となく見てきたが,その中で一番印象に残っているのはフリーゲームソフトの「Seraphic Blue」である.これもこれで凄かったジークベルトは主人公のヴェーネ アンスバッハを星を救う道具にするためにネコを目の前で殺してみせるシーンが最も印象に残っている.今回のこれはそのシーンをさらに上回っており,人間を徐々に死に追いやっていく様はこの作品に似ている.何が言いたいかと言えば「こういう演出するのって天ぷらさんだけではないんだなー」って事ですよ.ゲームって結構映画を参考にして作られるらしいからもっと見ていきたいと思った.